読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あつなりのゆめにっき

※タイトルと本文には何ら関係性はございませんので、ご理解の程、よろしくお願いします。

労う

って機能したじゃないですかって思われる方がいらっしゃるかもしれません。

 

a28-k.hatenablog.com

まぁ、それはそうなんですけど、別の人を労うという話で。実は、今日、ちょっと職場の方にお願いをしておりまして、しかも、それが重労働であったのでそれを労うという意味です。僕は、日曜日なんでもちろんのこと休みなのですが、だからこそ、今日出勤している従業員の方にお願いをしていたわけなんですよ。具体的に言えば、荷物の運搬です。それが、中々の重労働でありまして。僕も、電話で進捗を確認したわけですが、想像以上に時間がかかっている様子でした。だから、非常に申し訳ない気持ちになりまして。ちなみに、この電話で確認をするという行為。この行為自体どう思われるんでしょうかね。やはり、仕事をお願いしている以上、進捗を確認するのは当然だと思うのか、それとも、そこまでせんでもええんとちゃうんかと言って、放ったらかしにするか。どちらかだとは思うのですが、僕は前者で仕事をお願いすることが多いですね。何故かというと、現場主義なんで、いくら現場の人を信頼しているとは言え、何のトラブルなしで仕事を成し遂げていただく保証などないわけであります。だから、仕事をお願いする際は、僕が休んでいたとしても、電話で仕事の進捗を確認するようにはしています。仮に後者だとしたら、仕事を丸投げしている感は否めないですので、お願いしている人に対しての心象は悪いんでしょうね。やはり、生身の人間にお願いをしている以上、仕事の進捗を確認するのは当然かと思われますね。

それでですね。仕事どうでしたかって確かめるやり取りの中で、ビールでも奢ってくれやっていうやり取りがあって。それが、どこまで本気で言っているのかは定かではありませんが、ここまでやってくれたのに何も報いがなしだったら、僕のポリシーが許さないと思いまして、買いました。

f:id:A28_K:20170305202555j:plain

あつなり式労いセット

ビールはさすがに発泡酒だと失礼だと思い、生ビールにしました。生ビールの中でも、どれにするかは悩んだのですが、最終的にアサヒのスーパードライとどちらにするか悩んだ結果、プレミアムモルツにしました、僕が大学生時代すきだったプレミアムモルツです。さすがに、プレモルが嫌いな人はいないでしょう。そういう願いも込めて、プレミアムモルツにしました。つまみはですね、これも、クラッツと悩んだのですが、結局は、つまみでアーモンドが嫌いな人はいないだろうという考えから、わざわざセブンイレブンに行って、アーモンドを買いました。恐らく、このセットを出されて、嫌な顔をする人はいないでしょう。

まぁ、こんな風に労いをするのは、心からの感謝を込めてするのであって。形だけのお祝いうや労いは普段はしないですね。建前でせざるをえない時はしますが。何故かというと、正直、形だけの労いだと気分がすごく悪いからです。いかにもやらされてんなって感じ。そういう感じが本当に嫌いでありまして。だったら、最初から労いとかそういうのはすんなよって言いたくなります。恐らく、僕が今月末辞めるにあたって、色々送別会とはあるでしょう。なければ、それまでですが。するのであれば、是非ともしたいというもの以外は断ろうかと思います。わざわざ忙しい仕事の合間を縫って段取りとかするわけですよ。だったら、嫌々面倒臭がって、されるよりは心からしてもらいたい。それが人情っていうものではないでしょうか。

 

ちなみに、今日1日すごくしんどかったです。日頃の疲れが溜まっているんですかね。朝、9時に起きて、グダグダして、10時半くらいになって、二度寝をして起きたのが昼の1時でした。本当に疲れていたんでしょうね。自分で言うかって話ですけど。その後、遅い昼食として、これを食べまして。

https://www.instagram.com/p/BRPn0Z3hfZI/

ゲテモノ好きの私が実食。感想、普通にシーフードヌードルでした。#カップヌードル#抹茶#日清

抹茶シーフード味のカップヌードルです。

感想は、シーフード味でしたねっていうところです。ただ、抹茶の影響か、少しチーズの味がしたのは気になりましたね。とは言え、抹茶の風味はあまり感じられなかったですね。

 

