読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あつなりのゆめにっき

※タイトルと本文には何ら関係性はございませんので、ご理解の程、よろしくお願いします。

岩崎塾

っていうところに行きまして、ホルモンを食べました。場所は心斎橋ですね。なぜ、ホルモンを食べに行ったかというと、無性に食べたくなった、ただそれだけではないのですが。他には、単に今週一週間を自分なりに労いたかった。そういう意味合いでホルモンを食べに行きました。

ひとりで泣

正に、おひとり様ですね。僕は、基本的には友達が少なくて、買い物をするにしろ何をするにしろひとりですることが多いです。なぜかというと、変に気を使うのが面倒臭いからです。仕事であんなに対人関係を気にして、気を使って、精神面を切り減らしているのに、なぜに、プライベートでも更に気を張り巡らさないといけないのか。そういうのは、僕はちょっと耐えきれないと言いますか。もちろん、誘われれば、飲み行くなり、遊びに行くなりをするのですが、それも、僕のニーズに合致するかどうかにかかっていますね。本当にそういう気分じゃないと思ったら、本当にしないのが僕ですから。だから、人付き合いは良くないです。社会人になりたての頃は、それでいいのか悩んだりもしたことがあったのですが、今となってはどうでもいいですね。なんというか、それくらいサバサバしているのが自分と言うか、もうそれは変える余地ないというか。一種の防衛策みたいなもんですよ、自分のメンタルに対する。逆に言えば、誘われれば、断りもせずに誘いに乗るような俗に言うノリがいい人って凄いなって思ってしまいます。だって、誘いに乗るっていうことはそれだけ自分の時間を奪われているということですよ。まぁ、特に何もやることないねんっていう人であれば、それでいいのかもしれませんが。もしくは、極端な寂しがり屋とかであれば。ただ、そうでなければ、そこまでして自分の時間を奪われることに対して、躊躇いとか起こらないのかなって思ったりもします。もしかしたら、僕が自己中心的で基本的に周りのことに関して怠惰なだけかもしれませんが。

 

話を戻して、ちなみに今日は出勤日でした。土曜日ですけど。入社した当初は、そこそこの大学を出たのに土曜日出勤なんて、なんて惨めなんだと思ったりもしていましたが、今となっては何とも思わなくなりましたね、不思議と。所詮は、負けて元々の人生であって、これくらいの扱いは当たり前なのだと高を括ったからかもしれませんが。それで、土曜日に出勤となると、することがあまりないんですよね。他の会社が休みだから。それで、何をしてたのかというと、僕の業務の引き継ぎの資料を纏めていました。引き継ぎをしやすくするため、僕の業務を洗い出していたわけですよ。それで、洗い出してみて、思ったわけですよ。

誰でもできる仕事ばっかりやっていたんだなって。

僕の今やっている仕事は大概が誰かの仕事を引き継いでやっているものなんだなって、洗い出して改めて思いましたね。逆に言えば、僕がいなくなっても誰かがやってくれる仕事ばかりなんですよ。率直に言えば、僕の直属の上司がほとんど把握しているような仕事ばかり。それが、僕の業務でしたね。それって、妙に虚しいことだなってふと思いまして。なぜなら、僕の存在価値って、周りが退職時期を先延ばしにしたい程の価値ってないんだなと思いまして。恐らくは、周りが退職の時期を先延ばしにさせたい理由は単に人出不足で困ると言った、その程度のもんなのかなって。そう考えると、本当に今まで5年弱何をしてきたんだろうかとふと思ったりもしましたね。でも、それが現実なんですよね。結局、誰かいなくなっても、誰かがいなくなった人の代わりを務めることになる。そして、大概はそいつがいなくなっても組織は上手くまわっていく。組織ってそんなもんなんだなと思います。だからこそ、思い切って会社という組織を抜けるという選択もできますし、存在価値がないからこそ自分の存在価値を高めるべく組織を抜け出すという決断をしたわけです。とは言ってみたものの、それも辞める理由ではあるのですが、一番の理由は「自分」ですね。どういうことかと言いますと、「自分」というものを保ちたい。そういう厨二的な理由で辞めるわけですよ。この先、ずっと同じ会社に留まり続ける人生が果たして、自分らしいのかと言えば、絶対に違うわけですよ。ましてや、本音を言えば、出勤したくない土曜日とか祝日に出勤してまで、会社に貢献をする。そんな人生で良いものか。ましてや、組織にぶら下がっているだけで、自己成長に繋がっていない、命を繋ぐための毎日を過ごしていて、果たしてよろしいのか。否、よろしくないと思ったからこそ辞める決断をして、海外で職を探して、働いてみたいと思ったわけですよ。誰かの後ろ盾もなく、自分の力で。この「自分の力」でっていうところが僕としては大切にしたいところでありまして。と言うのも、単に海外に行って、留学するなり、働きたいのであれば、会社の制度や金を使えば、いくらでも行ける可能性があるわけですよ。なのに、なぜそうしないのかと。一つは、それだけ会社に依存してしまうことを避けたいというのがまず一つ。もう一つはリスクをあえて背負ったほうが自分の成長に繋がるのではないか。これが、一番の理由ですね。あとは、後ろ盾を利用して、留学なりするのはどこかダサいというのも理由にありますが、一番は自己成長でありその延長線上にある自己実現ですね。そこに尽きます。もちろんのこと、そうなるとかなりのリスクが伴う行為だなと重々承知であります。何を持って、「負け」と定義するかは人それぞれですが、やはり、「勝つにしろ、負けるにしろ、赤木しげるとして、勝ち負けたいのだ。」。こういう考えは大事にしたいですし、絶対に譲りたくはないですね。まぁ、矜持ってヤツですわ。端的に言えば。

 

長々となりましたが、タイトルに書いてある通り、労う意味も込めて、岩崎塾に行って、大好きなホルモンを食べに行きました。こんな感じです。

https://www.instagram.com/p/BRNrODKhJbX/

一人焼肉…。ホルモンが食べたかったんです。#大阪#おひとりさま #焼肉#岩崎屋

インスタグラムにも載せましたが、こんな感じですね。ちなみに、僕のユーザー名は「A28_Kaw」です。良ければ、検索してみてください。

それで、写真に載っているホルモンですが、500グラムなんですけど、なんと値段が1000円なんですよ。安くないですか。しかも、ホルモンが色々入っていて、色々な味を楽しめる。すごくお得だと思うんですよ。結局、僕は500グラムでは足りず、おかわりを頼んで、計1kgのホルモンを食しましたね。ごちそうさまです。ちなみに、写真に載せてある以外に、ビール一杯と大根キムチを頼んでも、3000円くらいでした。正直、かなり安いと思います。心斎橋を訪れる際は是非とも来てみてはどうでしょうか。

 

あと、ほろ酔い気分で酔い冷ましに心斎橋を散歩しました。

https://www.instagram.com/p/BRNzAObBVIq/

やっぱり、好きやわ、大阪#大阪#夜景

夜景が綺麗ですね。僕のiPhone7のおかげでより一層際立たせていますね。今日、ふと仕事中に関西弁を聞いてて、海外に行ってから、こういうコテコテの関西弁が聞けなくなると思うと、かなり後ろ髪を引かれる思いになりましたね。やっぱり、関西が一番好きなんですわ、なんやかんやで。