あつなりのそれでもブログを書いている

※カナダはトロントにてワーキングホリデー中でございます。参考にして頂けると幸いです。

いきなりステーキ

に行ってきました。

今日は、有給を頂いておりまして、昼ごはんにと思いまして、いきなりステーキに行きました。平日に有給を取るといいことがいっぱいございまして、そのひとつが美味しい飲食店のランチメニューが格安価格で食べられることです。他にも、街中行ってもこん雑していないとか色々ありますが、美味しいごはんを格安価格で食べられる魅力は相当に甘美なものでありますね。いきなりステーキにおいても、例外ではなく、美味しいお肉が格安価格で食べられるとは言え、やはりお肉はお肉。それなりの値段がかかるわけであります。でも、平日のランチメニューだとどうか。ただでさえ、安いお肉がより安く食べられるわけであります。具体的に言うと、美味しいお肉300gが1300円で食べられるわけであります。お肉自体はアメリカ産なのですが、アンガス牛が使われており、アメリカ産イコール硬くて美味しく無いという概念を覆すかのごとく、美味しいわけであります。ちなみに、小池東京都知事がインスタグラムでいきなりステーキのことを載せておりましたね。肉食女子をアピールしていたのかそれ以外の意図があったのかがは定かではありませんが、かの東京都知事を嗜んでいるいきなりステーキ。皆様も一度行ってみてはどうでしょうか。

f:id:A28_K:20170123180159j:plain

ちなみに、僕は誘惑と連日のバスケの疲れのため、450gにしました。それでも、1800円は安いと思います。1800円というと、100円寿しで言うと、18皿分相当に値するわけですからね。中高生の頃、それくらいの枚数を食べていた僕としては、100円寿司に行くよりはいきなりステーキでお肉を頬張る方が、よっぽどいいなと思うわけあります。将来、子供ができたら是非とも連れて行きたいですね。そして、なぜこんなに安い値段で美味しいお肉が食べられるのか考えさせながら、食事を楽しみたいものです。やっぱり、子供には実学を通して、考えさせるのが大事ですからね。いつ、子供ができるかは定かではありませんが。

あと、写真で見て、わかる通りわさび醤油で食べています。わさび醤油が正直、一番美味しいと個人的に思っているわけであります。なんというか、醤油の甘みをわさびのツンとした辛さがマッチして、お肉の味を引き立たせるというか…。マーベラスなわけですよ。ちなみに、シンプルに塩こしょうで食べるのも大好きです。純粋にお肉の味を堪能できるからです。あと、スーパーで売っている惣菜の揚げ物なんかにも基本的には塩をかけて食べてますね。ウスターソースがあまり好きじゃないということもありますが、塩を多用していますね。でも、こうやってわさびの美味しさを感じられて、日本人で産まれてつくづくよかったなと思うわけであります。外国人にもわさびの美味しさやお味噌の旨さとかわかるものなんですかね。そういう方とお付き合いをしてみたいものです。