そして、その後、日課であNews Picksでニュースを閲覧して、その後、部屋の掃除をして、筋トレに行きました。疲れが溜まっている中で、ここまでしたことを労って、自分でも祝杯をあげました。

https://www.instagram.com/p/BRQP5Efhd6Z/

学生時代好きだったプレモル(香るエール)と麦とホップの赤。気になったので、買いました。#ビール #beer #発泡酒

こんな感じですね。僕もプレモルを飲みました。安定した美味しさでした。

 

明日も、朝早いですが、いい感じにお酒を引っ掛けられましたので、ぐっすり眠れそうです。

岩崎塾

っていうところに行きまして、ホルモンを食べました。場所は心斎橋ですね。なぜ、ホルモンを食べに行ったかというと、無性に食べたくなった、ただそれだけではないのですが。他には、単に今週一週間を自分なりに労いたかった。そういう意味合いでホルモンを食べに行きました。

ひとりで泣

正に、おひとり様ですね。僕は、基本的には友達が少なくて、買い物をするにしろ何をするにしろひとりですることが多いです。なぜかというと、変に気を使うのが面倒臭いからです。仕事であんなに対人関係を気にして、気を使って、精神面を切り減らしているのに、なぜに、プライベートでも更に気を張り巡らさないといけないのか。そういうのは、僕はちょっと耐えきれないと言いますか。もちろん、誘われれば、飲み行くなり、遊びに行くなりをするのですが、それも、僕のニーズに合致するかどうかにかかっていますね。本当にそういう気分じゃないと思ったら、本当にしないのが僕ですから。だから、人付き合いは良くないです。社会人になりたての頃は、それでいいのか悩んだりもしたことがあったのですが、今となってはどうでもいいですね。なんというか、それくらいサバサバしているのが自分と言うか、もうそれは変える余地ないというか。一種の防衛策みたいなもんですよ、自分のメンタルに対する。逆に言えば、誘われれば、断りもせずに誘いに乗るような俗に言うノリがいい人って凄いなって思ってしまいます。だって、誘いに乗るっていうことはそれだけ自分の時間を奪われているということですよ。まぁ、特に何もやることないねんっていう人であれば、それでいいのかもしれませんが。もしくは、極端な寂しがり屋とかであれば。ただ、そうでなければ、そこまでして自分の時間を奪われることに対して、躊躇いとか起こらないのかなって思ったりもします。もしかしたら、僕が自己中心的で基本的に周りのことに関して怠惰なだけかもしれませんが。

 

話を戻して、ちなみに今日は出勤日でした。土曜日ですけど。入社した当初は、そこそこの大学を出たのに土曜日出勤なんて、なんて惨めなんだと思ったりもしていましたが、今となっては何とも思わなくなりましたね、不思議と。所詮は、負けて元々の人生であって、これくらいの扱いは当たり前なのだと高を括ったからかもしれませんが。それで、土曜日に出勤となると、することがあまりないんですよね。他の会社が休みだから。それで、何をしてたのかというと、僕の業務の引き継ぎの資料を纏めていました。引き継ぎをしやすくするため、僕の業務を洗い出していたわけですよ。それで、洗い出してみて、思ったわけですよ。

