読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あつなりのそれでもブログを書いている

※カナダはトロントにてワーキングホリデー中でございます。参考にして頂けると幸いです。

がらんどう

になったアパートでボッーとする。

親の手伝いもあってか、荷造りは順調に終わり、今、部屋にあるのは無職ニートの体たらくのみとなった。

ある意味旅立ちの朝ともいうべき状況であるが、清々しい気持ちはあまりなく、何だか得てしてよくわからない余韻というものが僕の中を渦巻いている。

新たなスタートの繋ぎで、空白の時間というものが妙な気持ち悪い。そりゃ、そうだ。働いていた時は、あまり有給も取らず、祝日も出勤して働いていたわけだから。

働いていない状態というのが妙に気持ち悪い。今日も、惰性なのか朝4時半に目が覚めた。昨日寝たのが、11時くらいだから、大体5時間くらいか。何だかこの睡眠時間が体に染み付いていて離れないようだ。眠っている脳とは裏腹に。そして、二度寝を試みようと思ったのだが、一度目を覚まして、スマホを握ってしまってはもう寝られない。結局、そのまま仕事をするかのごとく荷造りを始めた。

あーと言ってみる。昨日以上に声が響く。その反響が妙に気持ち悪く、自分の中に跳ね返ってくる。昨日もブログで書いたが、決して快適ではなかったここでの暮らしもいつの間にか愛着のあるものになってしまったと改めて思う。

そういえば、自転車とデスクの椅子は粗大ゴミ扱いだとアパートに立ち入っている業者さんから注意を受けた。てっきり、ゴミ回収部屋なるものに粗大ゴミがわんさか置いてあるのを散々見てきたので、粗大ゴミは業者が回収してくれるものだと思いきや、そうではなかった。ちなみに、使っていたデスクは実家に持って帰って、兄の部屋に置くと言って、親が持って帰った。あんな安物のデスクを再利用するなんて、うちの親はそのあたりが関西人なのか、みみっちいというか、利用できるものは利用できるというか、そのあたりのスタンスはブレないなと感心してしまった。自転車と椅子の回収については、後日ここに来て立ち会わないといけないことを覚悟しておいた方が良さそうである。

さぁ、管理人さんが来るのも、残り10分くらいとなった。立会いが終わった時点で、この部屋の住人は僕ではなくなる。そのことに対して、今更ながら少し寂しい気持ちになる。5年も住んでいたらそういう気持ちになるのが人の情というものか。

あと、10分。色々な余韻に浸りながら過ごそうかと思う。

f:id:A28_K:20170404104919j:imagef:id:A28_K:20170404104928j:imagef:id:A28_K:20170404104937j:imagef:id:A28_K:20170404104942j:imagef:id:A28_K:20170404104945j:imagef:id:A28_K:20170404104949j:imagef:id:A28_K:20170404104952j:imagef:id:A28_K:20170404104959j:imagef:id:A28_K:20170404105007j:image