読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あつなりのゆめにっき

※タイトルと本文には何ら関係性はございませんので、ご理解の程、よろしくお願いします。

ジェンダーレス男子

日常

というのが、どうやら巷でモテるらしいです。

というのも、今日ジムに行って、筋トレが終わってストレッチをしていたところ、テレビのNHKの番組でジェンダーレス男子の特集が放送されてまして。ちなみに、僕の中でのジェンダーレス男子とは、化粧をしていて、ポップな服を好んできている男子。そんなイメージです。芸能人のりゅうちぇる氏が正しくそんな感じです。マツコデラックス氏まで行くと、ちょっと違うような。美輪明宏氏まで行ったら行き過ぎというか。というか、この人たちはジェンダーレスなんだけども、おネェですね。男子ではないですね。口調も女言葉ですし。

それは、さておきテレビを見ていると、見た感じ中性顔っぽい男の方が取材されていましたね。男でもイケメン、女よりの格好をすれば、ますますモテる。そんな感じの顔。…。羨ましい限りですね。それで、取材なんで、色々質問も飛んでまして、何がきっかけでジェンダーレス男子になったのかと言う核心に迫るような質問が飛んでまして。答えはG-DRAGONに憧れてとのこと。G-DRAGON…。最近のエンタメに疎いワタクシでも流石に知っております。かのBIGBANGという韓国の超人気歌手グループのリーダーの方でしょう。ちなみに、今日筋トレをしながら、「BANG BANG BANG」や「FANTASTIC BABY」を聞いてましたね。そのG-DRAGONが化粧をしていることを知り、G-DRAGONに近づくべく化粧を始めて、それがきっかけでジェンダーレス男子を目指し始めたとのこと。でも、そういう人って日本のアーティストや芸能人でも結構いますよね。L'Arc-en-CielのHydeX JAPANの面々だってそう、GACKTもそうですね。所謂ビジュアル系アーティストにそういう方が多いですね。ただ、HydeGACKT、G-DRAGONがジェンダーレス男子かって言われたら、そうではないですね。冒頭で述べた要素に大事な要素が欠けておりまして、それが女子力なんじゃないかと思います。ジェンダーレス男子はとにかく女子力が女性顔負けの高さなのである。取材の様子を見て、驚いたのが、毎日寝る前に顔面パックをしていたり、余計な筋肉をつけないように早歩きをしないとか…。とにかく、徹底ぶりがすごいのである。ズボラな僕には絶対になれない領域なんじゃないかと思います。

とは言え、プロフィールの顔写真を見て、どう思われたか知りませんが、僕は、色白であり、目も大きいと言ったジェンダーレス男子になれる要素が備わっているのである。自分で言うかという話ですが、よく言われるんですよね、周りから。化粧をしたらそこらへんの女子より綺麗になるって女性の方から。だから、恐らくはかなり化粧映えのする顔なんだなと自分で思ったりしているわけであります。ちなみに、高校生の時、クラスメイトの女子に「女の子が産まれたら、絶対可愛いんやろぉな。」と言われたことがありまして。まぁ、目が大きくて色白なんて世の女子が憧れるスペックなのでしょうね。それを受け継いだ娘が産まれたらさぞかし可愛いんじゃなかろうかと。確かに、そう言われてみれば、自分の娘が見たい気にならなくはないですね。恐らく、当分先の話になることには間違いないかとは思いますが。

では、実際化粧をしてみたらどうかと言われる人がいるかもしれませんね。でも、ちょっと待てよと。確かに、顔だけ見れば要素が揃っているかもしれませんが、問題は体ですよ。冒頭でも言ったように、僕の趣味は筋トレです。そうなると、体がかなり筋肉質であることは想像に難くはないと思います。なんなら、胸で言えば、Aカップはあるんじゃないかと。それくらい筋肉質なんです。となると、ジェンダーレス男子が着ているような服がまず着れない。そんな中で、無理やりジェンダーレス男子になろうとすると、こうなるんじゃないかと思います。

f:id:A28_K:20170202215435j:plain

HUNTER×HUNTERのビスケですね。HUNTER×HUNTERっていう漫画自体はよく知りませんが、恐らくビスケみたいになるんじゃなかろうかと。

だから、良くて化粧止まりですね。でも、化粧した状態でバスケとか街を出歩きたい願望はありますね。やっぱりビジュアル系アーティストってかっこいいじゃないですか。そんなビジュアルでバスケとかしたら物凄くクールなのではないかと。

もしかしたら、今年中に実現するかもです。乞うご期待ですね。