誰でもできる仕事ばっかりやっていたんだなって。

僕の今やっている仕事は大概が誰かの仕事を引き継いでやっているものなんだなって、洗い出して改めて思いましたね。逆に言えば、僕がいなくなっても誰かがやってくれる仕事ばかりなんですよ。率直に言えば、僕の直属の上司がほとんど把握しているような仕事ばかり。それが、僕の業務でしたね。それって、妙に虚しいことだなってふと思いまして。なぜなら、僕の存在価値って、周りが退職時期を先延ばしにしたい程の価値ってないんだなと思いまして。恐らくは、周りが退職の時期を先延ばしにさせたい理由は単に人出不足で困ると言った、その程度のもんなのかなって。そう考えると、本当に今まで5年弱何をしてきたんだろうかとふと思ったりもしましたね。でも、それが現実なんですよね。結局、誰かいなくなっても、誰かがいなくなった人の代わりを務めることになる。そして、大概はそいつがいなくなっても組織は上手くまわっていく。組織ってそんなもんなんだなと思います。だからこそ、思い切って会社という組織を抜けるという選択もできますし、存在価値がないからこそ自分の存在価値を高めるべく組織を抜け出すという決断をしたわけです。とは言ってみたものの、それも辞める理由ではあるのですが、一番の理由は「自分」ですね。どういうことかと言いますと、「自分」というものを保ちたい。そういう厨二的な理由で辞めるわけですよ。この先、ずっと同じ会社に留まり続ける人生が果たして、自分らしいのかと言えば、絶対に違うわけですよ。ましてや、本音を言えば、出勤したくない土曜日とか祝日に出勤してまで、会社に貢献をする。そんな人生で良いものか。ましてや、組織にぶら下がっているだけで、自己成長に繋がっていない、命を繋ぐための毎日を過ごしていて、果たしてよろしいのか。否、よろしくないと思ったからこそ辞める決断をして、海外で職を探して、働いてみたいと思ったわけですよ。誰かの後ろ盾もなく、自分の力で。この「自分の力」でっていうところが僕としては大切にしたいところでありまして。と言うのも、単に海外に行って、留学するなり、働きたいのであれば、会社の制度や金を使えば、いくらでも行ける可能性があるわけですよ。なのに、なぜそうしないのかと。一つは、それだけ会社に依存してしまうことを避けたいというのがまず一つ。もう一つはリスクをあえて背負ったほうが自分の成長に繋がるのではないか。これが、一番の理由ですね。あとは、後ろ盾を利用して、留学なりするのはどこかダサいというのも理由にありますが、一番は自己成長でありその延長線上にある自己実現ですね。そこに尽きます。もちろんのこと、そうなるとかなりのリスクが伴う行為だなと重々承知であります。何を持って、「負け」と定義するかは人それぞれですが、やはり、「勝つにしろ、負けるにしろ、赤木しげるとして、勝ち負けたいのだ。」。こういう考えは大事にしたいですし、絶対に譲りたくはないですね。まぁ、矜持ってヤツですわ。端的に言えば。

 

長々となりましたが、タイトルに書いてある通り、労う意味も込めて、岩崎塾に行って、大好きなホルモンを食べに行きました。こんな感じです。

https://www.instagram.com/p/BRNrODKhJbX/

一人焼肉…。ホルモンが食べたかったんです。#大阪#おひとりさま #焼肉#岩崎屋

インスタグラムにも載せましたが、こんな感じですね。ちなみに、僕のユーザー名は「A28_Kaw」です。良ければ、検索してみてください。

それで、写真に載っているホルモンですが、500グラムなんですけど、なんと値段が1000円なんですよ。安くないですか。しかも、ホルモンが色々入っていて、色々な味を楽しめる。すごくお得だと思うんですよ。結局、僕は500グラムでは足りず、おかわりを頼んで、計1kgのホルモンを食しましたね。ごちそうさまです。ちなみに、写真に載せてある以外に、ビール一杯と大根キムチを頼んでも、3000円くらいでした。正直、かなり安いと思います。心斎橋を訪れる際は是非とも来てみてはどうでしょうか。

 

あと、ほろ酔い気分で酔い冷ましに心斎橋を散歩しました。

https://www.instagram.com/p/BRNzAObBVIq/

やっぱり、好きやわ、大阪#大阪#夜景

夜景が綺麗ですね。僕のiPhone7のおかげでより一層際立たせていますね。今日、ふと仕事中に関西弁を聞いてて、海外に行ってから、こういうコテコテの関西弁が聞けなくなると思うと、かなり後ろ髪を引かれる思いになりましたね。やっぱり、関西が一番好きなんですわ、なんやかんやで。

筋肉はノーでも俺はイエスだ

っていう名言。確か、うちの大学のアメフト部のスローガンだったと思うのですが。要は、筋トレで筋肉を強化するには、限界を超えて追い込まないと、筋肉の成長に繋がらないっていう意味合いだったと思います。まぁ、自分を追い込みたい時に使う名言というか何というか。でも、実際のところは、というか、僕の場合はこの名言とは裏腹でこんな感じなんですよね。

