読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あつなりのそれでもブログを書いている

※カナダはトロントにてワーキングホリデー中でございます。参考にして頂けると幸いです。

途方に暮れる

感じになりましたね、今日は。なぜかというと、退職願を出すタイミングを逸したからですね。僕は、来月末に会社を辞めるつもりでおりますし、上司にもそのことは言っておりますし、部署内でもなんとなくそういう話は聞いているはずです。なのにである。何故に、僕が会社を辞めない前提で話を進めようとするのか。意味がわからない。あたかも、4月以降も普通に働く体で話を進めている。周りがそのような前提で仕事をされると、辞めるこっち側としては非常にやり辛い。第一僕は、すでに4月14日発の便で日本を去る予定ですし。物理的に考えても4月以降に働くのは無理である。ただ、そのことはまだ伝えてはいないのですが、いずれにしても4月中に海外に行くっていうことは上司には伝えているはずである。しかも、約1年前くらいからである。本当は、昨年の7月に辞めるつもりだったんですよね。会社で丁度、早期退職を募っていた時期もあって、便乗して辞めれたら、何のわだかまりもなく辞めれるかと思っていました。しかし、結局はその時の上司の頑なな説得により、来月末まで辞める時期を延長するに至ったわけですよ。まぁ、こちらとしては、職場の雰囲気が嫌だとか、待遇が嫌だとかそういうことは一切ありませんでしたので、そこまで言われるならという気持ちで退職時期を引き伸ばしたわけであります。

とは言え、リミットは迫っているわけであります。なぜかと言うと、ビザの関係です。僕がワーキングホリデービザを取得したのは、5月2日です。ビザの規定によりまして、取得日から一年以内に出国しないと、ビザが無効になってしまうんですよね。だから、3月末に辞めて、出国までの2週間の間で国内の海外への転居届等の諸々の手続きを済まそうと思っていたんですよね。だから、3月末に辞められなければ、非常に困るんですよ。なのに、周りがそういう風に全然僕を扱っていないので、途方に暮れてしまうといったわけでありますよ。

 

なんだか、妙に疲れてしまいました。帰る途中も色々な思いが込み上がって若干涙目になっていましたし。とにもかくにも、明日にでも退職願を出して、こちら側の意図を会社に伝えないとズルズルいってしまいそうで怖いです。自業自得と言えば、それまでですが…。どちらにせよ、早く伝えないと双方にとっても良くないと思うのです。

ですので、明日、退職願を出そうかと思います。一応、作ってはいまして、今、会社の机の中に眠っているんですよね。これぞ、会心の一撃じゃい‼︎っていう形で突きつけるようなことにはならないんでしょうね。色々退職時期を伸ばしてくれないかなんだので修羅場を迎えそうで怖いです。だからこそ、タイミングが大事なんだと個人的には思っておりまして、そのせいで、ここまでズルズルきてしまった感はあるんですよね。あとは、周りの空気が何事もないように流れている感じも提出するタイミングを逸した原因ですね。まぁ、明日、退職願を出せば、大きく事は動くことには間違いないでしょう。