日報あつなり

※カナダはトロントで1年間ワーホリで過ごした後、オーストラリアのシドニーにてワーキングホリデー中でございます。ブログを書いている内に「車窓」っていう言葉がぴったりだと思ったので、タイトルにしてみました。この「車窓」は中々に面白い…のかなぁ。

第一回IELTS結果発表

ようやくIELTSの結果が郵便で届いた。

結果が届くのが早いという理由だけで、受けたIELTS。

記念受験のような気持ちで受けたIELTS。

結果のほどは。

Reading 5.5

writing 5.5

listening 4.5

speaking 4.0

Average 5.0

という結果だった。

何というか、想定した結果の一回り下をいくような結果だった。

予定では、トータルでこの点数より1.0くらい上乗せして、6.0を取るつもりやったから。

正に想定外。

最初に結果を知ったときには泣きそうになった。

2年間海外に滞在して、たったの5.0って。

それでもTOEIC換算にすると600点相当にはなるらしい。

しかし、それでも…。

だって、新卒で入社したときに受けたTOEICが500点だったから、2年間海外に滞在したにも関わらず、100点しか伸びていないわけですから。

それでも、TOEICで600点も取れたら大したもんやん、って思う方もいるかもしれないが、それじゃダメなんです。

やっぱり英語ができる指標として、TOEICでは800点、IELTSではaverage 6.0は欲しいところである。

 

結論として、言えることは、単にワーホリで海外に何年滞在しようと英語力はそれほど上がらないということである。

海外に行っても英語が伸びない人の話は結構聞いたことがあったが、僕もその例に漏れなかったということになる。

虚しい。

空虚だ。

と言いつつ、時間が経つにつれて、まぁ、いっかと思えてきた。

なぜかというと、フィリピンで働く分には問題がない英語力と人材会社の人から言われたからだ。

それを聞いて、別にIELTSの点数が悪いからと言って、海外勤務をする資格がないかと言われたら、そうでもないのである。

僕がかつて働いていたジャパレスのオーナーにガツンと言ってやりたいところである。

あの人は僕の英語力を見て、海外で働けないと断言していやがったから。

まだ、働くとは決まったわけではないんですけどね。

 

しかし、今回のIELTSが最初で最後というわけではなく、これは「はじまり」なのである。

だから、ここからいかに英語力をさらに伸ばしていくか。

5年以内にIELTS average 7.0は取りたいかな。

そのためには、常日頃英語に触れて、嗜んでいくことが必要になる。

そう英語が日常の当たり前にあるような生活。

そういう生活を日本に帰国してからも継続していきたいところである。

f:id:A28_K:20190321211006j:plain

流石に、週2日もカレーを食べていると飽きてくる泣

美味しいし、栄養があるのはわかっているんだけど、もうそろそろ飽きてきた。

日本の味が恋しい。

タイトル変更と思うこと徒然

普段だったら、寝る前に書くんだけど、今日は昼間に更新したい気分だったので、昼間に更新する。

というか、気付かれました?

タイトル変えたんですよ。

題して、「日報あつなり」である。

何故にこのタイトルに変えたかというと、内容が日報ぽくなりつつあるということと、毎日更新をしているということが理由である。

タイトルが変わったからといって、内容が大幅に変わるということはないので悪しからず。

と言いつつも、当初、このブログを書き始めた頃に比べると、文脈も内容も随分と様変わりしたようにも思う。

今後ともこのブログを宜しくお願い致します。

 

そして、本題に戻す。

バイト行くのが、面倒臭いなぁって。

始めた当初の英語を使える環境、万歳という気持ちはどこに言ったのやら。

今となっては、英語のコミュニケーション面倒臭いになっているのである。

勘違いしないで欲しいのは英語自体が嫌いになったというわけではない。

単に仕事で英語を使うことに辟易としているということである。

相変わらず、たまにお客さんが何言っているのかわからないときがあるし、自分の英語のスピーキング能力が劇的に改善されたわけでもない。

しかも、自分自身の英語のミスで他人に迷惑をかけることにストレスを感じ始めたというか。

そんなヤツが帰国してからも英語環境で働くことを望んでいるから不思議である。

いや、英語環境で働くことはいいんや。

ただ、今のバイト先で働く気が失せつつある。

それだけの話である。

別にバイト先の人が悪い人とかそういうわけではなく、単に自分がその環境に馴染む気がないというのと、忙しさによるストレスからそういう風なやる気喪失に繋がっているように思う。