筋肉はイエスでも俺はノーだ

要は、ヘタレっていうことです。でも、大概の人ってこんな感じだと思うんです。体は元気ですけど、精神が追いついていないと言いますか。そんな状態です。体は元気なんだけど、何となくやる気が出ないそんな状態とも言えそうですね。だからこそ、精神状態って肉体の状態よりも遥かに大事だと思うんですよね。いくら五体満足と言っても、肝心の頭の中が病んでいたら、動く体も動かないってもんですよね。ガンダムで言えば、モビルスーツは完全であるが、肝心のコクピットがポンコツである。そういう風にも言えそうですね。裏を返せば、精神というかメンタルが強ければ、多少の体の疲れなんてどうってことないっていうことです。「病は気から」ていうことわざがあるように、本当に自分はダメだ、病気なんだ、疲れているんだって言い出すと、本当にそうなってしまうもんだと思うんですよね、不思議なことに。だから、職場で「しんどい」ってしきりにいう人がいるんで、その人に対して僕は、「しんどい」は禁句って言ってしまいましたね。理由はここに書いてあることがそのまま当てはまるんですが、しんどいって言い出すと、本当にその通りなってしまうような感じがするからなんですよね。だから、自分もできる限りそういう言葉は使わないようには心がけていますね。言霊っていう言葉がありますが、そう考えると本当に言葉に魂が宿っているかのごとくですよね。

ちなみに、タイトルにあるこの言葉、言葉を変えたら中々面白いですね。

筋肉はノーで俺もノー

体も精神も限界っていうことですね。その場合は、お疲れさまでした。ゆっくり休んでくださいっていうことですね。

筋肉はイエスで俺もイエス

じゃあ、頑張れよっていう話ですよね。思う存分、気がすむまで頑張ってください。そういうセリフですね。というか、五体満足な上に、精神も健康であれば、何の問題もないですよね、そもそも論として。

 

そもそもなぜこういう話をしているかというと、正しく今日こんな状態だったんですよね。体はダメで疲れているような感じ。端から見たら、目つきから疲れが出ているようなことを言われまして、本当に体は疲れているんだなと思いました。それで、日課として今日はバスケをする日だったのですが、こんな体の状態ですからすることをかなり躊躇ったんですよね。結果、どうしたかというと、バスケしに行きました。最初、バイクに乗っている時には、しんどくてバイクが転倒するんじゃないかと思ってしまう程の疲れを感じていたのですが、実際バスケをするとそんな気忘れちゃいましたね。「どんなに疲れていても、このボールを握ると元気になるんだよな。」っていうセリフをどこかで聞いたことがあるのですが、正しくそんな感じでしたね。もしくは、スラムダンクの山王戦の三井のように、「この音(ボールがリングを通る音)が俺を蘇らせる、何度でも。」っていう感じでしたね。これは、バスケをしている人でないとわからない感覚なのですが、3ポイントシュートでリングに触れずに入るともの凄く気持ちいいのです。ちなみに、僕のシュートは基本的に軌道が高いので、3ポイントシュートがリングに触れずに入ることが多いのです。だから、その度に元気になっているんですよね。なんと素晴らしいことでしょうか。そして、そんな感じでシュートが入る度に、「やっぱり、俺はバスケ好きなんだな。」って改めて思ったりしましたね。

 

そして、いい感じにシュートが入り気分が良くなった勢いで晩酌をしましたね。というよりは、晩酌しながらブログを書いているのですが。

f:id:A28_K:20170303225708j:plain

塩気のあるお菓子とビールの相性は抜群なのです。特にうまい棒とビールは本当に合いますね。

明日も仕事ですが、この一杯で明日も頑張れそうです。

尿道

が最近妙に痛む。食事中の方がいらっしゃったらごめんなさい。でも、言わせてください。最近、妙に尿道が痛むんですよね。そのズキズキする痛みとかではなく、なんか、意識してみたら少し痛い程度なんですが。それでも、少し痛むことには変わらないです。正直、ちょっと医者に行くことを考えた方がいいレベルかもしれません。結構、長く続いていますから。でも、今こうやってブログを書いている時はあんまり痛まないですね。変なの。正直、もしかしたら、若くして尿路結石ではないのかと思ったりもしたのですが、尿路結石だったら、こんなのほほんと痛さを語れるような痛みではないと思うんですね、イメージですけど。でも、変に残尿感が残ってしまうこと最近多いと思うんですよね。残尿感が残るということは、尿道に何かが詰まってるからではと思って、ちょっと不安になってしまうことがあるのですが、実のところどうなんでしょうね。考えすぎなんですかね。あまりにも痛みが続くようであれば、医者に行くことも考えます。

 

