日報あつなり

※カナダはトロントで1年間ワーホリで過ごした後、オーストラリアのシドニーにてワーキングホリデー中でございます。ブログを書いている内に「車窓」っていう言葉がぴったりだと思ったので、タイトルにしてみました。この「車窓」は中々に面白い…のかなぁ。

フィリピンに行ってからしたいこと

・バスケの個人レッスンがあれば受けてみたい。

・バスケの3×3の大会があるらしいので、出てみたい。

・日本人サークルのチームに入って、HPを作って運用してみたい。

・ゴルフの個人レッスンを受けたい。

・スキュバーダイビングの免許を取りたい。

Youtube配信をしてみたい。

・ギターを始めたい。そして、あわよくば配信。

・カナダのトロントに旅行する。

コンドミニアムに備え付けのジムで筋トレ

・歯の矯正

 

なんだか、希望に満ち溢れているようなないような。

でも、やっぱりフィリピンに行った方が自分のしたいことができる環境にあるような。

とは言え、これらの希望は仕事がうまくいっている前提に成り立つもの。

まだ、仕事をしていない段階ではなんとも言えない話。

でも、大丈夫でしょ。

海外で2年間も働いてきた実績があるから、多少のことがあっても耐えられるメンタルは備わっているはず。

だから、大丈夫。

そして、希望を述べることに何ら問題はない。

https://www.instagram.com/p/BxoV13tnToV/

Grand slum tempura rice bowl#japan #tempura

さん天のグランドスラム天丼、安くて美味い。

ただ、個人的な話、天つゆとかウスターソースって僕はあんまり好きじゃないんですよね。

揚げ物には塩派なので、タレ抜きにすれば良かったな、って。

 

 

キャンセル

今日、東京行きのバスをキャンセルした。

それが意味するところは、フィリピンの内定もらっている企業に行こうかと決心がついたことである。

決心に至るまで結構思い悩んだのは言うまでもない。

では、結局何が決め手だったかと言うと、フィリピンだとバスケをするのに困らないというところである。

今、週1でバスケをしている状態なのだが、それだとどうしても足りない。

昨日バスケしてて、やり足らんと思ってしまった。

もっとしたい…が、日本だと、どうしてもできる場所が限られてしまう。

場所を見つけて、することはできるだろうが、東京の来週受ける会社だと、覚えることが多く、勉強に追われ、バスケができる時間が限られてくる。

果たして、今、本当にしたいことは何か…。

と、考えたら、バスケかな、っと。

別にプロになるわけじゃないし、そこまで上手くはないけど、自分がしたいことができるような環境に身を置くべきだと思っている。

それが、フィリピンである。

だから、他のアジアの国ではなく、あえて、国技がバスケであるフィリピンに絞ったというのはある。

と、大まかに書いたら、恥ずかしい話、完璧に趣味の理由なのだが、それ以外にもスキューバダイビングの免許が欲しかったり、ゴルフをしてみたりと細かい理由はいくつかあったりする。

将来のこと考えたら、プログラミングではないのかと思ったりもしたが、そんな後先のことを考えてもどうしようもないように思う。

その都度どうすればいいか考えれば、いいだけの話であり、今、したいこと、できることに注力すべき。

そういう考えが勝ったからこその今回の決断である。

次にエージェントから連絡が来たら、そのことは伝えようと思う。

そうなると、勤務が始まるのは来月の3日からである。

それも一つの理由で、実家生活に精神的に辟易としているというのはブログでも書いている通りであり、これ以上、実家に甘えるのもよくないかと思い、早く働くとなると、今内定もらっているところしかないのである。

ワーホリが終わってから、なるべく早く働きたくて、だから、早々と動いていたが、こういうニート生活は一ヶ月もあれば、十分である。

これ以上、のほほんと毎日を過ごすつもりは全くない。

 

と、まぁ、書き連ねるとこういう理由である。

もう、今、気持ちはフィリピンに向きつつある。

よく考えれば、就活がうまくいかなかったら、香港に1年間親の金を借りてワーホリに行こうかと思っていたから、丁度良かったのかもしれない。

それだけ海外志向が強いというか、海外の生活に味をしめたというか。

とりあえず、来週には転職活動は無事終わりそうです。

 

 

