あつなりのそれでもブログを書いている

※カナダはトロントにてワーキングホリデー中でございます。参考にして頂けると幸いです。

6時間睡眠

が良いことを再度認識した。一ヶ月ほど、生活リズムを掴めずもがき苦しんでいた…という名の堕落した日々を過ごしてきたワケだが、ようやく良い生活リズムを見出せそうである。と言うのも、結構起きる時間がバラバラであった。バイトのシフトが基本夜に終わるのだが、その終わる時間がまちまちで、ある時は8時半に終われば、ある時は12時半に終わる、こんな感じのシフトを組まされていたので、当然のごとく、寝る時間が一致しない上、起きる時間も一致しなかった。酷い時は、昼過ぎに起きることもしばしばであった。金田一少年を思い出す。確か、夏休みは昼に起きて、いいとも(懐かしい‼︎)を観て…というくだりがあったはず。そんな金田一少年を彷彿させるような堕落した生活を送っていたのである。ただ、金田一少年はいざという時に、IQ180の天才っぷりを発揮するが、対する僕は、いざという時にテンパって、迷惑をかけて、伝家の宝刀「申し訳ございません。」の一言で切り抜けようとするあたり、雲泥の差はある。これは、埋められない差である。漫画のキャラクターと比較するのもどうかと思うが。

ともあれ、寝すぎると疲れることに最近、ようやく気付いた。社会人として、働いていた頃は、全く逆でむしろ寝られないことに悩んでいた。深夜2時半に目が覚めることもしばしばであった。さすがに、起きて、時計を見た時に周りにもののけの気配がないかを確かめたのも今となってはいい思い出である。だから、日中に妙に疲れを感じ、家に帰っても、何もすることなくただ泥のように眠る日も結構あったように思える。

ところが、かえって寝すぎるのも疲れるものである。理由はよくわからないが感覚的な話ですごく疲れた感じがする。というか、半日損した気持ちになる。のび太君に面と向かって言いたい。「お前は人生の半分を損しているぞ。」、と。今の日本では寝不足が大きな問題になっているように思えるが、寝すぎても良くない。適切な睡眠時間で寝るのが一番である。それが、僕にとっては6時間である。ただ、それだけの話である。

それを踏まえると、今後は今のシフトで組まれていくのであれば、夜の2時に寝て、朝の8時に起きるのがベストに思える。これを心がけていこうかと思う。

 

そして、昨日は昨日で忙しかったワケだが、今日は今日で忙しかった。あと、なんか時々食べ終わった後に、キッチンを覗きに来る人がいたりしたし。いくら僕がイケメンでも覗き込まなくてもいいのにと思ったりする。正直、どんなリアクションをしていいかわからなかった。笑顔で返すのが正解だとは思うが、それすら出来ず、無愛想な無表情をしてしまったのは少し悔やまれる。なぜなら、その人がチャイニーズ系の女の人で結構美人であったからだ。また、一つ人生損した気分になった。なってないけど。どっちやねん。

 

https://www.instagram.com/p/BYAF3ZiBxZo/

bubble teaが元気に源になりつつある。これは、紅茶にオレンジ果汁を混ぜ込んだヤツですね。紅茶とは違い、あっさりしてて、キッチンという戦場で熱気にさらされて、瀕死寸前の僕にとっては、ぴったりの飲み物であった。

明日は先日のブログで言った通り、売り上げ記録の更新を祝して、みんなで飲み会である。すごく楽しみである。何よりもタダなのがありがたい。

 

a28-k.hatenablog.com