あつなりの車窓から

※カナダはトロントで1年間ワーホリで過ごした後、オーストラリアのシドニーにてワーキングホリデー中でございます。ブログを書いている内に「車窓」っていう言葉がぴったりだと思ったので、タイトルにしてみました。この「車窓」は中々に面白い…のかなぁ。

誕生日

今日は、我がこの世に生を授かってから、30周年となる記念すべき日である。

と、デーモン小暮閣下みたいなことを言っているが、そんなたいそれた日ではなく、ごく平凡な一日だった。

何なら、誕生日であることを忘れてしまうくらいである。

それくらい日常は僕の誕生日なんて忘れてしまうくらい慌ただしく流れている。

今日、バイト先で初めて電話応対をした。

電話応対って言っても、シドニーのバイト先でしたことがあり、電波が通じにくいのが少しトラウマになっていたが、ここで同じように電波が通じにくく戸惑いを感じた。

だから、お客さんの声が受話器越しで聞こえないのである。

しかも、途切れ途切れだから電話番号の桁数が合わないという事態も起こってしまった。

まぁ、こんなもんだろと思いつつ、こんなんでやっていけんのかなと思ったりもした。

で、そういう無様な電話応対の様をスーパーバイザーは温かく見守っていたのである。

やり取りを聞いていて、僕の使っている英語に違和感を感じたんでしょうね。

わざわざ電話応対のマニュアル的なものを作ってくれたのである。

正に、具体的に何と英語で言えばいいかとかそういうマニュアルである。

むちゃくちゃ有り難い。

正直、自分が使っている英語が本当に正しいかつ失礼な表現になっていないのか気になっていたからである。

これで、勝つる。

と、まではいかないが随分と助かる。

正に大船に乗ったつもりで電話応対ができる。

ただ、その後普段の応対が気になったのか、普段の応対の仕方も英語でシミュレーションされたのは少しげんなりした。

英語力のなさが露呈されてきたのだろうか。

それでも、きちんとオーダーは取れているし、ほとんど間違いもしていないから問題はないかと思うのだが。

やはり、一番の鬼門は電話応対になりそうである。

やっていくうちに、あの途切れ途切れの会話に慣れていくのだろうか。

 

あと、帰りしなのバスで前のバイト先の子とばったり出会った。

どうやら僕が辞めてからも、寿司場では雇っては辞めさせ、雇っては辞めさせを繰り返していたらしい。

どうやら教育させるという気は全くないらしい。

いやいや、即戦力クラスなんてそう簡単に働きに来ないかと思うのだが。

それでも、話していると他の子らも僕のことを心配していたらしく、そのことについてはちょっと嬉しかったりもした。

ちゃんと働いているとはもちろん伝えた。

生きているとこういう出会いもあるから人生という車窓は面白い。

そして、それを文章で表している僕はもちろん面白い。

 

内容が誕生日と全く絡んでいない。

それだけ僕の誕生日は風化されたものだと思っておいてください。

 

苦情

最近、夜シフトに入るようになってから、家に帰宅するのが軒並み11時越えであることがザラである。

そして、今日、バイト終わりに帰ってくると、周りが想像以上に静まりかえっており、というか、電気が付いていなかった。

そこで、ドアに張り紙が。

どうやら、11時以降はみんな眠っているから静かにしてくれとのことである。

確かにここの住民の就寝時間がすごく早いことには気づいていた。

が、まさか11時以降静かにしてくれとは驚きである。

書かれていた内容はドアの音がうるさいとか、引き出しの音がうるさいとか、キッチンの音がうるさいとかである。

元々、ドアの音が軋むのでその音がうるさいのは仕方がないことだと思う。

が、まさか部屋の引き出しの音までうるさいとは思いもしなかった。

まぁ、壁が薄いから音が伝わりやすいのは事実である。

だから、そのあたりをあまり気にしなかった僕も悪いと言えば、悪いのかもしれない。

でも、11時に就寝とは。

これからも夜バイトが入るのは間違いないので、気をつけなければいけないとは思う。

でも、まぁ、バイトから帰ってきて、いきなり張り紙が部屋の前に貼られていたら正直焦る。

というか、顔を合わせられない。

明らかに気まずい。

忘れ物

ジムにバスケしに行こうかと疲れた体にも関わらず、意気揚々と出て行ったものの、ジムの近くまで来て、バッシュを忘れたことに気づく。

かなり萎えた。

もう、今日はやめとこうっていう気持ちにもなった。

しかし、結局、バッシュを取りに帰って、バスケをしに、再度、ジムに戻った。

何だろう?

