日報あつなり

※カナダはトロントで1年間ワーホリで過ごした後、オーストラリアのシドニーで半年、アデレードで半年ワーホリをした後に日本に帰ってきました。。ブログを書いている内に「車窓」っていう言葉がぴったりだと思ったので、タイトルにしてみました。この「車窓」は中々に面白い…のかなぁ。

あつさんぽ in Tokyo

東京暮らしもあと一週間

あっという間だったな。一ヶ月半の東京生活。

住んでみた感想としては、もう二度と住みたくないって言う感じかな。やっぱり、人混みが多いのはどうにも苦手。電車が混んでいるのも嫌だし、銭湯とかジムとかの公共施設が混んでいるのも嫌。なんというか、人が密集して生活するということがどういうことかということを実感させられた生活だった。

ただ、家にいると億劫になってしまうので、散歩がてら外出することにした。

渋谷

まずは、渋谷に行った。目的は特にない。それこそただの散歩。ポケモンGOのために散歩をする。それにしても、本当に人が多かった。

で、昼飯を何にするか迷った挙句、スタミナ丼にしてみた。

f:id:A28_K:20190715185917j:plain

ガーリックバターが乗っていることにより、食欲が増すような味だった。豚肉美味しいよね。ただ、倍の量にした割には豚の量が少し物足りなかった。

Minimal

ネットで香味料とか一切使っていないのに、オレンジの酸味がするチョコレートを売っているとかいう噂を聞き、東京に来たのを機に行ってみた。

f:id:A28_K:20190715190148j:plain

Minimal 富ヶ谷本店

ずっと行きたかったんですよね。場所は代々木公園の近く。本店である。

で、店内に入ると店員さんがチョコレートを一つ一つ丁寧に説明してくれ、試食までさせてくれた。食べてみると、噂に違わず、本当に酸味やものよっては清涼感の出る味がして驚いた。店員さんに、「これ、本当に香味料とか使ってないんですよね?」って、3回くらい確認した笑 それくらい、にわかにここまでの酸味とか清涼感を砂糖とカカオだけで出せるのが信じられなかった。

あと、季節ごとにチョコの味も変わるので、来るたびに違った味のチョコレートを楽しめるのも面白い。チョコレートは生き物なんだと思ってしまった。

来週に実家に帰るので、その時のお土産用にチョコの詰め合わせを購入した。オーストラリアのお土産で買ってきたチョコレートは甘すぎるとか言っていたが、ここのチョコレートはどういう反応をするのか。楽しみである。

代々木公園

途中に代々木公園があったので立ち寄ってみた。ボーラーが数名雨上がりだというのに、バスケをしていた。

f:id:A28_K:20190715190827j:plain

こういう場所がもっと増えて欲しいと思う。

それにしても、某漫画で見たシーンでは、バスケコートが4面くらいある感じだったのだが、実際に見てみると2面しかなかった。なんだか、話が違う。

f:id:A28_K:20190715190838j:plain

オリンピックに向けて、代々木体育館も工事中でした。

f:id:A28_K:20190715191531j:plain

原宿のナイキスト

品揃えは良かった。ただ、3階のバスケコーナーの混雑は酷かった。ところ狭しとお客さんが試着していたからだ。

武蔵小山 しみず湯

あまり疲れてもいないが、ふと、銭湯に行きたかったので、近くの銭湯に行ってみることに。

f:id:A28_K:20190715191143j:plain

評判通りすごく綺麗な外観をしており、その外観そのままに中も綺麗だった。

ただ、不満な点が、人があまりにも混雑していたこと。湯船に入るスペースがないくらい混んでいたのは初めてだった。せっかくの綺麗な内装も興ざめである。風呂自体はすごくよかった。

