あつなりのそれでもブログを書いている

※カナダはトロントにてワーキングホリデー中でございます。参考にして頂けると幸いです。

日本男児

のイメージが面白かった。韓国人からの。

と言うのも、バイトの休憩中の話である。たまたま韓国人のサーバーの女の子と時間が被ったので、色々話していると、韓国人から見た日本人の男の人のイメージってなんだかひ弱そうらしい。「いやいやいや、日本男児たるものそんなひ弱なわけないでしょ。」、とまではいかないが、「そんなことないし、韓国人だって似たようなものやろがい‼︎」と意気揚々と突っ込んでみたところ、それでも何だか弱そうに見えるとのことである。

なるほど、実に面白い。

聞いていると、守ってあげたくなるような弱そうな人が多いとのことである。すごいイメージである。というか、そういうイメージがあるのであれば、是非とも韓国人女性に守られてみたいところである。が、僕は対象外らしい。さすがに、献身的に筋トレに励んで、バスケもしているガチムチを守りたい女の子はいないだろう。いたとして、アジャコングこと宍戸江利花くらいであろう。というか、アジャコングに守られてしまうと、守られる過程で死んでしまう可能性があるように思える。

それで、「どうしてそう思うの?」と、聞いてみたところ、曰くは、日本人の芸能人がそういう人が多いから、男女問わず骨ごと細い人が多いイメージがあるとのことである。正に、骨川スネ夫である。と言っても、そういう人たちは一部だけであって、韓国でどういう風に日本のことが報道されているか定かではないが、もしかしたら、日本人のひ弱そうなイメージを顕著に出して、報道しているかもしれない。なんたることか‼︎剛田武ことジャイアンも憤慨しそうな話である。もうちょっと詳しく聞いてみたいところである。

韓国人も同じようなものではないの?と言いつつも、今、書きながら考えてみるとそうではないと思う。なぜなら、韓国には徴兵制があるからである。だから、韓国人は必然的に体を鍛える機会が与えられているのである。皮肉なことに。そう考えると、韓国人の方が体がしっかりしているというのも納得である。

ちなみに、このやり取りを英語でしていて、著者はすごく英語が堪能ですと思われた方。残念。全て日本語でのやり取りでした。その子は日本語を10年くらい勉強しているらしく、日本人の僕からしても日本人と見間違えるくらい日本語が達者なのである。

あと、話のきっかけがその子がダイエットをしているということがきっかけというのも面白い。実に面白いだらけである。自称プロダイエッターとして、いくつかアドバイスをした。と言っても、別にそこまでダイエットしなくてもいいんじゃないの?とは思ったし、実際に言った。確かに、ぽっちゃりしているけど、それはそれでいいし、欧米人みたくベイマックスみたいでいかにも飛んでいきそうな体をしてなければ、いいというのが個人的な意見である。それでも、本人がそこまで痩せたいと思うのであれば、応援するしかない。正直、帰国してから始めればいいのにと思ったりしたが、言いそびれてしまった。美味しいものを食べれないのは機会喪失だと思うからである。このことは今度、シフトが被った時に言おう。それが、せめてものの優しさである。(?)

 

隣人

が引っ越ししてきた。

と言うのも、僕が今住んでいる場所はベースメントと言って、一軒家の地下の一室を借りているのである。家賃は月420ドル。僕が大阪に住んでた頃の家賃より高いから驚きである。トロントの物価の高さは衰えることを知らない。その住んでいるベースメントに新しく住人が引っ越ししてきた。

元々ブラジル人が住んでいたのだが、いつの間にか出て行って、一室空いた状態が続いていたのだが、ようやくその部屋が埋まったのである。一応、僕が今住んでいる部屋も前の住人は女性だったことから、男女共用の場所なので、あわよくば新しい住人は女性であることを期待していた。そりゃ、僕だって男性である。隣人から始まる愛に期待もすれば、ラッキースケベに大いに期待したいところである。

