読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あつなりのゆめにっき

※タイトルと本文には何ら関係性はございませんので、ご理解の程、よろしくお願いします。

再び、バッシュを買いに

行きました、DOPE HOOPまで。DOPE HOOPについては、過去の記事でお願いします。

 

a28-k.hatenablog.com

 というか、バッシュって一足で十分ちゃいまんの?って思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、否!違いますね。バスケットはファッションでもありますので、足元やウェアにこだわってもいいんじゃないかと思いますし、僕はそうしてます。だから、バスケのウェアとかバッシュとか、普段着までもバスケ好きの人が見れば、テンションが上がるようなものばかり着ていますね。なんというか、私生活やファッションとかそういうプレー以外の面でもバスケ好きであることを体現していると言いますか。そんな感じです。

ただ、バッシュの数ですが、知り合いとかですと、50足くらい持っているとかいう人の話を聞いたりするのですが、僕の場合は、3足ですね。3足をローテーションして履き回していますね。まぁ、3つ揃えば、文殊の知恵とか(だっけ?)、2度あることは3度あるとか、3度目の正直とか、何かと3っていう数字はキリのいい数字だと思うのです。なんと言いますか、もっとも効率良く物事を回していけるような数字と言いますか。個人的には、そういう考えがあって、バッシュにしても1足だとすぐに壊れてしまいますし、4足以上だと、持っているバッシュに対する愛着が薄れてしまうと思うんですよね。だから、3足なんですね。ちなみに、最近の断捨離的とかミニマリストの方々の本を読んでみても、服のローテーションは基本的に3着っていう数を勧めていたような気がします。ジャケットとかインナーとかそういう類のものですね。3という数が、物持ちが良くかつ物で溢れ返らない適切な数なのでしょう。僕もそんな気がしますね。とは言え、僕の私物を眺めると、普段靴は5足あったりとかするんですがね。でも、上着とかインナーにしろ5着以上持っている服っていうのはないですね。やはり、物が溢れ返ってしまうと収納も面倒臭いですし、着ない服を置いておくのは、インテリアでもない限り無駄としか思わないからだと思います。だから、本当にこだわりのあるものを少数で持つ。これが、一番なように思えます。

さて、話が逸れましたが、今日買ったバッシュがこれです。

https://www.instagram.com/p/BRf-e4dB4qN/

バッシュを買いました。#penny2 #basketball

ペニー2ですね。90年代に活躍したペニー・ハーダウェイのシグネチャーモデルですね。ちなみに、DOPE HOOPの店長さんもペニー・ハーダウェイが大好きなようです。このペニー2ですが、あひるの空に出てくる上木鷹山っていうキャラクターもこのバッシュを履いていますね。確か、作中では、「かなり古いバッシュ履いてるね。」ってチームメイトから言われているシーンがあったと思います。上木鷹山っていうキャラが好きだから、このバッシュにしたんですか?って思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、断じて違いますね。理由は、前に履いていた黒バッシュがエア・フライトワンっていうバッシュでペニー・ハーダウェイの準シグネチャーだったから、ペニー・ハーダウェイ繋がりということで買いました。

f:id:A28_K:20170311230217j:plain

エア・フライトワンですね。

ちなみに、このバッシュはかの黒いキリストことマイケル・ジョーダンも試合で履いていたとされるかなり由緒正しいバッシュなんですよね。正直、今回ジョーダンブランドのバッシュも買おうかとも考えたのですが、バスケでプレーするにあたって、ジョーダンブランドを履くのは恐れ多いので断念しました。あひるの空のトビこと夏目健二君も「このバッシュ(確か、エア・ジョーダン13)を履いて、生半可なプレーは許されん。」と言ってましたしね。シュートを打っても、エアボールが多い僕なんかが履くにはもったいなさ過ぎますね。プレーする度に、心の中でマイケル・ジョーダンに謝っていそうな気がします。あと、ジョーダンが履いていたって言ってましたが、ジョーダンはこのバッシュを履くときにシュータンの部分を切ってプレーしていたと言われています。こんな感じです。

f:id:A28_K:20170311230835j:plain

これが所謂「ジョーダン履き」ってヤツです。シュータンを見事に切っています。ちなみに、シュータンの部分はペニーのロゴが描かれていました。ジョーダンが気に入らず、切ってしまうのもなんとなくわかりますね。やはり、超一流プレイヤーのプライドがそうさせたのでしょう。このバッシュなんですが、今日店長さんに話を聞くまで、知らなかったのですが、結構壊れやすい作りをしていたみたいです。持ってみたら、わかるのですが、昔のバッシュにしてはすごく軽いんですよね。それで、心なしか生地もどこか薄い仕様になっているらしく、軽量化故に壊れやすいモデルだったみたいです。だから、このバッシュを3足のローテーションで履いたとは言え、3年持ったのは中々持った方だと思います。ちなみに、僕のバスケをする頻度は週3〜5って考えて頂いたら宜しいです。学生時代みたく常に激しくプレーしていたわけではないですので、あくまで参考で。

3足ローテーションで履いてましたと言いましたが、その内の一足がこれですね。このバッシュが壊れたから、新たに白バッシュを買いに行ったわけですね。

f:id:A28_K:20170311231701j:plain

カミカゼミッド2ですね。

このバッシュも復刻版でかなり古いです。元々は、ショーン・ケンプっていう90年代中頃に全盛期を迎えていたプレイヤーのシグネチャーモデルですね。買った理由は、当時、アイザイア・トーマスっていう今はセルティックスで活躍しているプレイヤーが履いていたからです。アイザイア・トーマスっていうプレイヤーは今でこそ得点争いに絡むくらい活躍していますが、僕はキングスでのデビュー当初からずっと好きでした。だから、そんな好きな選手が履いていたバッシュということもあって、かなり気に入っていたのですが、まさか3年で壊れるとは…。でも、待てよ。さっきのフライトワンにしろ3年持ったというのはむしろ普通なんじゃないのでしょうか。普通に1足でさっき言ってたような頻度でプレーをしていれば、もしかしら半年も持たなかったかもしれない。そう考えると、好きなバッシュを3年という長い時間を履けたのは良かったかなと思えてきましたね。

 

かなり長々となりましたが、前回買ったGEL-SPOTLYTEと今日買ったペニー2を持って、カナダでプレーしようかと思います。3足ちゃうんかい?って思う方がいらっしゃるかもしれませんが、持っていける荷物の関係上2足が限界です。ただでさえ、荷物が多いですから。

 

ともあれ、やっぱりバッシュを買うってなると、心なしがワクワクドキドキしますよね。RPGで言う自分の武器を探すような感覚。そんな感覚ですね。