と言っても、あと、数回の辛抱なのだから、開き直ってバイトをしようかと思う。

カナダのバイト先を辞めるときとは180度違う心境である。

 

 

a28-k.hatenablog.com

 

まぁ、心の底で今のバイト先のことが好きじゃないという気持ちがあるのは否めない。

オーストラリアが根本的に嫌いということと、周りが全員英語ができるということに対する疎外感とかそういうのが拍車をかけている。

ともかく言いたいのは、あと数回なのだから、「頑張れ、自分。」。

ただ、それだけの話である。

f:id:A28_K:20190320131657j:plain

colesで半額の惣菜を買ってきた。

f:id:A28_K:20190320131721j:plain

見た感じ不味そうではないのだが、実際食べてみると、あまり美味しくない。

f:id:A28_K:20190320131736j:plain

ゆで卵をのっけて、たんぱく質を摂りまくるスタイル。

カナダとオーストラリアのスーパーの比較やけど、圧倒的、というかダブルスコア以上の差でカナダの方が惣菜が美味しい。

同じようなものでもここまでの差があるのかと思えるくらいである。

日本人が海外に住んだら、痩せるという話を聞いたことがあるが、カナダにいるときはその感覚がわからなかったが、今となってはわかる。

これでは食が進まないのも納得である。

倦怠感

倦怠感がひどい。

だから、今日は2度寝3度寝した後にさらに昼寝を加えて計10時間は寝たんじゃないかと思う。

それでも疲れが溜まっている感じがする。

早く足が伸ばせる大きい風呂に入りたいもんだ。

そして、あがった後に軽くビールをかきこみたいもんだ。

切実な話、栄養ドリンク的なものは本当に欲しかったりした。

でも、結局、スーパーに行く機会がなかったから飲まず終い。

日本だったら、コンビニが近くにあって、思い立ったら買いに行けるのに、それができないから不便に思ったりする。

そういえば、今、日本のコンビニ大変なことになってるみたいですね。

24時間経営ができないだのなんだので。

個人的には別にしなくてもいいんじゃないかと思う。

だって、深夜帯に開いても採算が取れないんであれば、わざわざ開く必要がないんじゃないかと思う。

そんな話はさておき、栄養ドリンクじゃなくても炭酸が飲みたい時に手軽に飲めないのが海外の悲しいところである。

むしろ、あれだけ自動販売機がある日本が異常なのか。

どっちにしろ、日本はやっぱり便利な国だなと思う。

f:id:A28_K:20190319205916j:plain

餃子を食べた。

が、ご飯がないのが残念だった。

味としては美味しかったし、一口サイズで食べれる大きさも良かった。

間違いなく手作りであり、それ故の化学調味料が混ざったような変な後味はなく、美味しかった。

でも、久しく日本の王将とかの餃子を食べていないものだから、比較ができない。

あの味が思い出せない。

美味しかったことには間違いないのだが。

どっちが美味いかと言われたら、王将の餃子の方が美味しい気がする。

f:id:A28_K:20190319205932j:plain

断面図がこんな感じ。

見た感じさっぱりしていてくどくない味というのは想像に難くないんじゃないかな。

f:id:A28_K:20190319205937j:plain

ご飯が食べれなかったので、炭水化物としてココナッツタルトを食べる。

名前の割にココナッツの味があんまりせす、普通にパウンドケーキを食べているような感じだった。

口がもっさもっさである。

f:id:A28_K:20190319205930j:plain

エッグタルトも食べてみた。

香港で旅行した時に食べたものとは程遠い味だった。

エッグの部分の食感は好きなんだけど、味に濃厚さがあまりなかった。

まぁ、その辺の中華系のパン屋のチェーン店で売られていたヤツだからそんなにクオリティが高くなくても不思議ではない。

 

smallとsmoked

smallとsmokedって発音似てません。

字にしたら、全く違う発音になりそうっていうのは想像に難くないけど、実際に聞いてみるとどうだか。

まして、電話という音が通じにくい環境でこの音を聞き比べるとどうか。

結構、間違うんじゃない?

