あつなりのそれでもブログを書いている

※カナダはトロントにてワーキングホリデー中でございます。参考にして頂けると幸いです。

OVO Yorkdale店

がオープンしたらしいので、早速行ってみた。YorkdaleとはDundasにあるEaton centerと並ぶトロントを代表するジョッピングモールのことである。場所はダウンタウンから外れており、北の方に存在する。そして、便利なことに地下鉄Yorkdale駅から直結なのである。

話を戻して、OVOの実店舗は本当に少なくて、カナダだったら、ここトロントだけしかなく、あとは、ロサンゼルスニューヨークにあるだけなので、Drakeがカナダ出身なのに、なぜか、カナダの方が実店舗が少ないという状態であった。

そのような状況を打破するかのごとく、Yorkdaleに店舗をオープンしたワケである。

僕自身、サンダルとか欲しいアイテムがいくらかあったので、ネットでは販売していないが、もしかしたら置いてるかもしれないという淡い期待を込めて行ってみた。

店舗に行ってみると唖然とした。

f:id:A28_K:20170806131614j:plain

店舗自体はYorkdaleの一角に神々しい雰囲気のセレクトショップがあるなという感じである。

f:id:A28_K:20170806131653j:plain

人の行列を見て、ドン引きした。限定品が売られているかどうかわからないが、ここまでして人の列を成していることに衝撃を受けた。トロントでのOVO人気を物語っているかのごとくフクロウ(Owl)のロゴの付いた服を着た人たちが並んでいるのであった。セキュリティの方(僕はSPと呼んでいる。ナイトクラブや人気店が主な生息地である。)も警備に付いていたので、力の入れ具合がガチに感じられた。店内に入るのに、3時間、4時間くらいかかりそうだったので、元々待つのが嫌いな僕としては耐え難かったので、OVOの店を後にした。

僕は、トロントに来て4ヶ月くらい経つのだが、未だに傘を持っていないのである。最初来た頃は雨もあまり降らなかったので、さして必要ないかと思っていたが、最近になって、日本と同じく激しい夕立がよく降ることがわかったので、堪らず傘を買おうと思った次第である。そして、傘を買いに最近海外でも人気が出つつある無印良品で買いに行った。

f:id:A28_K:20170806131732j:plain

この折り畳み傘直径53センチのもので38ドルだった。日本で買うのとあまり変わらないように感じたが、果たしてどうだろうか。

そして、一緒に買った洗顔料。一つあたり9ドルである。日本での値段が気になるところであるが、少なくともトロントで売っている洗顔料の中では安い部類に入る価格である。スーパーとかで売ってるのを見ると、軒並み10ドルを超えるものばかりである。どんだけ、洗顔料が貴重やねんとツッコミたくなる程である。なので、高い金がかかる割に得体の知れない洗顔料を買うよりは、信用できる無印良品洗顔料を買ってみようという次第である。恐らく、失敗ではないであろう。

 

ジョーダンストアの時もそうであったが、大体人気ブランドのセレクトショップのオーピン日は信じられないくらいの人だかりができることがわかったので、後日、落ち着いてきた頃合いをはかって、もう一度行ってみようかと思う。というか、平日であれば、恐らく空いているように思える。