が、その期待を見事に裏切られてしまった。僕より年上の男性である。しかも、日本人。ただ、出身が大阪ということで、共通の話題が多くて、話に花が咲いた。これで、女の子であれば、ベストなのだがそこはもうどうしようもないところである。その新しい隣人は学生ビザで来ているので、来年の5月まではこのベースメントに住む予定らしい。なるほど、僕が出て行くまで、男3人一つ屋根の下で暮らすというわけか。別にいいんだけど、くどいようだが、できれば女の子が来て欲しかった。

その人は32歳で学生ビザで来ているから、もちろん働くことができない。日本にいた時に働いたお金で学校に通って、生活をしているとのことである。22歳で新卒で働いたとして、10年間。キャバクラ通いや風俗通いとかしない限り、お金を貯めるには十分な年数である。

僕も、それなりに貯蓄があるので、ぶっちゃけ働かなくても生きていけると言えば生きていけるが、それでもバイトをしたかったのにはワケがある。

一つは暇潰しということ。

二つ目は英語環境で仕事がしたかったということ。

三つ目は単純にバイトがしたかったということ。これは、学生時代にロクにバイトをしていなかったため、一度どんなものかということを体験したかったというのも一つの理由である。学生時代に少しバイトをしていた時もあったが、バイト先の人間関係が劣悪だったり、豆腐メンタルですぐに心が折れてしまいがちだったので、長続きはしなかった。

そして、四つ目は自給自足で海外生活をしたいということ。これくらいの稼ぎがあれば、一ヶ月生活できるということを体感することは非常に大事な経験であると思ったからである。

こういう理由があって、バイトをしているワケだが、隣人の方曰くは、「日本でホワイトワーカーとしてそれなりの給与を稼いでいたのに、仕事を辞めて、トロントに来て、バイトとして、怒られたりしながら働いて、メンタル強いですね。僕には、無理です。」とのことである。言っていることはわからなくはない。ちなみに、メンタル強いって言われたのは、日本で会社勤めしていた時も同じことを言われたことがある。要は、あんなに怒られて、よく辞めたり、めげたりしないですねっていう意味で言われたと思う。学生時代は怒られるたびに理不尽だと思っていたが、社会人になってからは怒られても、そういうものなんだなと割り切れたからだと思う。変に達観したというか。何がきっかけと言われると、福本伸行先生の本の影響が大きいと思う。あの名言集の本である。あの本を読んでから、考え方がガラリと変わったような気がする。それ以外にも色んな自叙伝とかを結構読んでいた時期があったので、それらの影響も受けたとは思う。いずれにしろ、本を読むようになってから、考え方が変わった気がする。

話が脱線したが、今、僕は所謂フリーターのような生活をしているワケだが、そのことに関して、トロントに来るまでの生活と比較されたとしても何とも思わない。なぜなら、後悔もしていなければ、自分がしたいことをしているという感じがあるからである。それは、前述した4つの理由で示した通りである。そして、今の生活に満足している。だから、そのことに関して、批判されてもあまり応えはしないのである。

人間って比較してしまうとどんどん卑屈になってしまうので、自分の中で確固たる軸を持って、生きていくことがすごく大事に思える。一つの矜持というか。逆に、金銭の多寡とか今の身分うんたらかんたらの話を出してくる人は相当人間が浅いと思う。そういうもので人の幸せって測れないからである。もっと自由に生きればいいのに、そういうお金とか世間体とかで、自由に生きられない。人間は思っている以上に不自由な生き物だと思ってしまう。

 

なんかお堅い話になってしまったから、雑多な話を。というか、面白いように書こうと思ったりするものの中々うまくいかないものである。理想は俳優の星野源のような感じ文書を書けたらと思うが、そこまでの領域がものすごく長い道のりのように思える。ああいうマルチに活躍する人に憧れるし、今後も需要があると思う。魅力的ですよね、星野源って。いつか、対談してみたいものである。それこそ、天文学的確率なのかもしれないが。

f:id:A28_K:20170815112325j:plain

最近、ハマっているお菓子である。Dollaramaという均一ショップで売られている。値段は1ドル25セント。一言で言えば、安い。そして、コスパが良い。クッキーとチョコとグミの組み合わせによる食感が何とも堪らない一品である。ちなみに、欧米特有の病的に甘いということでは決してない。むしろ、オレンジの酸味がちょうど良い。

f:id:A28_K:20170815112605j:plain

あと、bubble teaにもハマってます。職場の近くに店があるということもあり、仕事帰りに小腹が空いたら、立ち寄っている。これは、アールグレイにタピオカやら仙草なんとかというゼリーみたいなものが入っているものである。まぁ、美味しい。値段はちょっと高めであるが、仕事の終わりに飲むとすごく美味しく感じてしまう。仕事終わりのビールもそうであるが、何か頑張った見返りにこういうものを食べたり、飲んだりすると、生きているって感じがするのは僕だけでしょうか?

