あつなりのそれでもブログを書いている

※カナダはトロントにてワーキングホリデー中でございます。参考にして頂けると幸いです。

聞けない

ってヤバいなと思ってしまった。

昨日、meetupのイベントで先週と同様に英会話をしてきたわけだが、英語が聞き取れなくて顰蹙を買ってしまうことがしばしばあった。

 

a28-k.hatenablog.com

 今回は英語のネイティブスピーカーが少ないこともあって、日本人2人とカナディアンの3人でトークすることになったのだが、しばしば英語が聞き取れなくて、会話が滞ってしまうことがあった。それで、もう一人の日本人に迷惑をかけてしまった。しかも、その日本人が女の子だから男の面目丸つぶれである。トーキングで積極的にリードするという理想像が跡形もなく崩れた瞬間であった。一応、リスニングが致命的にできないんですよね、っていうことを会話の中では言ってみたものの、さすがに問題があるなと思った。

その後の食事会でも英語が聞き取れない故に勘違いした発言をしてしまったため、その場を凍りつかせたこともあった。沈黙は金と言うが、しゃべってなんぼのところもある。ただその発言が昨日は悪い方向へ悪い方向へと流れていったように思える。

リスニングというものが一朝一夕でできるものではないということは重々承知である。学生時代にもリスニングができないことでどんなに苦しめられたか。とは言え、結局勉強と実践を繰り返すしかないのかなと割り切るしかないと思った。

なんというか、女の子の前で恥をかかせられることほど恥ずかしいことはない。この経験を反面教師として頑張るしかない。