東京で銭湯にしろ、ジムにしろ、行くとなると、時間帯を考えないとダメですね。

f:id:A28_K:20190715191353j:plain

風呂上がりの酢ジュースが美味しかった。体が弱っているのか、酸っぱさが妙に体に染みた。

人混み嫌い

結局、それに尽きる。

改めて、人混みが嫌いなことを実感した1日だった。

アラサーがPokemon GOに復帰してみた話

3連休。間違いなく、3連休だ。でも、生憎の雨模様である。生粋の面倒臭がりの僕としては、雨が降るだけで外にでる重大な阻害要因となってしまう。

Pokemon GO

昨日から、再開してみた。理由としては、年末に発売するポケモンの最新作を買う予定であること。もうひとつは、我が国のスポーツ庁が公に推奨し始めたこと。これって、かなりすごいことやん。ということで、再開してみた。

知らないポケモンばっか

ポケモンに関しては、実は金、銀以降やったことがなかったので、最近のポケモンなんて全然わからない。伝説のポケモンでさえも名前が思い浮かばない。ホウオウが限界なのである。だから、セレビィ以降のポケモンなんて皆無に等しいくらいわからない。未だに強いポケモンと言えば、「バンギラスちゃうの?」とか思ってるアラサーである。

f:id:A28_K:20190714170927p:plain

腹立つようなかわいいようなよくわからんフォルムのゴクリン

何度見ても、笑えるんだが。こういうポケモンがめちゃくちゃ強かったりしたら、面白い。自己満足としては。でも、このポケモン、草タイプと思いきや、毒タイプなんですよね。この見た目で毒を持ってるというギャップwww。

システムが良くなってる

ポケモンGOと言えば、スマホの電池をやたらめったら食うイメージがあった。なぜなら、位置情報を常にオンにしないといけないからだ。でも、企業努力の末、位置情報をオンにしなくても、歩数情報とか距離情報を記録できるようになったんですね。これ、すごくいいなぁと個人的に思ってて。もはや、プレーしてなくても、歩数計として使えるし、さらに言えば、卵の孵化なんかも以前に比べてかなり容易になっていたりする。

もはや、僕の知っているポケモンGOではない。

初のレイドバトル

レイドバトルの存在自体はなんとなく知っていたが、なぜにみんなそんなに熱狂しているのかよくわからなかったが、プレーしてみてよくわかった。これは、ハマりますわ。協力してバトルして、伝説のポケモンフルボッコにして、それを捕まえる。これは、外に出る動機付けになりますわ。コレクターとしてはたまらないでしょう。ちなみに、僕は、トレーナーレベルが22で周りの方々に大迷惑をかけつつもなんとか倒すことができて、2体エンティをゲットできました。

f:id:A28_K:20190714171643p:plain

初の伝説級ポケモン、エンティ

伝説級のポケモンだったら、初代のサンダー、ミュウ、セレビィあたりが欲しいかな。サンダーに関しては、初めてのポケモン(レッド)をプレーした時、マスターボールで捕まえて、そのまま、サンダー一体で四天王及びライバルを一掃した思い出深いポケモンですから。

結論

これは、ハマるし、何より外に出るきっかけになるのがすごくいい。実際、僕もレイドバトルのために外出してますし。

まだまだシステムに関しては、わからないところがあるが、掘り下げていけばもっと楽しめそう。

あと、ドラゴンクエストもARゲームを出すと発表しましたが、今後はこういうゲームが増えていきそうな感じがする。ポケモンGOがここまで面白くなっているんだから、ドラクエの方だって期待できる。ちなみに、ハリーポッターもARゲームを出しましたが、僕はしないです。ハリーポッター自体あまり好きじゃないので。

ともあれ、以前よりも遥かに歩くのが楽しいゲームになっていて驚きました。

再び相見えるラーメン二郎

一週間ぶり

僕は、今、新宿区内の某スポーツジムで週1回土曜日に筋トレをしている。平日にもしたいのだが、満員電車があまりにも嫌で及び腰なのである。それで、筋トレをした後に栄養というか、闘いにまたあの店に行った。

週1通いはジロリアン

ジロリアンの定義がよくわからないんだが、どれくらいの頻度で二郎に行っている人を人はそう呼ぶのだろうか。週3以上?それとも、毎日?どう定義していいかわからないが、僕は二郎が好きであることには変わらない。

そういえば、関西で言えば、京都に一軒のれん別けしたとかポスターが貼ってあった。どうして、大阪を置いてけぼりにしたのか、京都よ。もしかしたら、大阪にも潜んでいたりして。