それは、さておき今日、ふとした会話から「明日やろうは、バカ野郎。」って誰が元ネタなのっていう話になりまして。この名言。大学時代に僕の部活の友人が口癖のように言っていたのですが、それで、このセリフを盾に筋トレ行くのを先延ばしにしている僕を無理やり筋トレをさせていたわけですが、今思えば、感謝ですね。ありがとうございます。話を戻して、この名言なんですが、大学時代の友人が造語で作ったようにはどうにも思えない。仮に作ったとしたら、天才かもしれませんが…。ともかく、誰の名言なのか妙に気になって調べてみました。調べている間、周りからはビートたけしの名言なのではないかという話がちらほら話していたりしていましたが、さすがに「バカ野郎」っていう言葉があれど、ビートたけしの名言とは思えないですね。ビートたけしと言えば、どちらかと言うと、「ダンカン、この野郎。」の方が僕の頭の中には残っていますね。どうでもいいですけど。で、調べると、この人の名言でした。

f:id:A28_K:20170302215916j:plain

サッカー元日本代表の遠藤保仁ですね。イケメンですね。ちなみに、関連検索で「遠藤保仁 ガチャピン」って出てきて笑いそうになりました。とにかく、グーグルは遠藤保仁に謝ってください。ちなみに、僕の中での遠藤保仁と言えば、とにかくサッカーIQが高く、どちらかと言うと、能力ではなく、頭脳で戦うタイプのプレイヤーっていう認識があります。サッカーはあまりよくわからないのですが。でも、何となく見聞した情報を統括すると、そんなイメージに結びつきますね。僕は、バスケですが、僕も身体能力がそこまで高くないので、それを補えるようなIQを使ったプレイヤーを目指したいものですね。

ともあれ、この「明日やろうはバカ野郎」っていい言葉ですよね。ようは、先延ばしにせずやれっていう意味でしょ。普通の人はどうしても、面倒臭いこととなったら、先延ばしにして、結局やらなくなってしまうもんだと思いますので、こういうセリフって妙に響くと言いますか。かと言って、100%忠実に実行できますか?って言われるとどうにも自信がない。そりゃ、実行するに越したことはないんですが、それができない。なぜなら、僕たちは「にんげんだもの。」…。みつをか⁉︎って話ですが、本当にそうだと思います。人間怠ける時があってこその人間だと思いますので。ただ、こういうセリフを片隅に置いて、少しでも意識して行動するだけでも、生活態度が変わるかもしれませんね。だから、これから行う予定のレアジョブのレッスンも正直、筋トレの後でしんどいのですが、先延ばしをせずに受講しようかと思います。

 

退職願

を出しました、今日、ようやくね。様々思いが交錯する中で提出しました。本当は、朝一出社した際に部長に出そうかと思ったのですが、一応、部長の都合の良い時間に改めて提出するべきだととっさに思い、しばらく保留。そして、午後3時半くらいに呼ばれて、個室にて提出をしました。ちなみに、退職希望日は今月30日付を希望しました。会社の規則で退職時は末日の前日と決まっていたので、規定に則り、末日の前日を希望日にして、提出をしました。出してみて、相手の反応を伺ってみたところ、どうやら僕は4月中旬に辞めるものと思っていたとのこと。確かに、いつ辞めるかを明記していなかった僕にも非があるとは思うのですが、さすがに4月中旬に退職となるとマズイですね。そもそも、飛行機の出発日を4月14日にしてますから。どう考えても、4月中旬に辞めるとなると、準備等が間に合うわけがない。でも、4月中旬に辞めてもらわんと困るようなリアクションをされたので、こちらとしては、かなり躊躇しました。それで、僕としては、「あくまで希望なんでもう少し先延ばししても構いません。」的なことを言ってしまったんですよね。正直言って、今月末に退職しないとかなりしんどいことはわかっていたのですが、そこまで言われるとこちらとしては少し考えてしまうと言うのが人情だと思います。結局、「4月7日までだったら、可能です。」という形で譲歩してしまったわけなんですよね。ここは強気で、「3月30日に退職したいと言ったら、3月30日に退職します。それ以降は、自己都合欠勤扱いになろうと出社する意思はございません。」的なことを言えばよかったのですが、やはり、そこまで言ってしまうと、会社に対して申し訳ないなという気持ちがこみあげてきて、とてもじゃないけど、言えなかったですね。会社に対して、申し訳ないとか思う必要はないのかもしれませんが、どこかでそういう風に思ってしまった自分がいたことも事実です。あと、そもそも別に会社が嫌で嫌で仕方ないという風な理由で辞めるわけではないですからね。職場の環境も人間関係もいたって良好、僕的には。ただ、会社を抜け出して、今一度組織に頼らず、自分の力で生きていく力を養いたいと思っただけでありまして。そのことは、今月中にブログで話します。てなわけで、会社に対して申し訳ない気持ちが全くないということだけはここに書き留めさせて頂きます。それで、退職願を出した後は、退職日の譲歩の話があって、その後に上司から業務の引き継ぎに関する話があるからと、その場はあっさりと終わりました。長々と書いてきましたが、文章の量とは裏腹に本当にあっさりと淡々としたもんでした。

