読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あつなりのゆめにっき

※タイトルと本文には何ら関係性はございませんので、ご理解の程、よろしくお願いします。

パンク

日常

しました自転車が。こんな感じです。

f:id:A28_K:20170216213041j:plain

わかりますかね、この変にぺちゃんこになっている感じ。今週の月曜日に空気を入れた時はどうってことなかったんですけどね。いつの間に…。ちなみに、今回でこのアパートに越してから約5年くらいになるのですが、パンクをしたのはこれで3回目くらいですね。あんまりこういうことは言いたくないのですが、恐らくは人為的なものなんじゃなかろうかと思ってます。というのも、度々僕の自転車に何らかのイタズラが多々施されたことがありましてですね。写真ではわかりませんが、段速切り替えのところも実はカバーが剥がれちゃっているんですよね。自転車が倒れていることはしょっちゅうのこと。何というか、治安がそれほど宜しくないと言えばそれまでかもしれませんが。

まぁ、仮に人為的としても、こういうことで憂さ晴らしをして何が楽しいんですかね。正直、こういう人に危害を加えている暇があれば、もっと他にすることあるんじゃないのって思ってしまいます。何だかすることがあまりにもなくて、やってしまっているように思えるんですよね。はっきり言って、スカッと生きていないんじゃなかろうかと思ってしまいます。

f:id:A28_K:20170216214030j:plain

僕の尊敬している赤木しげるも同じこと言ってますし。パクったのは僕ですが。ちなみにこのシーンは漫画の中で結構好きなシーンというか、僕の中では名台詞なんじゃないかと思っています。このシーンも他人を嵌めるような生き方をしていることに関して、批判しているんですが、本当にそう思います。他人を嵌めるような生き方をしている暇があれば、もっと自分のしたいことを思い切ってやればいいのではと思います。それが、ゲームだろうが仕事だろうが何でもいいです。とにかくこんな人を嵌めるというか貶めるような生き方だけは絶対したくないですね。自分の主義信条に反します。

ちなみに、この本でも同じようなことを言ってますね。正確にはウシジマくんがですね。

f:id:A28_K:20170216214644j:plain

良かったら読んでみてはどうでしょうか。はっきり言って面白いです。あと、堀江貴文氏が結構活字が苦手な方に読んでもらいたいということを意識しているおかげか、かなり表現としてはわかりやすいですね。それゆえに、読みやすくて面白いですね。

 

あと、1ヶ月半程でこの自転車ともオサラバするのに、またもやパンクしてしまうとは本当にやるせなくなりましたね。とりあえずは、来週の日曜日に自転車を使う機会がありますので、その時に修理してもらいます。恐らく、1000円はいかないでしょう。背に腹は代えられないですね。

さらに、言えば仕事終わって、筋トレしにジムに行って、帰りにスーパーで惣菜を買って、晩飯にするっていうのが、筋トレ日のルーティンであるんですが、スーパーに行くと見事に惣菜が全て売り切れていましたね。タイムセールを狙って行ったのに、まさかの売り切れ…。踏んだり蹴ったりかと思ってしまいました。こういう日もあるんですね。まぁ、いい時もあれば、悪い時もある。そんな感じで世の中流転しているんだなと変に達観視しちゃいましたね。それで、結局晩御飯はレトルトのカレーを買ってきて、チーズを乗っけて食べました。

f:id:A28_K:20170216215431j:plain

f:id:A28_K:20170216215451j:plain

正直、レトルトのカレーがどんなに辛く味付けをしようと所詮はレトルトとたかをくぐっていました。でも、違いましたね。本当に辛かったです。名古屋の味仙の台湾ラーメンと言い、北海道の激辛スープカレーと言い、歴戦の強者どもを食い荒らしてきた私でも、涙なしでは食べれられないくらい辛かったです。意外でした。まさかのワンツーパンチを食らった感じですね。参った参った。でも、それくらい辛い方がちょうど良いんですよね。それを聞くと、ドMかと思われるかもしれませんが、そういう一面もあるとだけ言っておきましょうか。ちなみに、どちらかと言うと私はSよりだとは思うのですが。あと、涙を流すと妙にスッキリした気持ちになるっていうのもわかりました。どっかのネット記事でそういった内容を見たことはあったのですが、本当だったのですね。しかも、それがドラマや映画で感動した涙だけでなく、辛さによる涙も効果があるとは驚きですね。(体験談)

 

どんな動機であれ、涙を流すっていうのは案外大事なことかもしれませんね。