相変わらずボリューミー

f:id:A28_K:20190713185852j:plain

前回と同様ぶためんW

ただ、前回異様なまでに追い込まれてしまったので、ひよって麺の量を少なめにするという選択が頭によぎったが、とどまった。それだと、なんか、ヌルゲーになってしまうような気がしたから。そこで、妥協していいのかと葛藤してしまった。脳内戦争の末、結論、麺の量は前回と変わらず。

ただ、追加で頼める背脂の量だけは少なくした。それでも、全体の量は前回とほぼほぼ変わらない。

二郎の魅力

前回でもちょくちょく語ったが、今回さらに深く掘り下げてみよう。

  1. もやし
    追加で頼める野菜(主にもやし)がいい。ただ単に茹でただけなのに、こうももやしというのものが美味しいものなのか。これが、濃いめのスープと絡んで美味しい。もしかしたら、もやしはいいとこのもやしを使っているのかもしれない。とにもかくにも、食感といい、スープに絡んだ時の味といい、いつもは無味なもやしがすごく美味しく食べられる。

  2. 平打ちで細切れしているからか、あまりすすらなくていいようにできている。すするという掃除機かのごとく吸引する労力が要らないのである。食べるのに余計な体力を使わなくていいところがいい。
    周りの客の頼み方を見ていると、固めで頼んでいる人が結構多いが、あれだけ太い平打ち麺を固めで食べるとどんな食感になるんだろうか。僕の経験からすると、太麺を固めで食べるとかなりもっさりして美味しくない認識なのだが、果たしてどうなのか。試してみる価値はある。
  3. チャーシュー
    普通のラーメンだと2枚、ぶためんだと4枚、ぶためんWだと8枚にもなるチャーシュー。このチャーシューがすごく厚くて歯ごたえがあっていい。普通のラーメン屋のチャーシューだと一口で麺と一緒にペロリと食べられるところが多いかと思うが、ラーメン二郎は違う。サイズからして、一口では食べられないサイズ。ぶためんWとなると、二口に分けて、麺と一緒に毎回食べてちょうどいい感じの大きさ。
    やっぱり、ラーメンを食べている限りはできる限り、チャーシューと一緒に麺を食べたいところである。そんなラーメン好きの贅沢が許されるのが、ラーメン二郎のチャーシューなのである。
  4. スープ
    上品なお味とはとてもじゃないけど、言い難いが、そんなスープが麺なり、チャーシューなりにいい感じに絡むような味になっているかと思う。特に、もやしなんかはもやしと一緒に食べて欲しいと推奨されているかのごとくの味に仕上がっているかと思う。
    そんな濃いめのスープだから、飲むようには仕上がっていない。あくまで、具材を引き立たせるアクセントとして仕上がっているが、それがラーメン自体の美味しさをさらに上げている。
  5. 食後の清々しさ
    食事をした後って、普通は腹一杯で満足したという感想がほとんどだと思うが、ラーメン二郎を食べた後は、毎回不思議な事に清々しさを感じてしまう。そんな、ラーメン屋、飲食店ってありますか?恐らくは、店内の独特においと空気の中で、ただひたすらラーメンと向き合った後に出てくる解放感みたいなものなんじゃないかと思う。僕が、ラーメン二郎を食べることを「闘い」と表現しているのはそういうところにもある。

次回は

トッピングに卵があるらしいので、次に来るのがとりあえずはラストになりそうなので、トッピングに卵を追加して、麺を固めにして頼んでみようかと思う。ここまで、やったらラーメン二郎をマスターしたと言っても過言ではないだろう。ジロリアンかどうかは謎だが…。

衝撃的なChris PaulとWestbrookの電撃トレード

まさかの…

兼ねてから、そんな噂があったがまさか実現してしまうとは思いもしなかった。このトレードにより、WestbrookとHardenが7年ぶりに同じチームでプレーすることになった。

 