 

皆さんもこれがあれば、頑張れるっていうのはありますか?彼女ですか?リア充ですね。羨ましい限りです。彼女に限らず、そういうご褒美的なものを用意すると、人って頑張れると思いませんか?

っていう、数少ない読者への謎の問いかけで終わるという笑

早起き

して買い物に行った。昨日とは裏腹にかなりアクティブである。

朝は、Hoop Domeでバスケをして汗を流した。帰る間際になって、久しぶりにいつもバスケをしていたフィリピン人とばったり出会った。と言っても、僕はかなりの人見知りなので、こちらからは話しかけなかったが、なんと向こうから話しかけてきた。最近、いつバスケしているとかそんな話だったが、僕にとっては少し嬉しい話であった。まずは、僕のことを覚えていたということと、また、一緒にバスケをしようみたいな話をしたからである。こんなヤツでも必要とされているんだなと思うと、少し感慨深くなった。

その後、前にブログに載せたOVOのYorkdale店に行った。流石に、金曜日とは言え、平日なのでそこまで混雑はしていないだろうと見込んで行った。

 

a28-k.hatenablog.com

 とは言え、その予想とは少し裏腹であった。

f:id:A28_K:20170812102604j:plain

順番待ちを食らったのである。前に行った時みたいにものすごい長蛇の列ではなかったが、それでも列をなしていたことは想定外だった。セキュリティの方、お疲れ様ですって、感じである。

15分くらいして店内に入ることができたので、早速諸々を物色した。店内を撮影し忘れたが、すごく洗練された感じでラグジュアリー感が漂っていた。そして、Dundas店と比べて、品揃えが良かった。

f:id:A28_K:20170812103026j:plain

f:id:A28_K:20170812103115j:plain

スウェットの半パンが欲しかったので、思わず2着購入した。ボーダー柄のものについては、さりげないowlのロゴがいいですね。黒のスウェットパンツについては一目惚れである。

f:id:A28_K:20170812103106j:plain

何気に黒シャツも購入。これで、OVOのブランドのTシャツは3着目である。黒と金の組み合わせは僕の中では最強である。

f:id:A28_K:20170812103202j:plain

接客について、不備があったということで色々もらった。まさか、キーホルダーがもらえたことには驚いた。実際に買えば、12ドルくらいするんじゃなかろうか。

そして、満足した後に次にむかったのはKensingtonマーケットである。世界の食は中国にあり。チャイナマーケットである。何を買いに来たかというと、米である。

と、その前に昼過ぎだったので、ちょっと遅くなったが昼食を食べた。

f:id:A28_K:20170812103804j:plain

チャイナマーケットの中央部にただずむ餃子楼という中華料理屋のチャーハンである。日系カナディアンの友達曰く、本場北京で食べるより美味しいとのことである。そう文句なしで美味しいのである。見た目とは裏腹にきちんとパラっとした仕上がりになっており、味付けもかなり絶妙ですごく美味しかった。王◯のチャーハンとか食べている場合ではないのである。しかも、値段がかなり安い。チップも含めて10ドルでこのクオリティのチャーハンが食べられるのである。トロントに来た時は、是非ともご賞味あれ。