タイピング

最近、タイピングにはまっている。

隙間時間ができてしまうと、ついついパソコンのキーボードをいじってタイピングをしている始末である。

ちなみに、今で4回/秒くらいのペースである。

正直、これくらいで十分かなって思っている。

これ以上速くして、タイピングコンテストに出るわけでもあるまいし。

なんというか、タイピングの音がいいストレス解消になっているんじゃないかと思う。

あの小刻みのいいリズム感、タッタッタっていうタイピング音。

それが僕にとっていい心地なんだと思う。

ある種スポーツをしている感覚に似ているかもしれない。

実際に指を小刻みに動かしているわけですから。

というか、バスケを毎日できれば、こんな風にタイピングをストレス解消代わりにすることもないんじゃないかと思う。

体動かしたいな。

カナダやオーストラリアに居たころは、筋トレやバスケでひっきりなしに体を動かしてましたから。

それができないって少しストレスというかもどかしい感じがする。

 

職の話になるんだけど、フィリピンの会社でいいかなって思ってきた。

というのも、来週東京で受ける会社はITの会社で、主にプログラミングとかそういうことをする仕事。

プログラミングって、僕個人でできるんじゃない。

アプリを作るくらいだったら、会社に属さなくても、誰でも隙間時間にやっているみたいな話を聞くし。

むしろ、僕くらいの年齢になってくると、ITのエンジニアとして応募する人たちってそういう自分でアプリを作ったことがある人ばかりらしいので。

だから、アプリなんて自分で作ろうと思ったらいくらでも作れるんじゃないかと。

仕事の片手間にアプリを作って、リリースするくらいでいいかなと。

しかも、フィリピンはフィリピンで人が溢れかえっている故に、いいサービスの案とかも浮かんできそう。

頭の中にあるのは人材のマッチングサービスアプリの開発。

フィリピンで誰かと共同して開発できたら楽しいかもと思ったりする。

何だろう。

結局は、アプリ開発なんて会社に属さなくても、できるんじゃないか。

そう考えたら、IT会社で働かなくてもいいように思えてきた。

面談

フィリピンの人材会社と電話で面談をした。

どういう状況とか心境とか。

あと、こちら側としてはフィリピンで内定もらっている企業様の待遇がどのようなものなのか気になったので、それの確認をしたくて、面談をした。

はっきり言って、待遇面はすごく魅力的だった。

僕だったら、毎月15万円くらい貯金して生きていけるような。

そんな高待遇。

しかも、プールおよびジム付きの住まいで。

ただ、これだけ魅力的だと仕事面がすごく怪しくなってくる。

そういう待遇で釣り上げようとしているのではないか。

いや、それはいいんだけど、本当にここまでの高待遇をしてくれるところに内定がもらえたのか。

イマイチ実感が湧かないのが現状。

でも、この生活はすごく魅力的。

仕事も僕が嫌いな(嫌いになった)営業系のオラオラではなく、事務的な仕事が多そうなので、それもいいかなと。

でも、企業様もそこまで長くは待ってもいられない話なので、来週には結論を出さないといけない。

で、来週は東京のIT企業に面接を受けに行く。

本当に悩みどころだと思う。

最後の決め手は何なのか。

何がしたいのか。

そのあたりの軸をしっかりしないといつまで経っても結論が出ないようにも思えてくる。

難しい。

何回も言うけど、贅沢な悩みだなと思う。

う〜ん。

最後は人で決めようかな…。

とか、思ったりする。

今のところ、東京のIT企業の待遇がよくわからないから何とも言えないのはあるかも。

そのあたりを来週明らかにして、諦めが付けば、それでいい。

それくらいの気持ちでいよう。

とにかく、あと、比較の対象は福利厚生とかの待遇くらいしかないのかな。

どっちも仕事としては、嫌じゃないし魅力的である以上、そこで判断をした方がいいのかもしれない。

と、言いながらも頭の中は支離滅裂だったりする。

う〜ん。

結論が出ない。

悩ましい。

フィッシング詐欺

今日、人生で初めてフィッシング詐欺に遭った。

なぜに気づいたかというと、明らか不自然だったから。

詳しくはこのサイトを見てください。

sbapp.net

これである。

僕の場合はsamsonのスマホでしたが、抽選に当たって100円で買えるとなると、大変お得に感じてしまった。

どっかのサイトにアクセスした結果、こういう風な抽選に当たりましたよ的なサイトに繋がってしまうと、人はどうも警戒心が薄れてしまう傾向にある気がする。