それにしても、今年のオフシーズンが「Paul」が騒がしいですね。

色々ビッグな移籍ニュースが多くて、彦一が何人いても足りない。

f:id:A28_K:20190712205752j:plain

チャンピオンリングを熱望しているChris Paul

f:id:A28_K:20190712205758j:plain

年間トリプルダブルWestbrook

f:id:A28_K:20190712205804j:plain

Unbelievableな彦一

この男が何人いても足りないほどの衝撃。

Thunderは再建モード

主力選手をほぼほぼ全部すっ飛ばした結果、残ったものは来年以降のドラフト上位指名権。言わずもがな、再建モードに突入である。と、同時にWestbrookのプレーに見切りをつけたのかもしれない。

なんとしてもチャンピオンリングが欲しいRockets 

このトレードを見ると、Rocketsは勝負に出ましたね。何としても、Hardenの契約が続いている間に優勝したいという現れにしか思えない。ただ、片や年間トリプルダブルの自己中プレー(Paul Georgeは否定していたが…。)かつシュートセレクションがめちゃくちゃな男、片や昨シーズン、アベレージオーバー36点越えの男。噛み合うかどうか疑問である。あと、二大スタープレーヤーをサポートするプレイヤーがどうなのかも疑問。確か、Austin Riversは再契約したんでしたっけ。それ以外の話は何も聞かないので、サポーティングキャストも充実させないとキツイと思う。

ちなみに、僕は自己中プレーで能力任せなプレーをするWestbrookが嫌いです。ただ、彼のファッションセンスの良さは素晴らしいと思うし、バッシュもいいデザイン。でも、プレーが気に入らない。

2011-2012Final

HardenとWestbrookがプレーするということで思い出されるが、2011-2012のNBAFinal。そう、あのKING Jamesが初めてチャンピオンリングを獲ったあの年である。あの年は、Heatではなく、Thunderを密かに応援してました。ここまで、BIG3の思う通りにいって欲しくないという思いと、Thunderにとってはあの年がラストチャンスだったからです。どんなバスケをしてたかは記憶にないが、あの年、Thunderには優勝して欲しかったです。

時を経て…

7年の歳月を経て、再度同じチームになった両者。果たして、NBAチャンピオンに輝けるかどうか見ものである。かつてとは、プレーが格段にスケールアップした両者。どういうバスケを繰り広げるか気になる。

僕としては、セルフィッシュなWestbrookのプレー次第だと思う。相変わらず、スタッツにこだわるようなプレーをしているようではチャンピオンリングは無理かと思う。

 

 

Powerbeats Pro 予約開始

やっと

ようやく日本での発売が決まったようで。日にちは今日から一週間後の7月19日(金)。待ち望んでました。AirPod2に早々に見切りをつけてから、早4ヶ月。あの有線の煩わしさから解放されるとなると、仕事中でも内心テンションが上がっていた。

ちなみに、売られるカラーは噂通り、ブラックのみでした。他のカラーは後日発売とのこと。

予約

多少のネットの混みがあったが、難なく予約することができた。恐らく、何も問題なければ、発売日である7月19日(金)に手元に届くのではないかと思う。

ビックカメラ

予約はビックカメラでした。やっぱりポイントが美味しいから。10%還元って、何気に大きい。

懸念

配達日が遅れてしまうと問題がある。僕は、7月22日(月)に実家に帰って、フィリピンに住むための荷造りをするのだが、もしも、それ以降に届くとなると、商品が受け取れないのである。そうなったら、配達先を変えたりして、色々面倒な上に、最悪、日本にいる間に手元に届かない可能性すらある。

そうならないよう祈りたい。

ポケモンも予約開始

全くの偶然なのだが、最新のポケモンも予約を開始していた。今年中にSwitchを買おうと決断しているから、予約すればいいものの、どうにも噂に振り回されて、予約できず終いとなっている。それは、Switch Proなるものが年末商戦向けに出るという噂である。僕の心はドラクエへと移りつつあるところに青天の霹靂である。Switch後発組の僕としては、デザインよりも最新機能を重視したいところ。それに、仮に予約しても、結局遊ぶのは年末になってからである。だったら、情報が明らかになってから、ポケモンを買ってもいいのではないか。いずれにしろ、Switchを買うのが確かだから、ポケモンの予約をしてもいいように思えなくはない。

 

 

Summer Leagueの見所(日本人以外編)

