あつなりのそれでもブログを書いている

※カナダはトロントにてワーキングホリデー中でございます。参考にして頂けると幸いです。

日本人男性disられる

話をしようかと思う。

何かと言うと、先日、売り上げ記録を更新した際の飲み会の話である。

そこで、たまたまサーバーのとある日本人の子と一緒になったので話していると、恋愛話になったのである。最初は、周りが女の子ばっかりで、男が僕だけであるにも関わらず、下の話ばっかりして、男としては、その場に居ていいものかと複雑な気持ちになったが、途中から「日本人男性は、ゴミだよね。garbage、garbage。」みたいなことをとある女の子のサーバーの子が言い出した。まぁ、曰くは亭主関白的な人が多いだの、挙げ句の果てにはアソコのサイズが欧米人に比べて、小さいとかそんなことまで言い出したのである。日本人である僕としては涙目である。それを聞いていた目の前のアジア系カナディアンも涙目ではあったが。いや、でも、いくらなんでも女の子の小指程の大きさは言い過ぎだろう。そう思いつつも、変に刺激してはいけないと思い、黙って聞いていた。

そのサーバーの女の子とは休憩時間も話したことがあるのだが、明らか他のサーバーの女の子と接し方が変だったのは気になっていた。極力避けているように思えたからである。他の子であれば、僕が話しかけても、それなりに愛想よく会話してくれるだが、その子だけは明らか違っていた。話しかけても、会話が続かない上に、無愛想かつ無表情。なんなんだこの子は⁉︎って思ってしまうほどである。でも、それも今回の飲み会で納得である。この子は極端に日本人男性が嫌いということなのだと、僕の中で合点してしまった。

わからなくはない話である。確かに、日本人は歴史的背景からして、亭主関白みたいな人が多いことも事実ではあるし、日本人男性と比べると、外国人の男性の方が女性のことを大事にするというのはよく聞く話である。台湾人とか韓国人でもそういう話は聞いたことがあるし。だからと言って、日本人男性の全てが全てそのような人ばかりだと思われてしまうと心外である。中には、亭主関白じゃない人も多いわけであって、むしろそっちの方が多いのではないかと思う。そして、今や女性の社会進出が目まぐるしい日本社会において、もはや、男性が女性に対していばりちらす時代なんて、昔の話に思える。ただ、若い女性からそういう見方をされたという事実はしかと受け止めるべきであるように思えた。

f:id:A28_K:20170823012321j:plain

f:id:A28_K:20170823012352j:plain

f:id:A28_K:20170823012357j:plain

料理と酒自体は美味しかった。特に、久しぶりに日本酒が飲めたのは嬉しかった。