そうでもないか。

何が言いたいかというと、この二つの単語を聞き間違えて電話オーダーのミスをしてしまったのである。

というか、salmon rollってメニューに書いてあるのに、どうして勝手に自分の言葉を付け足すのだろうか。

small salmon rollってはたから聞いたら、なんのこっちゃかわからんぞ。

どうしてこうもメニューの名前をきちんと確認せず、オーダーをしようとするのだろうか。

かき揚げがいつ、vegetable天ぷらという名称に変わったのだ。

ちゃんと、kakiageはkakiageっていう名前があるんだから、きちんと伝えて欲しい。

ちなみに、vegetable天ぷらもメニューにはあるから、働き始めの頃はややこしかった。

とは言え、日本語をローマ字で表記しただけというのも悪いのかもしれないが。

どうやらローマ字表記はネイティブからしたら発音しにくいらしい。

というか、UberEATSとかデリバリー系のサービスを展開しているんであれば、電話なんて要らないんじゃないかと思う。

電話を取るだけで、電話応対している間、その人のマンパワーが減るわけだから、仕事の効率としては非効率極まりない。

というのは、やつあたりな提案なんだけど、でも、英語はやっぱり難しいなと思う。

というか、日本語でも空耳アワードを連発するくらいだから、先天的に耳が悪いのは否めない。

こうなってくると、電話応対は苦手というレッテルを取り外すのは容易じゃない。

人に向き不向きがあるというが、電話応対は僕にとっては完全なる不向きなのだろう。

日本語でも聞き間違いをしていそう。

まぁ、そんなこと言っている暇があったら、リスニング力を上げろという話なのですが。

う〜ん。

英語は難しい。

f:id:A28_K:20190318214113j:plain

specialなやつ。

このスイーツ、日本でも展開してくれないかな。

タピオカティーが流行っているんであれば、このスイーツも流行ってもいいはず。

名前は、今度行った時メモっときます。 

お土産

お土産を買いに行った。

荷物の集荷日が約10日後に控えているので、もうそろそろどれくらいの容量になるか目安を立てるべく、早めに土産を買った。

賞味期限とかの関係上、もっとぎりぎりになってから買ったほうがいいんだけれど、どうせ、そんなにすぐに賞味期限が切れるはずがないと思い、買うに至った。

まず、買ったのはこれ。

f:id:A28_K:20190317215547j:plain

T2というオーストラリア発祥のブランドの紅茶である。

左の大きいのが家族用で右の小さい箱2つがバラマキ用である。

左の大きいのが40ドル、右の小さいのがそれぞれ15ドルでティーパック10袋入りである。

店でも試飲させてもらったのだが、味オンチの僕でもわかるくらいすごく美味しかった。

紅茶ってこんなにバラエティがあって、かつ、砂糖を入れなくてもこんなに風味が出て、味わいが深くなるのかと感心したものである。

茶の味がわかる男になるのもわるくない。

 

そして、あと、買ったのがこれ。

f:id:A28_K:20190317215928j:plain

HAIGH'Sのチョコレートである。

左の包装された箱が家族用、右の袋2つが僕がお世話になっている日本のバスケのサークル用である。

思えば、色々なサークルにお邪魔したけど、結局、通い続けようと思ったサークルがこの2つに絞られて、日本から旅たってしまうとは縁ってあるんだなぁと思う。

やっぱり個々人にとって、合う合わないサークルやコミュニティってあると思うんでよね。

だから、合わないと思ったら辞めて、自分に合うサークルに所属するのが吉に思う。

だって、社会人になって、時間が限られている中で不快な気持ちになりながら、集団生活を送るのって嫌でしょう。

話をもどして、このチョコレートも同じくメイドインオーストラリア。

じゃなかったら買うわけがない。

こちらも帰り際にチョコレートを試食させてもらったけど、これまた上品に仕上がった味だった。

買って、間違いはないかと思う。

でも、このチョコ日本で食べた記憶があるんだよなぁ。

確か、誰かの土産で食べたような。

調べたら、オーストラリアでしか展開していないらしいので、恐らくオーストラリアでしか売られていないのでしょう。

日本の百貨店とか売られていたらショックでござる。

ちなみに、左の包装された箱が約30ドル、右の袋が一袋あたり22ドルである。

 