残りわずか

Summer Leagueも短いもので、残り1日のみとなった。アピールできた選手、起用法に不満があった選手…。それぞれだが、残り1日だけというのは変わらない。

残り1日なのもあれだが、僕が注目していた選手を紹介しておこう。

※今調べたら、7月15日まで試合があるみたいです。

Zion Williamsons 

f:id:A28_K:20190711195415j:plain

NBAファンだったら、言わずと知れた今年のドラ1。レブロン以来の逸材とも呼ばれているくらい注目度が高い選手。

一番の特徴は身体能力の高さ。体重130㎏くらいあるにも関わらず、跳躍力が半端ない。あひるの空で新丸子高校のチバ弟のジャンプを「巨体が風船みたいに見えたわ。」と称していたが、正にそんな感じ。巨体と裏腹に跳躍時間が長いから、思わずそう形容してしまう。あと、体重の重さからもわかるように、フィジカルの強さ。そして、得点能力の高さ。ドラ1と言われて、誰もが納得するスペックの持ち主の選手である。

ただ、初戦で膝を怪我したらしく、その影響が気になるところ。

RJ Barrett

f:id:A28_K:20190711195921j:plain

同じくデューク大出身のドラフト3位指名選手。っていうか、ここまでの能力が高い選手を集めても勝てないのがMach Madnessである。正に、Madness。

それは、さておき、この選手、カナダ人なんですよね。だから、注目しているというのはある。

スタッツを見る限り、シュートパーセンテージが高くなく、シュートがうまいと聞いていただけに以外だった。フィニッシュの持っていき方とか見ると、センスの良さは感じる。

今年のニックスはスター選手がほぼいない状態なので、プレータイムがかなり与えられることは間違いない。どんな活躍をしていくか注目である。そして、オールスター級になた暁には、トロントに来てください、いや、帰ってきてください。

Tacko Fall

f:id:A28_K:20190711200427j:plain

ドラフトの下位指名が予想されていなかったが、ドラフトに引っ掛からなかった選手。専門家曰くは、今やマルチなプレーがセンターにも求められているのに、それを満たしていないことが評価を落としてしまった理由だとか。言い方が悪いが、身長だけと捉えられていたようである。

でも、デカイのである。身長が231㎝もあって、マッチアップの相手が中学生くらいに見えてしまうくらいの大きさを誇る。かの陵南の田岡監督は魚住に対して、「お前をでかくすることはできない。どんな名コーチでもな。」みたいなことを言っていたが、デカさこそこの選手の最大の特徴であり、才能である。実際に、デカさを活かした、楽ビーのタッチダウンを彷彿とさせるようなプレーを見せていた。

昨今のNBAではスモールラインナップが進んでいるだけあって、このタイプの選手が活躍できる場面があるんじゃないかと思う。それこそ、ワンポイント起用。起用法によっていは、面白い活躍ができそう。

Zhou Qi

f:id:A28_K:20190711200956j:plain

中国代表メンバーとしてSummer Leagueに参戦している中国の至宝。経歴を見れば、去年の新人王のLuka Doncicの中国版と言ったところか。ちなみに、ロケッツのユニフォームを着ているところから、去年まではロケッツのロスター入りをしてました。去年は、早々に怪我をして戦線離脱していたが、普通にプレーをしていたところを見ると、怪我は完治した模様。

ロスター入りしたと言っても、プレータイムがあまりにも短く、どんなプレーをするのかよくわからなかったが、Summer Leagueでのプレーを見て、度肝を抜かされた。身長が216㎝もあるアジア人とは思えないくらい身体能力が高い。3ポイントシュートが打てるのはもちろんのこと、得点シーンでの身長とは裏腹のあまりにもスムーズなロールターンとかを見ると、身体能力の高さが伺える。中国においては、イ・ジャンリャン以来の逸材かと思われる。

アジア人、スゲェ

今年のSummer Leagueを見て、率直に思った感想である。アジア人が普通に黒人や白人と混じって、プレーしていることがすごい。しかも、レイアップとか普通に行けてたりするから、尚更すごいと思う。中国の選手がアンクルブレイクかましたシーンとかは同じアジア人として胸熱でした。