何がそこまで僕を駆り立てるのだろうか。

今までだったら、もう今日は止めにして、明後日にでもやりに行こうという気にもなったのに。

どうしてもやりたかったのだろうか。

今日やらなかった3日くらいバスケをしていないことになるからなぁ。

スラムダンクの三井ではないが、「3日もバスケしなかったら、うずうずして死にそうになるぜ。」くらいの勢いだろうか。

そのくせ、毎日バスケをするのは流石に勘弁。

毎日バスケをする中で、筋トレも3日やるって、もはや体が壊れる勢いである。

もう、生活がプロみたくなってしまう。

でも、プロと比べて、結果を求められていない分、気は楽ではあるかもしれない。

本当に好きだったら、それくらいするのだろうか。

いやいや。

30間近になって、週4〜5でバスケしているのも相当なものに思える。

自分でいうのもアレですが。

とにもかくにも、週最低4日はバスケしないと落ち着かない体になったみたい。

というか、今年中にシュートをどうにかしたいっていうのが本心かもしれない。

時間は限られているのだ。

そういう考えが僕をジムへと駆り立てるのだろうか。

とにかく言えることは、充実した毎日を過ごしていることは確かだろう。

SNS

昨今、SNS中毒がなんだのかんだのって社会問題になって久しいが、中毒になれるってなかなかにすごいことに思える。

というか、僕にはムリ。

昨日まで、デートした白人の子と毎日やり取りをしていたが、正直、しんどかった。

いちいち返信するのも面倒くさかったし、連絡が来なかったら、来なかったらで不安になったりして、それがさらに面倒くささを加速させたというか。

だから、連絡するのを止めることにした。

そして、相手にもそのことを伝えた。

メッセージのやり取りで疲れている、と。

こういうやり取りを付き合ってからも続くかと考えると、ゾッとする。

僕の時間を奪われている感じがしてならない。

寝たい時間に寝れないとかザラ。

時間を奪われているではなく、捧げているという関係になれば、理想的であるが、そんな相手が現れるのだろうか。

思えば、7年前に別れた元カノもそんな感じだった。

遠距離で、連絡を取る手段がSNSのみ。

そうなると、必然的に連絡を頻繁に取ることになる。

それがかなり面倒くさかったのだ。

それが一つの原因で別れることになった。

ちなみに、今回デートした白人の子も遠距離で住んでいるところはAdelaideから200㎞ばかし離れている。

だから、関係を保つとなるとSNSで連絡を取り続けざるを得なくなる。

SNSにより支配される生活が始まるのである。

正直、それが自分自身をどれほど疲れさせるかがよくわかった。

でも、今後彼女を作り、結婚するとなると、こういうやり取りを越えていかないといけないのだろう。

というか、こういうSNSで繋がらなくても安心できるような誰かが欲しい。

白人とデート

人生で初めて白人とデートをした。

きっかけは話題のTinder。

Tinder経由で女の子とデートをするのはかれこれ4回目くらいかと思う。

というか、それくらいアジア人男性って海外では人気がないんだなと思ってしまう。

実際、Tinderでマッチしてから、そこからSnapchatっていうSNSでやり取りが移行。

そこから毎日のようにメッセージのやり取りをした。

ただ、その毎日のやり取りが正直しんどかった。

ただでさえ、こういうSNSのやり取りは無理なのに、それを毎日なんて…。

性に合わないことをしているなと思いつつもそれを惰性で続けていた自分がいた。

恋をしているのかどうかもわかっていない。

正しく流れるままにやり取りをした。

面倒臭いと内心思いながらも。

それで、今日、会うことにした。

昼ごはんを一緒に食べて、それで終わりっていう形のデート。

僕が晩にバイトのシフトが入っていたので、その都合上である。

SNSのやり取りから、「I'm not skinny」ということは強調して言っていたが、日本人が思うぽっちゃりとは次元が違った。

「Not skinny=ぽっちゃり」 という図式はオーストラリアでは成り立たない。

オーストラリアでは「Not skinny=デブ」と考えて間違いないだろう。

実際に会った彼女は渡◯直美ばりの巨漢だった。

ファンの方がいたら気を悪くしたら申し訳ないです。

それでも、半年以上かけて50キロも痩せたというから驚きである。

まぁ、そんな彼女と2時間以上カフェでご飯を食べながらくっちゃべったわけである。

どういう話をしたかはここでは割愛させて頂くが、英語が出来ない故に途中で話題がなくなってしまったことは想像に難くないだろう。

それでも、彼女は終始笑顔でどこか幸せそうだった。

彼女は僕と一緒にいるだけで幸せだったのかもしれない。

そんな彼女を見て、少し重苦しく感じる僕がいた。

そんな彼女の笑顔を見て、つくり笑いをしている自分がいたのにも気づいた。

体型こそ渡◯直美みたいだが、顔はけっこう可愛らしかったと思う。

彼女は今もダイエット中らしいので、これからどんどん綺麗になっていくんだなぁって正直に思った。

お世辞とかではなく。

ただ、それでも彼女と付き合えるかと言われたら、無理だと思ってしまった。

外見がどうのこうのではなく、単純に趣味が合わないということと、これからもこういうSNSのやり取りが続くとなると確実に辟易としてしまうからである。

要は、セフレだったらいいが、付き合うには無理、そんな感じである。

はっきりセフレと言っているあたりかなりゲスだが、そういう風に思ってしまった。

ちなみに、帰り際手を繋いだし、キスまでした。