ということで、合計140ドルくらいをお土産に費やしたことになった。

しかしながら、その割には、あまり荷物を圧迫しないサイズだったので、自分としては大満足である。

何なら、金銭に余裕があれば、紅茶の方は機内持ち込みでもう少し買っていきたいくらいである。

それくらい紅茶が美味かった。

あと、これらの代金はカナダのscotiabankのクレジットカードで払いました。

靴二足と今日のお土産代で、恐らく残金は10ドルくらいしか残っていないでしょう。

それにしても、出て行く間際にタックスリターンをして本当に良かった。

じゃなかったら、靴2足もお土産もこうして買うことができなかったわけですから。

我ながら、あのギリギリのタックスリターンはファインプレーだった。

と、言いながら、オーストラリアではタックスリターンをするつもりはないです。

というのも、一度オーナーにはそういう書類をもらえないか相談したが、「会計事務所に聞いてみて。」という後ろ向きな回答だったので、する気が失せてしまった。

で、今調べてみたら、年度途中のタックスリターンは色々面倒くさそうなので、するのはやっぱり辞めようかと思う。

ちなみに、オーストラリアの年度締めは6月の末なので7月の上旬くらいに申請書類がもらえるみたいですね。

だから、オーストラリアにワーホリに来て、タックスリターンをもらいたいのであれば、8、9月くらいに来て、働き始めるのがベストっぽいですね。

ということで、タックスリターンは諦めます。

どうせ、年度途中で帰国する人は大概やっていないっしょ。

 

 

 

バスケ楽しみました

久しぶりに対人でバスケをした。

最初は1on1で、その後3on3。

最初の1on1は軽くしようと思ったつもりが、僕が勝手に熱が入ってしまって、途中から息があがって、虫の息になってしまった。

こんな虫の息になるまで、自分を追い込んだ(?)のは久しぶりである。

相手は、インド系の180㎝くらいの若者。

3ポイントを打たせる戦法でディフェンスをしていたのだが、それを見事に裏切るかのごとくゴールへ押し迫る僕。

結果、多少流れが相手にいったシーンもあったが、圧勝みたいな感じだった。

流石に、最後にミドルシュートをブロックした時には、相手の体力も限界だったのだろう。

そこで終わった。

そして、3on3だが、結構、ボコられた泣

というか、相手のシュートが入る入る。

入るのわかってて簡単に打たしている僕も僕だが、それにしてもやられすぎた。

悔しかった。

そして、話している言語が英語でもなく中国語でもないところを見ると、もしかしたらフィリピン人だったのかもしれない。

プレーの感じからして、そんな感じがしなくはない。

もうちょっと頑張りたいところではあった。

でも、楽しかった。

やっぱり、バスケは一人でシューティングするのもいいし、対人でするのもいい。

素晴らしいスポーツですね。

 

f:id:A28_K:20190316210336j:plain

f:id:A28_K:20190316210347j:plain

昼間にラクサ味のカップヌードルを食べた。

ラクサということもあってか、少し辛かったが美味しかった。

具材がエビというのが見事にマッチしていた感じがする。

案外、こういう系のカップヌードルを日本のお土産として持って帰るのはアリかもしれない。

f:id:A28_K:20190316210547j:plain

近所のcolesで安売りされていたチョコレート。

これで2ドルである。

絵にある通り中にマンゴーが入っていて、ほのかな酸味が美味しかった。

個人的には、こういう風な甘さの中に酸味が混じっているようなスイーツが大好きである。

そういえば、いいカカオから作られたチョコレートは柑橘系の果肉が入っていないにも関わらず、酸味が効いたような味がすると聞いたことがあるが、本当なのだろうか。

一度、食べてみたいものである。

チョコレートの味がわかる、大◯たかおになりたいものである。

 