そして、その後、話を聞きつけた上司から早速仕事の進捗に関する相談がありました。まず、第一声が「30日までに仕事の引き継ぎは終わるんか?」とのことでした。正直、ちょっと脅されている感じはありました。「終わりそうにないから、もうちょっといてくれへんか?」的なニュアンスで捉えられたんですよね。もちろん、引き継ぎはできますっていう返事をしました。それで、その後は納得した様子で、「その代わりに残業時間がかなり増えるかもしれへんが、いいか?」的なことを言われたのですが、正直、残業がどれだけ増えようがどうでもいいです。どうせ、今月だけの話ですし。あと、仕事の引き継ぎと言っても、僕の仕事のほとんどは誰かから引き継いだものばかりで、僕じゃないとできないという仕事はほぼないように思えるのです。だから、引き継ぎもその上司が思っているほど、時間がかからないのではないかというのが、正直なところです。だから、そこまで残業時間が増えるなんて到底思ってもいないです。まぁ、それでも何があるかわからないですし、それなりの残業は覚悟しておきますが。あと、話にあったのが、「引き継ぎの進捗によっては、30日ではなく31日になるかもしれへんが、いいか?」的なことを言われたんですよね。労務関係の仕事に従事している方ならピンと来るかもしれませんが、30日に退職するのと、31日に退職するのとでは大きな違いがありまして。何かと言うと、厚生年金保険料のことです。厚生年金保険料って、末日以外で退職すると、その月の厚生年金保険料は免除されるんですよね。それっていいことですやんって思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、とんでもないです。厚生年金保険料はかからないだけであって、代わりに国民年金保険料がかかってくるっていうわけですよ。ちなみに、一般的に言えば、国民年金保険料より厚生年金保険料の方が断然安いです。なぜかというと、厚生年金保険料は会社と折半して、納めているからです。会社が折半していた分も納めなければならないから国民年金保険料は高くつくわけですね。だから、31日に辞めてもいいよっていう提案はこちらとしてはもの凄く有難い提案なわけですよ。ただ、そういったことも正直に話してしまうのが僕の悪いところです。思わず、「むしろ有難いですよ。」的なことを言ってしまったわけですよ。あまりそのことには言及はされませんでしたが、もしも、そうであればこちらとしてはうれしい限りでありますし、同時に申し訳ない話でもありますね。正直、そこまでの扱いを受けるほどの価値が自分にあるとは思っていないからです。はっきり言って、末日退職は特例です。そんな特例を受けられるほどの価値は自分にはないと思っていたから、なお一層この提案には驚きましたね。

 

まぁ、30日に退職するにせよ、31日に退職するにせよ、いずれにしろ今月中に辞められるとほぼほぼ合意を頂けて良かったです。これで、最後の一ヶ月、思い煩うことなく働けますからね。それにしても、あと一ヶ月…。たぶんかなり短く感じるんでしょうけど、噛みしめるように働こうかと思います。

途方に暮れる

感じになりましたね、今日は。なぜかというと、退職願を出すタイミングを逸したからですね。僕は、来月末に会社を辞めるつもりでおりますし、上司にもそのことは言っておりますし、部署内でもなんとなくそういう話は聞いているはずです。なのにである。何故に、僕が会社を辞めない前提で話を進めようとするのか。意味がわからない。あたかも、4月以降も普通に働く体で話を進めている。周りがそのような前提で仕事をされると、辞めるこっち側としては非常にやり辛い。第一僕は、すでに4月14日発の便で日本を去る予定ですし。物理的に考えても4月以降に働くのは無理である。ただ、そのことはまだ伝えてはいないのですが、いずれにしても4月中に海外に行くっていうことは上司には伝えているはずである。しかも、約1年前くらいからである。本当は、昨年の7月に辞めるつもりだったんですよね。会社で丁度、早期退職を募っていた時期もあって、便乗して辞めれたら、何のわだかまりもなく辞めれるかと思っていました。しかし、結局はその時の上司の頑なな説得により、来月末まで辞める時期を延長するに至ったわけですよ。まぁ、こちらとしては、職場の雰囲気が嫌だとか、待遇が嫌だとかそういうことは一切ありませんでしたので、そこまで言われるならという気持ちで退職時期を引き伸ばしたわけであります。