僕自身、無職だからこれを売って金にできたらいいとか考えてしまったので、甘い考えにつけ込まれた結果がコレである。

なぜか、一通りの手続きをした後に気づき、対処したから、今のところ実害はないが、ちょっとでも対応が遅れていたら、結構な被害に遭っていたかもしれない。

というか、気づいてすぐに対処したんだったら、どうして手続きをする前に調べなかったのか。

まぁ、それも業者は巧妙なもので、1分以内とか時間を設けていたから、急がなきゃいけないという気持ちになってしまい、余計に警戒心が薄れてしまったからだと思う。

で、結果として、クレジットカードの使用は差しどめして、新しく発行し直しました。

それだけで、どれほどの手間がかかるかという話である。

prog-8と携帯のカード登録の変更とapple storeでのカード登録の変更。

これだけの手間で済んだからまだマシだったように思う。

これが、もし一人暮らしとか始めていたら、水道代とかガス代とかそういう類のものも加わっていたはずだから、手間は倍増していたはずである。

不幸中の幸いと言えば、不幸中の幸い。

世の中、そんな甘い話はないわけですね。

みなさんも騙されないように気をつけましょう。

 

あと、ついでに転職活動について少し。

今、すごく悩んでます。

フィリピンで働くか東京で働くか、でです。

フィリピンで働くのは最初、内定もらった時は少し抵抗感があったりしましたが、今はそんなことはなく、むしろ楽しそうに思う。

ゴルフとか付き合いでもすんの嫌だなと思ったりもしたが、今となっては趣味程度でやるくらいなら全然アリと思ったりしている。

昨日、面接をしてみて、やっぱり海外で働きたい願望が強いんだなと改めて思ったからだ。

ただ、厄介なことが、それに伴う英語力を示す指標がないので、多くの会社から書類先行で外されているのである。

このあたりが少し悔しい。

思いとは別で、企業側は現実的なのである。

だから、今の心境は、来週受けるITの企業とフィリピンで内定もらっている会社と天秤にかけている状態である。

どっちでもまである。

いずれにしても、今月で転職活動を終えることは間違いなさそうである。

 

現金社会

今、面接を受けに東京に来ているのだが、致命的な忘れ物をしてしまった。

それは、家に財布を忘れたのである。

ここは、日本。

現金社会の国である。

そうなると、現金が全くないということがいかに生きにくい世界であるか。

それを体感できるいい機会である。

で、そんなある意味実験的な意味合いで東京に面接を受けに来たわけだが、想像以上に不便。

行ける店、特にレストランだと本当に選択肢が限られてしまう。

幸い、クレジットカードは持っていたのだが、そのクレジットカードでさえも、受け入れていない店舗が多すぎる。

僕みたいな人間に対する嫌がらせか⁉︎

そう思えるほどである。

ゴーゴーカレーも家系横濱ラーメンも、食券機はあるもののクレジットカードを受け入れていない仕様。

街中を歩いていると、外国人観光客の多さが目立つにも関わらず、この塩対応はいかなるものか。

やはり、そこはスマートウォッチで決済とまではいかなくとも、最低限、クレジットカードの決済には対応しておくべきなのではないか。

今、飛び級みたいな感じでQRコード決済の普及が進んでいるらしいが、paypayとかLINEpayとか外国人に認知されているのだろうか。

というか、僕が外国人の立場だったら、わざわざQRコードの決済のためだけにLINEをインストールなんてするはずがない。

QRコード決済の普及よりもまずはクレカ及びQuick Payの決済を普及させて欲しい。

 

あと、ついでに面接の話。

今日受けたところは共にITのベンチャー企業

職場の雰囲気は良かったものの、僕の要望と少しずれているんじゃないかというところを強く責められる。

海外勤務を志望しているのに、なぜにこの会社なのか、海外勤務の可能性が今の所ないのに。

実は、これは保険で受けているんでして…。

なんて、言えるわけがない。

まぁ、でも、私服で職場から近いところで働きたいというのと、自由に働けるというところはきちんと伝えておいた。

こんな風に海外勤務希望とのギャップを責められると、フィリピンで働くのも悪くないような気がしてきた。

あまりフィリピン経済に貢献しようとかそんな風には思っていないのだが、それでもフィリピンという国に何かを残せるような仕事というかそういうのをするのも悪くはないような気がしてきた。

