あつなりのそれでもブログを書いている

※カナダはトロントにてワーキングホリデー中でございます。参考にして頂けると幸いです。

fire works

を見に行った。7月3日の話である。

7月3日はカナダデーということで祝日であった。恐らくは、カナダデーは7月1日なのだが、その振り替え休日だったと思われる。

バイトの2連勤が終わりオフを楽しもうかと思い、朝5時に起きて、近所のジムでシューティングをした。小学生か⁉︎その後、朝飯を7時くらいにかっこんで、9時くらいになって、二度寝をしてしまい、12時頃に再度、目が覚めた。

とにかく二度寝をしても良いので、毎朝同じ時間に起きることが大事であるとNews Picksの記事で拝見したので、早速実行する。意識高い系か⁉︎

その後、昼飯を食べた後、ジョーダンショップとOVOのセレクトショップにてショッピングに出かけた。が、お目当ての商品が無かったので、ただのウィンドウショッピングとなってしまった。OVOの商品は売れるのが本当に早い。だから、Instagramで新商品が発売した日をチェックし、その日に買いに行かないといけないことがわかった。もうちょっと生産量を増やして欲しいし、今頃パーカーの新商品を出すのはどうかと思う。

そして、その後友達と合流して、fire worksが行われる会場に行った。会場では、様々なアーティストが演奏していた。

f:id:A28_K:20170705050141j:plain

f:id:A28_K:20170705050143j:plain

f:id:A28_K:20170705050151j:plain

f:id:A28_K:20170705050218j:plain

正直、知らないアーティストばかりで知らない側の人間としては、周りの雰囲気に流された感があって、イマイチ乗り切れなかった。でも、ライブの雰囲気を味わうことができて、楽しかった。特に、ラップミュージックに関しては、元々DrakeやKanie Westとかのラップ系の音楽が好きというだけあって、聞いているだけでその雰囲気を楽しむことができた。恐らく、日本で行われるサマーフェスティバルとかはこんな感じなのだろう。知らないアーティストの曲でもその場の雰囲気に任せて盛り上がれる。そんな感じだと思う。

そして、ライブが終わるとフィナーレとしてfire worksが上がった。

f:id:A28_K:20170705050400j:plain

時間も短く、カナダの生誕を祝うには少ししょぼいと思われるかもしれないが、それはそれで満足だった。やはり、日本の花火が一番なんだなと改めて実感をした。日本の花火は本当に芸術作品だなと思ってしまう。

f:id:A28_K:20170705050501j:plain

f:id:A28_K:20170705050510j:plain

おまけとして。路上アーティストらしき人と目が合ったら、写真を撮るよう迫られたので渋々撮った一枚がこれである。逆セクハラで訴えてやろうかと思った。