とは言え、リミットは迫っているわけであります。なぜかと言うと、ビザの関係です。僕がワーキングホリデービザを取得したのは、5月2日です。ビザの規定によりまして、取得日から一年以内に出国しないと、ビザが無効になってしまうんですよね。だから、3月末に辞めて、出国までの2週間の間で国内の海外への転居届等の諸々の手続きを済まそうと思っていたんですよね。だから、3月末に辞められなければ、非常に困るんですよ。なのに、周りがそういう風に全然僕を扱っていないので、途方に暮れてしまうといったわけでありますよ。

 

なんだか、妙に疲れてしまいました。帰る途中も色々な思いが込み上がって若干涙目になっていましたし。とにもかくにも、明日にでも退職願を出して、こちら側の意図を会社に伝えないとズルズルいってしまいそうで怖いです。自業自得と言えば、それまでですが…。どちらにせよ、早く伝えないと双方にとっても良くないと思うのです。

ですので、明日、退職願を出そうかと思います。一応、作ってはいまして、今、会社の机の中に眠っているんですよね。これぞ、会心の一撃じゃい‼︎っていう形で突きつけるようなことにはならないんでしょうね。色々退職時期を伸ばしてくれないかなんだので修羅場を迎えそうで怖いです。だからこそ、タイミングが大事なんだと個人的には思っておりまして、そのせいで、ここまでズルズルきてしまった感はあるんですよね。あとは、周りの空気が何事もないように流れている感じも提出するタイミングを逸した原因ですね。まぁ、明日、退職願を出せば、大きく事は動くことには間違いないでしょう。

出たとこ勝負

でした今日は。ここまで自分の仕事に関して不安に駆られたことは始めてでした。「成るように成る」とは言ってみたものの、それは、あらかじめ準備とか予習とかをしてきたからこそ、それくらい開き直れるのであって。最善を尽しつつも自分の中で満足に準備ができなかったとなると、不安に駆られるのは無理もない話ですね。正しく、負け戦みたいな感じの一日になるのではないかと思っていました。

でも、いざ始まってみると案外「成るように成る」もんだなと思いました。最初は準備不足や色々な不安に駆られてながら作業をしていたのですが、助け舟って出るもんなんですね。なんか様子を見ていて、事情を話すと、手伝ってくれたんですよね。こういうのって凄くうれしいですね。とは言え、誰でも困っていたら、助けてくれるというわけではなく、自分の中でなんとかしようという意思があったればこそ、人は助け舟を出してくれるのであって、何の努力もしない怠けているような人にはそういうのは絶対ないと思うんですよね。お天道さんが見てくれているとかそういうことはあまり信じない性なのですが、何か頑張っているような人にはそういう頑張りに報いるような可能性が高いように思えるのです。「人生は良質なゲームだ。」っていうのはよく聞く文句であるが、本当にその通りだと思います。絶対にクリア不可能なようにできているわけでもなく、程よい具合に困難や苦難を与えつつもクリアできる。そんなもんなんだなと噛みしめた一日でありましたね。そして、これから先、会社を辞めてから、海外で職を探すかどうなるかは自分でもわかりませんが、それなりに頑張っていれば、生きていればなんとかなるとそういう気概は大事にしたいと思います。

 

そんなこんなでドッと疲れた一日でありましたよ。晩御飯の惣菜を半額で買おうと行きつけスーパーに行ってみたものの、生憎、惣菜は全て売り切れ。まだ、7時半くらいだったのに…。そもそも論としては半額セールを始めるのが6時半くらいからだというのもあって、売り切れるのは早いということは知っていたのですが、まさかここまで早かったとは…。で、結局、晩御飯をどうしたかって?まさかの

菓子パン4個

とミルク大福です。あと、セブンイレブンのプリンどら焼きを食べましたね。菓子パンはスナックサンドシリーズばかりでしたね。半額でしたので。正しく、自分の身を破滅に導く行為だなって自分でも思います。ちなみに、気休めに野菜一日これ一本で十分的なジュースを飲んだのは言うまでもないですね。