これからも、どんどんアジア人選手がNBAでプレーをする機会が増えていくのだろうか。そうなることを期待したい。

バリウム検査

健康診断

約2年ぶりに受けました。場所は新宿にあるとある診療所。外部の診療所にて健康診断を受けるのも、新卒で入社した時以来なので、実に7年ぶりである。

概ね良好

身長が跳ね伸びていたり、視力がマサイ族みたく急激に良くなったりということもなく、概ね良好だったように思える。ただ、体重は82.8㎏で新卒で入社した時と比べて10㎏くらい増えてしまった。いや、意図的に増やしてきたから別にいいんだけど。ようやく、目標体重に届いてきたかと、肩をなで下ろしているくらいである。診療所の職員からすれば、身長と比較して不健康とか思ってそうだが、なんとでも言ってくれ。脂肪を剃り落とした先にどんな体が潜んでいることか。考えただけで、ゾックゾックするやろ。

f:id:A28_K:20190210202941j:plain

ゾックゾックしていた芸人

バリウム検査

本当は受けなくても良かったんやけど、海外にいた2年でどうにも体の調子がおかしいことが体に顕著に現れ出している。原因不明に長引く鼻づまりとか。僕は、別に花粉症でもないんやけどなぁ、幸いなことに。鼻づまりよりも気になっていたのが、原因不明の下痢。病院にも行ったんやけど、便検査をする限りでは至って良好だった。

 

a28-k.hatenablog.com

 そして、最近、僕がフィリピンに出向に行くということで、空気を読んだのか、腸の調子もだいぶとマシになり、下痢の症状はほとんどなくなった。ただ、腸の違和感みたいなものは未だにあった。だからこそのバリウム検査である。もちろん人生初である。ちなみに、当日になって知らされたから心の準備というものはできていなかった。

検査されてみた

まずは、炭酸が凝縮されたような粉薬を飲んだ。この粉薬がサイダーみたいな味がして美味しかった。どうやら、胃をふくらませるためのものらしい。粉薬は難なく飲めたが問題はここからである。

検査が終わるまで、ゲップをしてはいけないのである。

長時間ゲップを我慢するとか、某卑弥呼様のコスプレ芸人やあるまいし。ここまでゲップ我慢してたら、山手線の駅名なんて軽く言えそうである。つばを飲むなりして、我慢してくださいと言われたので、ひたすらに我慢をする。言うまでもなく、気持ち悪い。

f:id:A28_K:20190711192655j:plain

卑弥呼様のコスプレ芸人

そこから、僕にとっての未知の物体、バリウムを飲んだ。バリウムと言えば、噂では牛乳のような味がするだの、飲み心地が大変に不快だのロクな噂を聞いたことがなかった。実際に飲んでみると、驚きである。なんと、ほんのりヨーグルト味だったのである。これだったら、勝つる。なんなら、ごくごく一気飲みでもしてやろうかとも思ったりしたくらいである。非常に飲みやすかった。

そして、飲みながら、ベッドをあれやこれやと動かして、あらゆる姿勢、状態から僕の体内をレントゲン写真で撮られた。もちろん、その間、ゲップを我慢しているから、かなり気持ち悪かった。もう、出してしまいたい。マキシマム・ザ・ホルモンの「アカギ」という曲の最後みたく、出してしまいたい。しかし、出せない。出したら、最初からやり直しと言われそうで、それが怖い。

変な葛藤にさい悩まされながらも、どうにかゲップをせずに検査が終わった。ただ、今度、逆にゲップが中々出なかった。まるで、赤ちゃんの食後にゲップを出させるように体を叩くかのごとく、機械で圧迫された。さすがに、ここまでされたら吐き出さざるを得なかった。

時間にして、15分くらいか。どうにか問題なく検査は終わった。

便の色

バリウム検査をした時に、もう一個気になることがあって、それが、検査後の便の色である。一体、何色なのか興味があった。噂に聞く通り、白いのか。

下剤の影響もあって、4時間後くらいに出たが、確認したところ、噂にたがわず、白かった。

食事中の方、すいませんでした。