コスパの高い満足のいく昼食を食べた後に早速米やら調味料やらを買いに、市場に行った。

f:id:A28_K:20170812104305j:plain

f:id:A28_K:20170812104408j:plain

f:id:A28_K:20170812104430j:plain

f:id:A28_K:20170812104432j:plain

中はこんな感じである。何だかいかにもって感じである。匂いが伝わるディスプレイがあれば、匂いも伝えたいところである。何というか、ザ・中華っていう感じの匂いがするのである。色々怪しい食材が混じり合った匂いというか。ここに来ると、いつも台湾に行った時の市場を思い出す。僕にとっては、どこか懐かしい匂いである。また、機会があれば、台湾に行ってみたいものである。そして、買った米がこれである。

f:id:A28_K:20170812104901j:plain

雪花という名前である。重さ6.8キロでありながら、値段は12ドル程度である。なんと先程、説明したチャーハンとほぼ似たような金額である。日本と比べてもかなり安い。正に、お米の価格破壊である。それ以外にも、生姜ペーストやにんにくペースト、オイスターソースと言ったここでしか買えない調味料も買えて満足した。

そして、そこに一つ気になる食材があったので、帰ってからビールのつまみとして食べた。

https://www.instagram.com/p/BXqyUPzBDPz/

豆腐乳である。中国では珍味として好まれており、豆腐をチーズ漬けしたようなそういう味わいだとのことである。そもそもこの食材を知ったきっかけは中国嫁日記というサイトである。

 

blog.livedoor.jp

このサイトでこの食べ物がすごく美味だと書かれていたので、前からすごく興味があったのである。早速、帰ってから食してみたところ、味は確かに豆腐にチーズを混ぜ込んだような物凄く濃い味であった。クセになると言えば、なるのだが、これは何個も食べられるものではないと僕は思った。僕の中では3個か4個が限界であった。

そして、疲れと酔いのせいか、飲み食いした後、ばたんきゅーとなってしまった。何だか、色々充実した1日であった。明日からも頑張れそうである。

 

6連勤

の後で寝込んでました。デスマの疲れを癒すべく、ひたすら惰眠を貪っていました。精神的なストレスによる疲れではない分、とにかく寝れる。

デスマと言ったが、何かというととにかく延長しれくれと頼まれる事が多い6日間であった。特に月曜日は酷かった。というのも、どうやら月曜日が祝日だったらしく、そのせいかおかげか、客が絶える事がなかった。店側としては、凄く有難い話ではあるが、バイト側としては、中々しんどい話である。さらに、その日はいつもの平日のようにシフトが組まれていたため、忙しさと裏腹に人数が少なめであった。

ちなみに、バイトを始めてからというものの、日にちや曜日の感覚がとにかくおかしい。セブンナイツのアップデートのタイミングや曜日ダンジョンの関係でかろうじて曜日の感覚は保てているものの、日にちの感覚についてはとことん鈍っている。特に、祝日となると知る術もないのである。だから、月曜日があそこまで忙しかった理由が祝日であるというのを知ったのも、次の日になってからであった。

月曜日の忙しさを詳細に言うと、まず、14時くらいからずっと客足が途絶えることがなかった。日本人の感覚からすればよくわからないが、とにかく14時だろうと、15時だろうとラーメンを食べるお客さんが来店した。日本人の感覚からすると、14時、15時にラーメンを食べたがる人というのは想像できない話ではあるが、こっちからするとそうではないらしい。正に、オヤツ感覚でラーメンを食べに来るのである。15時と言えば、甘いものが食べたくなる時間帯というのは日本人の中の風習に過ぎないということであろうか。そのせいで、とにかく忙しかった。なぜなら、ずっとラーメン作りっぱなしで落ち着く間もなかったわけだから。そして、そのせいか、様々な食材が底を尽きてしまう。流石に肝心要のチャーシューが底を尽きたのには驚いた。確か、夜の9時くらいだったと思う。そう、この混雑はもちろんの如く、ディナータイムになると酷さを増し、挙げ句の果てにチャーシューが切れてしまうという事態を招いてしまったのである。結局は、急遽、チャーシューを作って、その場を凌いだが、それはもう大変で仕方がなかった。そもそも、祝日であるにも関わらず、平日と同じようなシフトの組み方と食材の準備をしていたオーナーに責任があるのは言うまでもない。とは言え、延長してくれと頼まれた身からすれば、頼られているという信頼感に酔いしれてしまった部分もあり、そこまでオーナーを責める気はないのである。オーナー事態チャイニーズカナディアンであるが、いい人だし。

