あつなりのそれでもブログを書いている

※カナダはトロントにてワーキングホリデー中でございます。参考にして頂けると幸いです。

仕事に対する責任感

がない人って、嫌だなって思ってしまう。

と言うのも、今日、こんなことがあった。

今週から、カナダ人の新人の子がキッチンに入ってきたのだが、今日たまたまその子だけがキッチンに居るときがあった。その間、僕も含めて他の人間は何をしていたかと言うと、少し離れたところで仕込みの準備をしていた。だから、当然、オーダーが入ったとしても知る由がないのである。というタイミングでオーダーが入って、しかも、その新人の子が料理をするのを忘れていたのである。

よくある話である。新人なんだから仕方がないと。

ところがである。それに対して、サーバーの子が愚痴ったのである。「作り方知っているなら、早く作れよ。」的な感じで。僕が見る限りその新人の子はまじめで、オーダーが入っていて、その料理の作り方がわかっていないのであれば、他の人を呼ぶような子である。だから、単純にオーダーを忘れていたのである。

これって、よくある話で、僕なんかもたまにしてしまう。皆さんも居酒屋に行った事があるなら経験したことがあると思うが、オーダーしたのに中々料理が出てこないっていうことがありませんかね。あれは、本当に悪気があってしているわけでなく、キッチンに一人しかいないのに、面倒臭いオーダーが入ったりして、ある料理を作り忘れるということである。だから、起こってはいけないのだけれど、人間が料理を作っている限り、起こってしまう仕方がないことである。

そうならないように、古株のサーバーの人はオーダーがきちんと通っているかを確認するのである。お客様から言われて確認するかもしれないが、それでも確認の作業は入るのである。ところが、そういう確認をせずに頭ごなしに新人君を責めるような発言はいかがなものかと思った。だから、僕も思わず、「そんな、言い方はないでしょ。」って言ってしまった。女の子であろうと、言うときは言わせてもらう。それが、僕である。

それで、その後、サーバーの人に「料理が出てこなかったら、確認してください。」っていうことを言ったのだが、「忙しいのに、そんなの無理。」みたいな形で否定されてしまった。正直、突っ込みどころはいっぱいあって、まずその時間帯は9時半くらいでそこまで忙しくない上に、今までサーバーの子同士でおしゃべりしていたので、どう考えても時間はあったはずである。なのに、確認をしなかったということは、単純にそのサーバーの子達の性格によるものだと思ってしまった。要は、仕事に対して責任感がなく、丸投げしてしまう人、なのかなと。

そのくせ、変に料理を作るのを急かしていたので、さすがにちょっとイラッとして、こうしてブログに書いている次第である。

その後も、ラーメンの突然の追加オーダー(green onion 青ネギを抜いてほしい)で僕が聞き間違えをして(green oilだと思ってしまった)、確認をしていると、オイルをどれでもいいから抜いてほしいと言って、丸投げされた。聞き間違いをしてしまった僕も悪いですが、そこで丸投げをするサーバーの子もどうかと思った。そこは、結局、サーバーの子のいい間違えか、僕の聞き間違えかよくわからなかったが、green onionのことを言っているんだなと解釈して難を乗り切ったのだが、どうもいただけない出来事であった。その後、僕は謝りに言ったが、そこまでする必要があったのかなと思ってしまうほどであった。

こんなことがあったので、働いていて変に疲れてしまった。

だから、仕事が終わったときに、「終わった〜。」って満面の笑顔と態度を表していると、マネージャーから一言

NO WORK,NO PAY

と。

https://www.instagram.com/p/BYkH9cCBYPw/

バブルティーはやっぱりいいですね。ビジュアルがあれで、美味しさが伝わりにくいかと思いますが、本当に美味しいです。これは、ウーロン茶をミルクで割ったやつですね。ただ、飲んだ後、少し胸焼けしてしまった。今求められているのは、栄養的な癒しではなく、精神的な癒しだと気づかされてしまった。