それでも、お互い付き合おうという話にならなかったのは、薄々あっち側もそういうことを感じていたのかもしれない。

それでも、手をつなぐことを了承し、キスまで至ったのは理解し難い点ではあるが。

今後、どうなるかわからないが、とりあえず彼女からメッセージが来るか様子見である。

来たら来たらで対応するし、来なかったら来なかったらでもういいかなと思ったりもする。

やっぱり毎晩SNSでやり取りをするのは体にこたえていたのかもしれない。

いずれにしろ、僕の人間関係についてはかなりドライなんだと改めて感じさせられた1日であった。

僕と付き合える人はいるのだろうか。

まして、結婚なんてもはや想像できない。

恋愛に関しては、迷子である。

むしろ、迷子でいることに居心地の良さを感じている自分さえいる。

f:id:A28_K:20181111221549j:plain

f:id:A28_K:20181111221551j:plain

カフェで食べたご飯。

あんまり喉に通らず、半分以上残してしまった。

今後のバイト展望

1ヶ月前に面接を受けたところから最近になって返事がきた。

ちなみに、今働いているところの別店舗である。

だから、チェーン店なのである。

どう考えても、タイミングが悪い。

だって、今、働いているし。

というか、1ヶ月後に連絡するとか時効が切れているとかそんな話になる。

まぁ、しかし、今のバイトも晩だけしか入れてもらっていないので、昼間は空いていると言えば、空いているのである。

だから、昼間だけ入れますよ、と返事はしといた。

すると、さすがは同じチェーン店だからなのか、今働いているところのマネージャーの名前を出して、シフトの調整ができるか確認してくれと言われた。

何とも切羽詰まっているように思える。

僕としても、晩だけ働いて、昼間は暇っていうのもアレなので、昼間も働きたいのが本音のところ。

で、今日、マネージャーに確認をしてみたのである。

今後、昼間にシフトを入れる可能性があるのか、と。

結果、ある、と。

どうやら、昼間にシフトに入るには、電話応対とレジの会計を覚えないといけないらしい。

電話応対と言えば、僕にとっての最大の鬼門である。

シドニーのジャパレスで対応した時には、ボロックソに文句を言われたから。

とは言え、電波が悪い向こうの電話回線も悪かったのではないかと思う。

だって、電話番号を聞く度に声が飛んでいたら、正確に聞き取れる訳がない。

だから、電話番号を聞いた後に、番号の桁数が合わないから聞きなおすこともしばしば。

正直言って、自分で言うのアレだし、このブログでも何度も言ってきたが、英語での電話応対に関しては未知数っていうのが本当のところだと思う。

やってみないとわからないというのが正直なところである。

でも、電話応対を覚えないと、働く時間が増えないので、早く教えて欲しいところである。

(今、教わっている最中で、昨日、今日と忙しかったので教えてもらえなかった。)

あと、12月はスタッフで休暇を取る人が多いらしく、シフトを多く入れたいとのことである。

喜ばしいことである。

今まで、稼げなかった分稼いで、少なくともAir podsApple watchは買いたい。

 

余談ではあるが、誕生日が近いということで、靴を買いました。

これです。

f:id:A28_K:20181110223520j:plain

f:id:A28_K:20181110223528j:plain

f:id:A28_K:20181110223534j:plain

f:id:A28_K:20181110223535j:plain

 Jodan5 satinである。

日本未販売の品である。

半年前から、発売する情報は聞いており、デザインで一目惚れしました。

手持ちのオーストラリアドルがなかったので、日本のクレジットを使って買いました。

あとは、Jordan3さえ買えれば、20年は靴を買う必要はなくなりそうです。

というか、僕の中でのファッションとしての靴のアップデートは完了したということになる。

とにもかくにも、ずっと欲しかったものを買えて、心が満たせました。

 

精神的疲労

週6勤務なんて、シドニーの時の10連勤かなんかに比べたら屁のツッパリにもなりませんよ‼︎

と言いたいところであるが、そうとは言い切れない。

働いている時間は少ないし、忙しさもシドニーの時とは比べものにならないくらい忙しくないのに、妙に疲れている。

英語ばっかりのコミュニーケションをしているからだろうか。

それとも、変に気を配って、そのせいで疲れているのだろうか。

だって、オーダーを取る度に誰かに聞いて、お勘定をする度に誰かに聞いて。

同僚が忙しかったりしたら、申し訳ない気持ちになってしまうし、待たせているお客さんにも申し訳ない気持ちになる。

ダブル申し訳ないである。

それによる心労はハンパないということを今になって知る。

というか、社会人時代にも実感していたではないか。

残業が無くて、早く帰る日が多くなっても、妙に疲れているということを。

それと同じ状態である。

社会人になるまでは、部活のシゴキに比べたら、デスクワークなんて楽勝と思っていたが、実際は違っていた。

確かに、肉体的疲労は皆無かもしれないが、精神的疲労は蓄積される一方であり、肉体的疲労よりも精神的疲労の方が辛いということを知った。

程よいストレスは人間の成長に繋がるというが、度が過ぎてしまうと、途端に疲労物質に変わってしまうようである。

でも、今の仕事もあと1ヶ月したら、そんなこともあったなぁ程度になってしまうように思う。

要は、慣れだと思う。