あつなりのそれでもブログを書いている

※カナダはトロントにてワーキングホリデー中でございます。参考にして頂けると幸いです。

pride paradeと携帯代

二日分纏めてお話しします。

昨日は、pride paradeっていうカナダにおけるデッカいパレードがあった。。とにかく、このパレードは有名で、何で有名かというと全裸の人がパレードをするっていうので有名なのである。

日本では考えられない話である。いくら祭りの場とは言え、全裸で祭りに参加したとなると公然猥褻物陳列罪か何かでおまわりにご用の話である。だから、日本人である僕にとっては凄く物珍しい話なのである。そういうゲスな理由でパレードを見に行くというのも申し訳ない話であるが、人間の底に潜んでいる好奇心とやらには勝てないのである。

それで、パレードを見に行ったわけである。かなり人気のある祭りのためか、人がごった返していた。Yonge ST.っていうダウンタウンの中のかなり大きい大通りがあるのだが、そこがそのパレードのため、封鎖されていた。大阪で言う、御堂筋あたりを封鎖するようなものである。それくらい誇りの高い祭りということである。

様子はこんな感じであった。ちなみに、撮影場所は僕が通っている学校の前である。

f:id:A28_K:20170627091629j:plain

f:id:A28_K:20170627091644j:plain

f:id:A28_K:20170627091652j:plain

主役となってくる人がゲイやレズの人ばかりで、女装している人や男装している人ばかりかと思いきや、そうではなかった。むしろ、そういった方々は少数派に思えた。恐らく、パレードのコンセプトがprideというだけあって、自分に誇りを持つということなので、自分の体型とか容姿を気にせず、堂々と生きるという意味でのパレードだと思う。だから、ぽっちゃりの方、ガリガリの方、老若男女諸々参加しており、その中にレズやゲイが含まれていた。ただ、それだけの話のように思える。だから、決して、レズやゲイの方がメインのパレードというわけではないのである。

ただ、その中でそのコンセプトに則ったかどうかは定かではないが、全裸の人はいた。しかも、女性である。ここに写真で載せたいところであるが、さすがにネットで載せるとこのブログの存亡の危機にさらされてしまうので、載せないことにする。本当に全裸なのである。産まれたままの姿とはよく言ったものであるが、正にそんな感じである。風貌はふくよかで胸が少し大きい、と言うか日本人離れしている。そして、下の方にはきちんと毛が生えている。その女性が恥ずかしがることもなく、むしろ撮ってくださいっていうかのごとく振舞っているのである。もはや、日本では考えられないのである。痴女であることには間違いなさそうであるが、そこまでの大胆さには恐れ入った。ちなみに、その方は黒人であるが、顔が妙にタイプで目があった時、若干ドキッとしてしまった。と言うか、全裸の人と目があってドキッとしない男性が果たしているだろうか。パレード自体は非常に長々と行われていたが、この全裸の女性を見て、写真に収めることができただけで大満足である。

 

そして、話が変わり、今日の話である。携帯代が支払われていないと携帯会社からメールが来ていたので、ショップに行った。理由はもうわかっており、要は、僕の登録しているクレジットカードが差し止めを食らっているからである。

そのことに気づいたのは、行きつけのYMCAというジムに行く時である。いつものようにロッカールームに行こうと、IDカードを差し出したところ、反応しない。それで、係員に話を聞くと、クレジットカードからお金の引き落としが拒否されたため、支払いが完了されておらず、そのため、支払いが完了するまでカードの使用を禁止する由の説明を英語で受けた。なるほど、けしからん。理由はともあれ、特に悪いことをしていないの人さまの手を煩わせるとはけしからん。

とりあえず、その場は現金を直接支払うことにしてやり過ごしたが、どうも煮え切らない。その後、クレジットカード会社にメールを送るなりしてやりとりをしたところ、直接電話で聞いてくれとのことだった。さらっとメールに書かれていたが、今僕がいるところはトロントである。海外である。国際電話をかけることがいかに費用がかかるのかわかっているのかとさらに煮え切らない気持ちになった。とは言え、クレジットカードが差し止めを食らったままだとさすがに困る。だから、後ほど、国際電話にて確認をしてみる。

話を戻して、そのことがきっかけで携帯代がバカ高いことが発覚した。なんと、1月日本円にして8500円程したのである。なぜ、そんなに値段がかかったのかと言うと、通信制限量を軽く超えてしまっていたからである。

今、僕は携帯会社と1月3900円程で750MBという使用制限で契約をしているのだが、先月の通信の利用量が約3.5KBと使用制限量を余裕で超えてしまったのである。だから、その追加料金として余分に払った結果、8500円という約2月分の請求額となってしまったというわけである。

かなり迂闊であった。というのも、通信制限を越えれば、日本みたく通信速度に規制がかかる仕組みかと思いきや、そうではなく勝手に使用した分だけお金が請求されていく仕組みとなっていたからである。これについては、僕の完全なる落ち度である。契約をする際に日本人の店員さんに通信制限を超えた場合どうするかを入念に確認をすべきだったのである。だから、この高額の通信代は高い授業料として割り切るしかないと自分に言い聞かせたいところである。

とは言え、お陰様で可愛い店員さんと英語でのお喋りを楽しめたからそれはそれで、感謝である。しかし、まさか3.5KBも使っていたとはdreamにも思わなかったのである。英語圏だけに。理由は、バイト探しや新居探しでやたらめったらとGPSを使ったことが原因と思われる。だから、今後このような形で通信量がオーバーランすることはないかと思うが、通信量の移行については注視していきたい。

 

どうでもいい話だが、未だにパーマがおさまらない。

 

a28-k.hatenablog.com

 スタイリストさんから、こちらの水は硬水なので2週間くらいでパーマが落ちてくると言われてから、2週間以上は経っているはずである。なのに、一向にパーマがおさまる気配がないのである。髪質の問題なのか、実は家の水が軟水なのかどうかは定かではないが、パーマ頭がおさまっていないということは確かな事実である。

そのせいか、今日久しぶりにワックスをかけて学校に行ったところ、かなりバカにされた。可愛いだのはまだ許せる。韓国人のおばちゃんみたいはさすがに酷いと思う。そう言われる髪型になってしまった僕も僕であるが、韓国人のおばちゃんみたいと言われて、28歳男性としては、いい気がするわけがないのは明白である。

とにもかくにも、しばらくはワックス要らずの髪型でイケそうである。