あつなりのそれでもブログを書いている

※カナダはトロントにてワーキングホリデー中でございます。参考にして頂けると幸いです。

小金持ち

になったみたいで気分が良い。

今日、ようやっと前回分も含めた給与を受け取った。給与については、どこかで話したと思うが、うちの職場は2週間に一度小切手で支払われるシステムである。ところが、前回分については、なぜか、小切手で支払われておらず、そのため、銀行に行って、入金していない証拠を手に入れるため、履歴を確認したりと色々動いた。その結果が報われた結果となった。

前回分の給与の小切手をもらっていないことについて、オーナーに話すと随分親身になって、話を聞いて頂き、申し訳ないと、謝罪の言葉を頂けた。真相がどうなったかは謎であるが、向こうから謝ってもらえるとこちらとしては悪い気分ではない。何せ、お金に関わることなので、逆にこっちが一方的に悪者扱いされて、給与を支払われないとなると、たまったものではない。だから、結論として、こういう形できちんと給与を支払われて良かったと思う。ちなみに、このオーナーであるが、年が30歳であることを昨日知った。僕は、てっきり35歳くらいと思っていたので、そのことをバイト仲間に話すと、ドン引きされた。どんだけ見る目がないんだよ、俺は。

そんなことはさておき、給与をもらった結果、所持金がどうなったかを確認すべく、早速、ATMに行き、口座に振り込んだ。正直、NYに行ったり、何やらでお金を随分と使ってしまった記憶があるので、口座の残金も含めて、結構苦しくなっていることを懸念していたが、結果としては、意外だった。結論から言うと、来月分の家賃を除いても残金としては、2000ドル近くあるのである。驚いた。毎月、収支としては確実にプラスをつみ重ねている結果となった。今月に至っては、お金を結構使った感覚があったので、この結果は、かなり嬉しかった。

ここまでお金が貯まった要因としては、食事代が大きいと思う。うちのラーメン屋はタダでまかないが出るのである。これがすごく大きい。トロントで食事をとるとなると、外食は論外として、とにかく高い。だから、一食分がタダとなると、それだけお金が浮くのである。

あとは、あまり友達(限りなく少ない)と飲みに行ったり、遊びに行ったりすることが少ないことも大きいと思う。今月はバイトが夜に入っていることが多く、その結果、遊ぼうにも遊べなかったのである。と言うことは、必然的に遊ぶ機会が減り、お金を使う機会が減るのである。

かと言って、バイトしている以外は家でゴロゴロしているだけの無生産な毎日を送っていたんですか?って言われると、そんなことはない。ちゃんと、バスケをしたり、筋トレをしたり、それなりに外出はしていた。ニートの結果、お金が貯まったわけではないということは声を大にして言っておきたい。

さて、貯まったお金をどうしようか。ovoの服は当然のことながら欲しい。パーカー2着、ニット帽3つ、スウェットパンツ2着程で計600ドルくらいは使う予定である。あとは、靴でも買おうかな。

それなりにバイト帰りにバブルティーを飲んだり、ちょくちょく外食も踏まえたりしながら、特に節制もせず(強いて言うなら、自炊を心がけているくらい。)、お金が貯まることは良いことである。貯まったお金は、老後のための資産にする、と言ったことは当然考えておらず、どこかで使いたいところである。旅行になるのか、どこかの国を拠点にして住むための軍資金にするかは定かではないが、とにかくどこかのタイミングで使いたいところである。