あつなりのそれでもブログを書いている

※カナダはトロントにてワーキングホリデー中でございます。参考にして頂けると幸いです。

パーティー

的なものをした。と言うのも、僕の周りの友達が一人学校を卒業するということもあって、その卒業パーティーも兼ねて企画されたものだった。

場所は、友達が住んでいるbasement(地下のこと。僕が住んでいるところもbasementである。)で行われた。

一応、LINEで連絡を取り合いながら集合することになったが、そもそも細かい集合場所がわからず、皆それぞれ違う場所に集まってしまう自体となってしまった。はっきり言って、◯◯駅に集合というメッセージだけで人が集まれたら奇跡である。まして、その駅は結構大きい駅で改札口が4箇所くらいあり、集合場所を指定しないと、集まりにくい場所であった。それでも、なんとか集合時間になって、どこにいるのかをお互いLINEで確認を取ることにより、なんとか集合することができた。文明の機器を駆使しても集合できないとは、さすがは海外である。

それで、集合した後、早速お酒を買いに行くことに。お酒はLCBOっていうチェーンの酒屋があり、そこで買うのが一番安いので、そこに行くことになった。そして、買った酒が日本酒やらテキーラやら危ない酒ばかりであった。まず、最初の一杯はビールとかそんな生易しい発想は南米の方々にはなかったのである。

その後、dollaramaという均一ショップでつまみと酒を割るジュースを買った。買った時に気付いたのだが、ミニッツメイドの100%オレンジジュース2ℓが日本円にして125円程で売られていたことには驚いた。とにかく何に対してても物価の高さを感じてしまうトロントで初めて日本と比較して安いものを発見したのであった。

そして、酒やらつまみやらを持って、友達のbasementに行った。リビングみたいなところでソファーやら椅子やらがあったので、大人数でくつろげけるような環境であった。ちなみに、人数は11人だったので本当に大人数だったように思える。そこで、お酒の用意をして、早速乾杯である。

f:id:A28_K:20170625110751j:plain

4カ国から集結したということもあって、乾杯の言葉も4カ国で行った。日本語と韓国語の乾杯は似ていたのでなんとなく覚えているが、スペイン語ポルトガル語についてはわけがわからない境地である。それでも、勢いに任せて乾杯をしたのである。ちなみに、最初の一杯は小さいコップに注がれたテキーラである。もはや、半分凶器である。

その後、カードゲームやら適当にだべったりして過ごした。何というか、欧米ドラマでよく見るホームパーティーってこんな感じなんだというのを実感した。また、機会があれば、こういうパーティーはしてみたいものである。

 

あと、全然関係ない話だが、僕のバイト先が決まった。場所は三草亭っていうラーメン屋である。詳しくは、過去のブログを参考にして頂きたい。

 

a28-k.hatenablog.com

 このブログで行った店はDundasというダウンタウンのど真ん中にある店だが、僕がバイトする予定の店はNorth Yorkというトロントの北側にある店で、僕の家からかなり近いところにある。この話はまた、どこかでしようかと思うが、とにかく家から近い場所でバイト先が見つかって何よりである。