読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あつなりのそれでもブログを書いている

※カナダはトロントにてワーキングホリデー中でございます。参考にして頂けると幸いです。

風邪

を引いたようだ。体温計で計ってないから本当に引いたのかどうかは確認していない。でも、この気だるさといい、最近の寒暖の差の激しさといい、風邪を引いてしまう要素は出揃っているような気がする。だから、風邪を引いたと勝手に判断させて頂く。どんだけネガティブな方向に決めつけているのだろうか。

で、寒暖の差が激しいと言った話をしたが、昨日と今日で最高気温が25度くらいであった。25度となると、日本では暖かいを通り越して暑いと思う方も多いのではないかと思う。確かに、昼間はすごく暖かく、湿気がないとは言え、少し暑く感じるくらいである。しかし、朝方はどうか。すごくひんやりしているのである。と言うのも、そのはずである。最低気温が12度くらいだからだ。つまり、1日単位で見ても、寒暖の差がすごく激しいのである。ちなみに、一昨日までは最高気温が15度くらいだったから、急に暑くなってしまったワケであって、これだと体の中の体温調節機能が狂わされても無理はない話である。

それで、昨日、今日と暖かかったでしょう。となると、長袖及びパーカーだと絶対暑くなるとわかっていたワケである。僕のアップルウォッチも昨日、今日は暑くなりますよときちんと表記していたし。ところがである。うちの学校内の空調がトチ狂っているせいかわからないが、室内がかなり寒く感じた。というか、この気温で変に空調効かせる必要があったのかが、そもそもの疑問である。室内に入って、カーディガンとか上着を着ている人が続出している中で、貴重な電気エネルギーを使って、空調を回す必要性がどこにあると言うのか。しかも、それが数日続いていたワケである。思えば、暑くなる前から空調が効いていたような気がする。

確かに、カナダ人って外気の寒さの割には、半袖とか短パンとか涼しい格好を好む人が妙に多い。それは、老若男女関係なくである。私、冷え症なんですよっていう女子とか関係なしである。女子でも半袖、短パンである。日本の小学校か⁉︎と思わせる程である。どうでもいい話だが、僕の小学校は制服が義務付けられており、冬でも男子は短パン、女子はスカートが義務付けられていた。女子はオシャレとかそういう関係で良くても、男子はアカンやろと今更ながら思う。今、どうなったか定かではないが、僕の住んでいる教育委員会で事変が起こらない限り、僕の小学生時代のままなんじゃないかと思う。

話を戻して、でも、カナダ人の半袖、短パンって白人や黒人に限った話でしょと思われる読者がいらっしゃるかもしれない。でも、実はそうではない。アジア系のカナダ人も例外なく、半袖、短パンを着ているのである。これは、もはや文化的な影響力が成せるワザであるとしか思えない。とは言え、一冬越えると、体温調整機能が作用し、夏場でも多少の気温の低さでも暑く感じるようになるのかもしれない。これは、もはや一冬越えてからのお楽しみと言うべきなのだろうか。楽しみにするものでもないとは思うが。

あと、季節的な話をもう一つ。僕の学校では放課後や休みの日にイベントをやっていることが多いのだが、その中のイベントで、Spring Partyなるもののイベントが近々行われる。何が言いたいかというと、ようやく春なんですよねっていう話である。思えば、先月末に桜を観に行った時も8分咲きだったし、春の到来がとにかく遅い。涼しいから当然と言えば、当然なのだが。そのくせ、夏に向けたイベントごとは、夏の到来を待ち遠しいからかどうかは定かではないが、前倒しで行われていることが多い気がする。例えば、スターバックスのフラペチーノの半額キャンペーンがそれである。5月4日くらいから14日くらいまでスタバのフラペチーノが半額になるというサービスである。これは、日本では行われていた話を聞いたことがなかったので、カナダ独特のものではないかと思う。でも、そのおかげで大好きなスタバを満喫できて良かった。

https://www.instagram.com/p/BT9uP1yhk6E/

毎日フラペチーノ。#starbucks #canada #toronto

https://www.instagram.com/p/BT7JWHbjELo/

S'MOREカナダでは新作らしいが日本ではどうでしょうか。ちなみに、これで日本円にして、300円。5月14日まで15時から18時までの間はフラペチーノ類が半額とのこと。日本でもすればいいのに。#toronto #canada #starbucks

ちなみに、カナダでは物価が高いという話を何度もしているが、スタバとかのグローバル企業はあまり物価の影響を受けていないように僕は思う。その辺で中途半端なクオリティのタピオカティーをチップ付で飲むよりは、スタバのフラペチーノを買った方が断然安いのである。でも、一番安いのはレペゼンカナダのTim Horstonのフラペチーノである。ただ、甘さは少し暴力的なところがある。

風邪なのか疲れなのかよくわからないが、さっき水分を多く取って、昼寝をしたら大分とマシになった気がする。火曜日のバスケでイージーシュートが全く入らないといった散々な日も、風邪や疲れのせいにしとこう。体調管理は大事という話と、カナダ人に張り合って、無理に半袖を着てもロクなことがないということを身を以て感じたのであった。