とまぁ、これは月曜日だけの出来事に過ぎないが、それ以外の日でも緊急で1時間延長しれくれだの色々頼まれた日だったのでとにかく疲れた。立ち仕事を始めてから、1ヶ月半が経つが未だに体が慣れていないせいだろうか、ドッと疲れてしまった。そのせいか、今日は休みの日であったが、疲れを癒すべく1日中寝てしまった。約15時間は寝たんじゃないだろうか。おじいちゃんを彷彿させるかのごとくの睡眠時間である。1日を損したことは言うまでもないだろう。洗濯物も未だにしてないし、買い物もせんといかんのに。

明日も休みだから明日には諸々済ませたいところである。でも、疲れの一番の原因は生活リズムにあるように思える。起きる時間だけでも、いつも同じ時間に起きるようにしないとグダグダ惰眠を貪ることになりかねないなと最近思った次第である。

車みたい

なプレーだなと黒人に言われた。

と言うのも、Hoop Domeでバスケしてると、いきなり1on1しないかと声をかけられて、一緒にバスケをして、僕のプレーを見て、そう評したのである。

車みたいなプレーと言えば、ティム・ハーダウェイを思い出す。奴のプレーが真っ赤なフェラーリが通り過ぎるかのごとくというのをどっかの本で読んだことがある。恐らく、ティム・ハーダウェイの場合は、キラークロスオーバーと呼ばれるプレーがあまりにも速すぎるからそう呼ばれるのであって、僕のプレーはゴリ押しのパワープレーが多かったため、速さとかそういうのからそういう風に呼ばれたとは到底思えない。でも、認めてもらえて、うれしいっちゃうれしい。

そして、バイトに行ったら行ったらで、仕事がしやすかったと、同僚から褒められてすごく気分が良かった。バイトを始めて、一ヶ月でようやく仕事が板につきつつあるという感じである。

そして、なぜか英語の勉強の相談みたい話をした。事のきっかけは家で何してんのからのNetflixでアニメを見ながら英語を勉強しているというところからである。

僕は、中学の頃から今まで散々リスニングに苦しめられてきた人生を歩んできた。周りの人達には聞けて、自分には聞けない理由がどうしてもわからなかった。シャドーイングとかでそれなりの努力はするものの、全く報われなかったように思える。だから、リスニングに対しては、物凄くアレルギーがあるのである。だからこそ、今カナダにいる間に、日常会話程度のリスニングとスピーキングをマスターしたい次第である。

正直、外国人の彼女を作れば、一番手っ取り早いと思っているが、中々できないもので、もどかしいのである。Tinderという出会い系のアプリを使ってはいるが、うまくいかないものである。

OVO Yorkdale店

がオープンしたらしいので、早速行ってみた。YorkdaleとはDundasにあるEaton centerと並ぶトロントを代表するジョッピングモールのことである。場所はダウンタウンから外れており、北の方に存在する。そして、便利なことに地下鉄Yorkdale駅から直結なのである。

話を戻して、OVOの実店舗は本当に少なくて、カナダだったら、ここトロントだけしかなく、あとは、ロサンゼルスニューヨークにあるだけなので、Drakeがカナダ出身なのに、なぜか、カナダの方が実店舗が少ないという状態であった。

そのような状況を打破するかのごとく、Yorkdaleに店舗をオープンしたワケである。

僕自身、サンダルとか欲しいアイテムがいくらかあったので、ネットでは販売していないが、もしかしたら置いてるかもしれないという淡い期待を込めて行ってみた。

店舗に行ってみると唖然とした。

f:id:A28_K:20170806131614j:plain

店舗自体はYorkdaleの一角に神々しい雰囲気のセレクトショップがあるなという感じである。

f:id:A28_K:20170806131653j:plain

人の行列を見て、ドン引きした。限定品が売られているかどうかわからないが、ここまでして人の列を成していることに衝撃を受けた。トロントでのOVO人気を物語っているかのごとくフクロウ(Owl)のロゴの付いた服を着た人たちが並んでいるのであった。セキュリティの方(僕はSPと呼んでいる。ナイトクラブや人気店が主な生息地である。)も警備に付いていたので、力の入れ具合がガチに感じられた。店内に入るのに、3時間、4時間くらいかかりそうだったので、元々待つのが嫌いな僕としては耐え難かったので、OVOの店を後にした。

