読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あつなりのゆめにっき

※タイトルと本文には何ら関係性はございませんので、ご理解の程、よろしくお願いします。

憂鬱な一週間

が明日から始まりますが、それでもブログを書くというヤツです。そういった心情や思っていることも記録しておくことが大事だと思いまして。

何が憂鬱かというと仕事のことです、もちろんのこと。仕事の何が憂鬱やねんっていうと、僕の中では十中八九うまくいかない仕事をしなくてはならないということです。この仕事で具体的な内容までは踏み込みませんが、とにかく周りの協力を求めないといけない仕事でありまして。その協力がうまくいっていないことが前日になってわかって、妙に不安になっているわけですよ。随分前からこちらとしては念頭にやっていたつもりなんですが、どうにも伝わっていないというか…。そのせいで、妙に不安に駆られている次第なんですよ。まぁ、ちなみに一週間と書いているのは、明日だけが正念場というかうまくいきそうにない仕事をするわけではなく、一週間を通してなんですよね。だから、明日からの一週間は色々覚悟しているわけですよ。ちなみに、土曜日も出勤日なんで出勤せんといかんですし。心が休まることはないんじゃないかなって覚悟はしております。

憂鬱言うと、僕の中では、マキシマム・ザ・ホルモンの「鬱くしき人々のうた」を思い浮かべますね。一応、歌詞だけは載しておきましょうかね。…と思いきや、歌詞情報のコピーは禁止されておりますので、歌詞は載せれないですね。一応、気になるところだけ言っておくと、「0.5生懸命」っていう歌詞があるんですけど、本当にそんな気持ちで頑張りたいですね。何が言いたいかと言いますと、とにかく逃げないことですね。大事MANブラザーズバンドではないですが、一生懸命でなくてもいいんで、うまくいかないなり、怒られるなりされたとしても、とにかく会社には行って、義務は果たすと。そんな気持ちでやっていきたいですね。あと、それ以外にも最後の部分も好きですね。

 

「ボク死にたがりで生きたがりです。」

 

正直、生きていく中でマジで明日嫌やわって思うことって誰しもあると思うんですよ。そういうことを思うたびに逃げ出したいなぁとか最悪、死にたいわって思うことってあると思うんですよ。ない人はどれだけ人生がバラ色で今までも苦労したことがなくて、幸せな人生を歩んでいる人だとは思うのですが、そんな人まずいないでしょう。大概の人は、死にたいな、逃げ出したいなという気持ちと戦いながら生きているわけですよ。ただ、しょっちゅう思っていたら本当に逃げ出したらいいと思います。但し、自殺するのは絶対にダメですね。とにかく逃げてでもいいから生き延びる。生きていれば、ワンチャンスあるはずですから。まず、どんな形であれ生きることが大事だというのは僕の持論です。話を戻しまして、そういうことが僕の頭の中にあるからこそ、こういう歌詞が妙に響くんですよね。というか、この歌の歌詞全体が今の日本人の心境を吐露しているような歌詞ですので、興味のある方はレンタルはしておりませんので、何かしらの手段で購入してみてはいかがかなと思います。僕個人としては、妙に親近感が湧きましたね。それだけ病んでいるんじゃないんですかと言われたらそれまでですが。

 

あと、今、明日の憂鬱さを紛らわすために酒を飲んでいます。こいつを酒の肴にして。

f:id:A28_K:20170226200100j:plain

TANEBITSですね。確か、蒸しチーズ味だったような。

亀田製菓から出たもので、職場の方からもらったのですが、とにかくビールに合いますね。元々、柿の種はビールのつまみとしては良かったのですが、これもすごく合いますね。正しく、大人の柿の種ですね。これで、缶ビール一本は固いですね。

あと、さらに憂鬱さを紛らわせるべくこちらもつまみにしてアルコールを飲みましたね。

f:id:A28_K:20170226200442j:plain

うまい棒ですね。めんたい味とコーンポタージュ味とやさいサラダ味。

これも、アルコールと本当に合うんですよね。というか、駄菓子系って基本的にビールと合うものが多いように思えます。一度、昔を懐かしむべくこういったものを肴にしてお酒を嗜むのもいいのではないかと思います。

 

さて、いい具合に憂鬱さを紛らわせれたところで、明日はとりあえず僕なりに頑張ってみようかと思います。結局は、「成るようにしか成らない。」。そんなもんですから。