あつなりのそれでもブログを書いている

※カナダはトロントにてワーキングホリデー中でございます。参考にして頂けると幸いです。

海外旅行保険

を予約しました。ついさっき。やはり、ワーキングホリデーとなると、海外に行くということもあって、それなりのリスクが伴うものでありまして。僕も出来れば、余計な費用は使いたくないとは考えていたのですが、背に腹は代えられないですね。というのも、カナダにワーキングホリデーで入国する際に確認されるらしいんですよ、海外旅行保険に加入しているかどうかを。それで、もし、契約期間が半年間とかなると、半年しか滞在許可がおりないらしいのです。えらいこっちゃなわけですよ。そういうわけでワーキングホリデーで滞在する際は、海外旅行保険の加入がマストなわけになるんですね。クレジットカードに加入している海外保険やら何やらでは不十分なんですかっていう人がいるかもしれませんが。不十分らしいです、ハイ。というのも、滞在するのに必要になる保険に加入しているかどうかが重要なわけなんですよね。恐らく、傷害保険とか損壊保険とかその辺りだと思いますが。一般的なクレジットカードで保障されている保険では不十分なことは間違いないんですよ。

ただ、一応ワーキングホリデー協会から勧められている保険があったのですが。具体的に言うと、AIU保険なんですが。値段設計にどうも違和感がありまして。一年間で安いプランで25万程なんですが、保障されている金額がそれぞれの項目が高い気がするんですよね。正直、傷害保険の保障で無制限とか。死亡保険に何千万とか。そこまでの保障金額が必要ですかっていう話ですよ。捻挫で何百万もかかるとは考えられないですし、死亡保険なんて、いくら高くても得するのは家族だけであって、僕には何ら利益にならないんですよね。そりゃ、結婚して、奥さんや子供がいれば、死亡保険にもそれなりの金額を掛けようかと思いますが、独身なんでね。そういうところで変に金を掛ける気にはならないですね。あと、もしかしたら、AIU保険と提携している可能性さえ有り得ますね。そうなると、値段を変に上乗せされているような気がしてならないですね。その場で加入する気にはならず、結局、さっきネットで検索してベストな保険を探してみたわけですよ。その結果、東京海上日動海外旅行保険に加入することにしました。オプションも色々選べまして、保障金額が安くなっていいので、できる限り保険金額が安いようにプラン設計をしました。結果、約18万円くらいで済みました。AIU保険と比較して、7万円も差が出ましたね。この7万円も海外に行って、バイト生活で生計を立てる身としては貴重だと思うんですよね。だから、削れるところはできるだけ削りたい。それが人情ってもんでしょう(?)

というわけで、海外旅行保険東京海上日動を選びました。やはり、相手のことを鵜呑みにせず、色々自分で考えて、行動すべきですね。こう書いてしまうと、ひねくれた生き方をしてますねって言われるかもしれないですけど、それくらい用心するに越したことはないと思うんですよね。生きていく中で、変に金額をふっかけらたりして、知らず知らずの間に損をしてしまう。そういうのはなるべく避けたいんですよね。この生き方は今後も変わらないんじゃないかと思います。

 

ちなみに、さっき近くの銭湯に行ってきました、スーパー銭湯ではなく。というのも、家にはシャワーしかなく、冬場は辛いんですよね。しかも、シャワーだとどうしてもキレイに洗いきれない箇所がありまして。どこかというと、ここですね。

f:id:A28_K:20170218195838j:plain

かかとの上らへんです。ここってよく垢が溜るんですよね。そんなわけあらへんやんって思われる方、一度確認した方がいいですよ。もしかしたら、真っ黒かもしれませんよ。それで、この箇所が立ちながらだと、洗いにくいんですよね。まぁ、基本足全体が洗いにくいんですが、特にこの箇所は垢が溜まってしまうところですので、キレイにしたい。そういった理由から銭湯に行ったわけですよ。

銭湯に行ったら行ったで、生憎(?)、おっちゃん、おじいちゃんしか居てませんでしたが、僕は湯船で足が伸ばせてたのと、サウナを満喫できたので、満足でしたね。ちなみに、街の銭湯で男湯と女湯の仕切りが中途半端な感じになってまして、女湯からの会話がよく聞こえるんですよね。…。生憎、おばちゃんの会話ばっかりでしたが。でも、おばちゃんらが銭湯という場で井戸端会議なるものをしているとなると、銭湯が一つのコミュニケーションの場になっているように思えますね。そう考えたら、スーパー銭湯が台頭してきて、街の銭湯が淘汰されていると思いきや、まだまだ銭湯にも存在価値があると言えそうですね。そういう場で老若男女含めて、人を呼び込めれば面白いことができるんじゃないかと個人的には思います。

そして、風呂上りに近所のスーパーでこれを飲みました。

f:id:A28_K:20170218200544j:plain

ドラフト・ワンですね。

ただ、周りに話を聞いても、あまり飲んでいる方の話を聞いたことがないですね。市場に出回っていないこともあるかもしれませんね。それで、飲んでみた感想。発泡酒ならではの味と言いますか、ビールとは程遠い味がしましたね。なんというか、変にさっぱりしているんですよね。極端に言うと、少しフルーティーな味わいですね。だから、恐らく好みが別れるんじゃないかなと思います。

 

さて、明日は晩にバスケした後にメンバーのプチ送別会があるので、今日はブログを書いた後はのんびりと過ごしますか。具体的には、Netflixでアニメを見ながら、ゲームをします。