僕は、トロントに来て4ヶ月くらい経つのだが、未だに傘を持っていないのである。最初来た頃は雨もあまり降らなかったので、さして必要ないかと思っていたが、最近になって、日本と同じく激しい夕立がよく降ることがわかったので、堪らず傘を買おうと思った次第である。そして、傘を買いに最近海外でも人気が出つつある無印良品で買いに行った。

f:id:A28_K:20170806131732j:plain

この折り畳み傘直径53センチのもので38ドルだった。日本で買うのとあまり変わらないように感じたが、果たしてどうだろうか。

そして、一緒に買った洗顔料。一つあたり9ドルである。日本での値段が気になるところであるが、少なくともトロントで売っている洗顔料の中では安い部類に入る価格である。スーパーとかで売ってるのを見ると、軒並み10ドルを超えるものばかりである。どんだけ、洗顔料が貴重やねんとツッコミたくなる程である。なので、高い金がかかる割に得体の知れない洗顔料を買うよりは、信用できる無印良品洗顔料を買ってみようという次第である。恐らく、失敗ではないであろう。

 

ジョーダンストアの時もそうであったが、大体人気ブランドのセレクトショップのオーピン日は信じられないくらいの人だかりができることがわかったので、後日、落ち着いてきた頃合いをはかって、もう一度行ってみようかと思う。というか、平日であれば、恐らく空いているように思える。

 

ガールズトーク

という名目で友達とだべった。友達というのは、日本人の女友達二人とである。二人ともこちらに来てから、別の友達のつてで知り合った友達である。

それで場所はDundasとCollegeの間にあるそこそこ規模の大きいマクドである。

そういえば、日本ではマクドナルドをマクドと呼ぶ派とマックと呼ぶ派で抗争が起こっているみたいである。僕は、関西人なので俄然マクド派であるが、大学進学を機にマック派に切り替わった経緯があった。しかし、今はすっかり関西暮らしを再度始めた結果、マクド派に戻った。

そのマクドで話した内容がゲスいことゲスいこと。友達の愚痴ばかりである。その友達も僕からすれば、知り合いにあたるので全く知らない間柄じゃないだけ、驚かされる話が多かった。とある知り合いのブラジル人がアジア人をターゲットにセフレ漁りを繰り返している話やそのセフレに日本人の女の子の知り合いがいて、そこの間柄とかやり取りが腹だたしいとか、そういう話を延々と聞かされたのである。

ガールズトークという名の愚痴会である。というか、人が複数人集まれば、ゲスな愚痴話で話が盛り上がるというのはよくある話で、こっちも当事者が知らない間柄じゃないので、聞いている側としては面白くはあった。人間の性というか、そういうのは仕方ないとは思いつつ、それを聞きながら、相槌を打って楽しんでいる僕も浅はかだなと思ったりした。まぁ、このあたりはある意味人付き合いとして割り切るしかないように思う。

そんな話が6時間程続いたのである。よく話題が途切れないものである。逆に関心してしまう。僕みたいなぼっち派の人間としては、とっとと切り上げて、家に帰って、Netflixなりを観たいと思ってしまう。でも、たまにはこういうトークをするのも悪くはないと思った。

それで、流石に6時間もマクドで籠城しているわけにはいかないので、近くの韓国料理屋にご飯を食べながら話をしたワケだが、そこの料理が美味しくなかった。

f:id:A28_K:20170804125140j:plain

ビビンパであるが、驚くなかれ、味付けが全くしていないのである。テーブルの上にソースが置いてあって、それで勝手に味付けをしてくれというスタンスである。放任主義もここまで来ると、酷いものである。しかも、値段はダウンタウンなので、郊外のレストランより割高であった。

ダウンタウンで食事をするのであれば、ジャパレスか味が均一のファーストフードで済ませることをお勧めしたい。