あつなりのそれでもブログを書いている

※カナダはトロントにてワーキングホリデー中でございます。参考にして頂けると幸いです。

最後の晩餐

と書いてしまっては変な話だが、何のことかと言うと、あと、2時間ほどでホームステイ先を出て行くのだ。

それで、昨日は、身支度とか諸々をしていて、自分の中の身辺整理をしていた。思えば、ここ数ヶ月で身辺整理をするのは、早くも3回目になる。1回目は会社を辞める時、2回目はトロントに来る時、3回目がホームステイ先を出て行く今である。とは言え、今の身辺整理は簡単なもので、自分の身の回りのものをバッグに片っ端から詰め込んでいくという簡単なお仕事である。

昨日は昨日でその身辺整理と言うには大げさな作業をしていたわけなのだが、かなり疲れていた。金曜日は学校の授業が午前中で終わることもあって、午後1時くらいには自宅に帰っていたのだが、そこから昼寝をした。泥のように眠るというわけではないが、何と4時間くらい寝てしまった。本当は身辺整理を終えて、バスケをしに行く予定だったのだが、いつも一緒に行っているチームメイトが胃腸炎でダウンしてしまったため、急遽予定を変更して、家でまったりするという甘えに出たのである。身辺整理とは言え、ものの1時間くらいで終わる作業だったので、終わった後、バスケをしに行ってもよかったのだが、前述した通り4時間も昼寝をしてしまったのである。単純な話、寝坊である。一気に行く気が失せたので、結局、そのまま身辺整理を終えた後は、怠惰に過ごした。

怠惰に過ごしたとは言え、本当に疲れていたのか、就寝したのは夜9時である。そして、起きたのが朝の6時だから累計約13時間くらい寝たことになる。1日の半分を睡眠に費やすという人生を無駄にした1日だったと我ながら思う。それくらい疲れていたと言えば、それまでではある。

ちなみに、ここトロントもようやく夏が来たという感じで気温がかなり上がってきた。昨日でも最高気温が26度くらいで北海道の夏くらいの気温にはなってたのである。明日は30度を超えるというからこの温度の急上昇に驚きを隠せない。と言うか、春はどこに行ったんだ⁉︎一応、花見とかはしたけど、気温からしてどう考えても春ではなかった。あの、ぽかぽかした陽気に包まれた春という季節はどこに行ったのだろうか。知らない間に通り過ぎてしまったようである。そのおかげで、気温の急上昇に対応しきれず、風邪を引いてしまう始末である。

タイトルにある通り、晩餐の話をする。晩餐と言っても、普段作ってもらっているものとは何ら変わらなかった。特別ケーキが用意されているとか、ステーキが出されているとか、使われている肉が日本産とかそんなことは間違ってもなかった。あくまで、ホームステイ先としてはビジネスなのである。

f:id:A28_K:20170610200519j:plain

サラダとビーフン炒めとフィリピンソーセージとタイ米である。サラダについては、僕はホームステイ先に兼ねてから、野菜が好きだということを伝えていたので、晩御飯の際には毎回出てきていた。ただ、生野菜にドレッシングという非常にシンプルなのものである。生のにんじんにドレッシングは中々に芯の硬さもあって、食べるには結構キツかった。あと、ビーフン炒めはホームファミリー曰くは、中華料理とのこと。だから、中華風に炒めたと言った方が正しいのかもしれない。これは、結構な頻度で出てきており、恐らく得意料理の内の一つなのだろう。味は美味しかった。味付けが濃いのではと思われる方がいらっしゃるかもしれないが、そんなことは全くなかった。そして、フィリピンソーセージである。普通のソーセージと違って、甘みがキツかった。が、不味くもなく美味しくもなくって感じだった。恐らくであるが、ルームシェアを始めてからは、この手の加工食品にお世話になることだろう。なぜなら、調理が簡単だからである。

日本から出るときは、食べるものがあるのかとやたらと心配されたが、そこは問題なく、プロテインも飲んで、すくすくと僕の体は育っているのである。むしろ、食が合わなかったらその地で生きていくには絶望的だろう。その点、僕は味の許容範囲についてはかなり広いので何の問題もなかった。