あと、さっきバイトのシフト表が出てましたが、案の定、シフト減らされてましたね泣

案の定と言うのは、オーナーが新しい子雇うのに面接してたから、その子が入る分、シフトが減らされるんだろうなとうすうす予想していたからである。

当初のがっぽり貯金をして、オーストラリアを出るという計画はどこにいったのか。

こうなったら、日本に帰ってから、年収1000万円を目指すしかない。

転職活動日記⑥〜マイページを完成させたら、自然と転職活動をするようになる説〜

最近、DODAの就職サイトのマイページを完成させてからというものの、毎日、求人の紹介のメールが届いてくる。

あまり興味がない業界だったり、飲食業界だったり、小売店の店長募集してますみたいなバイトの延長みたいな求人もあって、閲覧する気にもなれない案内が多かったりするのだが、それでも、求人票は見ちゃいますね。

大概は、予想した通りかと思って、がっかりさせられるんだけど、中にはこんな仕事ができるのかと驚く求人があったりするのもしばしば。

中にはこんな企業の紹介が来るのかと驚愕したりもする。

と言って、求人に応募しても必ず面接に行けるとは限らないのが現実。

国公立大の自称ハイスペック(はたから見れば)な能力を駆使しても、会社によっては見向きもされない。

まぁ、応募する求人すべてから面接してくれ、と来たら逆に怪しい。

でも、中には本当に興味があるし、働きたいと思っている会社にも求人を出しているわけで、そういう会社から返事が来ないと軽く凹む。

あと、今日、また人材会社の人と面談をしました。

今度はフィリピンの人材会社の人とです。

前回の香港の人材会社と同様に英語のテストがあった。

結果、中級程度らしいです笑

2年間も海外に暮らしてみて、中級って…。

それはいいとして、その程度の英語力でも現地で働くにあたっては十分くらいと言われたから驚きである。

フィリピンについては、ビザが下りやすいらしく、それも驚きであった。

というか、驚きだらけである。

フィリピンは英語圏の国だから、働けるのであれば、香港と並んで願ったり叶ったりな国である。

その後、担当者から何社か求人票を頂き、早速、応募するよう依頼した。

1社でも興味を持ってもらえると嬉しい限りである。

 

こんな風につらつらと転職活動について書いているが、何だか、転職サイトのマイページを完成させてから、自然と力を入れるようになった。

やる気があるないに関わらず、こんな企業が求人を出しているんや、という興味関心から来るものであるが、転職活動をしていることには変わりない。

とは言え、結構多いのが、直接、面接して頂きたいという依頼。

これはオーストラリアに滞在している関係上、できないとお断りをしているのですが、親切なことに今のところそういう返事をした会社から、日本に帰国してからでもいいので、という前向きな返事を頂いているから嬉しい。

そういう会社様に対しては、是非ともお会いして、面接をしたいという気持ちはある。

やはり、そういうところから縁が産まれると思っているから。

 

そういえば、話が全然変わるのですが、Youtuberのぷろたんがケンタッキーの動画あげてましたね。


【一度やりたかった】新発売のKFC大量買いして一気に食べるとサクサク音がやばい

動画を見ても、ケンタッキーのサクサク音が響きあたり、本当に美味しそうな音出してんな、と思いながら観ていたのだが、実は、僕も昨日の晩にケンタッキー食べてたんですよね。

f:id:A28_K:20190315211235j:plain

奥にあるのが、ウィングで、手前にあるのがテンダーである。

テンダーの意味がよくわからんが、調べてみたら「柔らかい肉」とかそういう意味合いらしい。

で、肝心の食感だが、全然サクサクじゃない泣

奥のウィングが少しサクサク感があったものの、動画にあるようなあんな音が出るくらいにサクサクしていなかった。

見た感じからわかるでしょう?

手前のテンダーに関しては英語の意味からして、そんな音がするわけがなく、ただただしっとりしている食感だった。

味としては、美味しかった。

特に手前のテンダーが柔らかさ故に食べやすく、味付けも程よいしょっぱさがあって、食をそそられるような味付けになっていた。

更に、写真にはないが、ソースが2種類あって、バーベキューとシーザーで、それらをつけたら、味に変化をつけられて、いくらでも食べれるような感じだった。

実際、これだけ食べても、まだ食べ足りないくらいだった。

ただ、一つ言っておくと、サクサクした食感が味わえるKFCって日本だけなんじゃないかと。

海外のKFCはそういう調理の仕方をしていないように思うのだが、どうだろうか。

f:id:A28_K:20190315211854j:plain

なぜか、28ドルかかるところが15ドル引きの13ドルだった。