あと、ITのエンジニア希望だと年齢的に厳しいらしい。

僕は、今、30歳なのだが、そこからゼロからプログラミングを学んで、仕事するとなると、相手方が評価してくれないらしい。

やっぱり相手方もボランティアではないので、過去の実績とかを元に仕事の依頼をするから当然と言えば、当然である。

ITに限った話ではないかもしれないが、30歳くらいで何か新しいことを仕事にするとなると、風当たりは厳しいことを改めて実感した。

で、今日の面接を受けて、もしも来週の本命のIT企業で不採用だったら、フィリピンの内定もらっている企業で働く覚悟ができた。

もう、どちらに転んでも大丈夫。

そんな今の心境である。

f:id:A28_K:20190514215103j:plain

昼ごはん。

サラダライスボウル的なやつ。

真ん中に乗っけてあるネギトロとごぼうサラダが美味

f:id:A28_K:20190514215107j:plain

アーモンドラテ

f:id:A28_K:20190514215115j:plain

渋谷

f:id:A28_K:20190514215117j:plain

GALLERY-2は改装中でした。

f:id:A28_K:20190514215121j:plain

新宿をさまよってようやくありついたチーズメンチカツとヒレカツの定食

ご飯、キャベツ、味噌汁おかわりが有難い。

ここもチェーン店なんですけど、松のやにしろそう、日本のとんかつのクオリティは基本的に高い。

ここまでサクサクかつ歯ごたえのあるとんかつがこのプライスで提供できるのは奇跡である。

しかも、ごはんおかわりし放題だから、外国人にはたまらないんだろうなと思う。

この衣のサクサク感は海外の似非日本料理店のとんかつ屋には真似できないですね。

 

あと、昼間、千葉に住んでいる僕のビックシスターとランチしたのだが、人と面と向かってクラウドファンディングトークをしたのは初めてだった。

その人と話してて、面白かったのが、ジャコウネコの牧場を作ったらどうかという話。

ジャコウネコっていうのが、コーヒー豆を食べて、その糞の中にあるコーヒー豆が最高に美味しいらしい。

ジャコウネコっていうのは野生がメインで、それ故にコーヒー豆が取れる量も限られてくるので、コーヒー豆は必然的に貴重になる。

だったら、ジャコウネコを牛や豚みたく放牧して、コーヒー豆を餌代わりにして食べさせればいい。

トイレする場所をきちんとしつければ、コーヒー豆の回収も容易なのではないか。

という話をしたのだが、我ながらいいアイデアだと思った。

興味があるコーヒー好きの人はトライしてみてはどうでしょうか。

 

スーツ

今、スーツを着ているのだが、どうにもキツイ。

なぜに、スーツを着ているかというと、また、明日、東京で面接があるからである。

ぶっちゃけ、暇つぶしみたいな意味も兼ねての面接である。

第一志望のところの面接が来週に控えており、それまで何もしないというのはあまりにも暇であり、あと、保険的な意味で受けに行こうかと思った次第である。

僕は関西に住んでいるのだが、中々、関西で私服オッケーっていうところが見当たらない。

なぜなのだろうか。

やっぱりベンチャー企業となると関東に偏ってしまうからだろうか。

それは、さておき。

やはり、2年間で約4キロくらい太るとどうにも腰回りがキツくなるものなのだろうか。

と、言っても、このブログを熱心に見ている方からすれば、意図的に太っているというのはおわかり頂けるかと思う。

そう、僕の目標体重は80キロであり、しかも、それは筋肉を付けた上での80キロ。

だから、まだまだ目標体重には及ばないのである。

予定としては、9月、10月くらいに83キロくらいになっていて、そこからダイエットして、腰回りをすっきりさせて、理想形の完成といきたいところである。

スーツを買うのはその時でいいかと思う。

今、スーツを新調するには早すぎる。

やっぱり理想体重の時に買ってこそのスーツである。

ただ、スーツを新調したら、今のスーツはどうしようかと思ったりする。

スーツの買取ってしてもらえるのだろうか。

そんな先のことを考える必要がないのかもしれないが、ちょっと気になった。