あつなりのそれでもブログを書いている

※カナダはトロントにてワーキングホリデー中でございます。参考にして頂けると幸いです。

ラーメン作り

が趣味になりそう。

と言うか、やたらめったらラーメンを作っているとそんな感じになってしまう。嫌でラーメンを作っているのでなければ、もはや趣味の領域に達しつつあるのではないかと思ってしまう。

今日も本来はオフであったが、代わりに入ってくれと言われて、急遽シフトに入ることになった。ぶっちゃけ家に居ても何もすることがないので、だったら、バイトで働いた方が生産的なのではないかと思い、働いた次第である。その辺りがもはや趣味感覚でバイトをしていると思う所以である。あと、服とか欲しいので、単純に金が欲しいということもあるが。

しかし、うちのラーメン屋はとにかく忙しい。最近になって次々とサーバーの女の子が辞めていってるのである。理由は忙しさによるものと、中国人の客が多いので、時折中国語で話すのでワケがわからないとかそういった理由である。しかも、辞めていっているのはみんな日本人だから驚きである。日本人でバイト経験がある子だったら、日本の飲食店の方が忙しいように思えるのが、それを遥かに上回るくらいの忙しさなのだろうか。

ちなみに、僕は大学生の時に最初のバイトの面接で、志望理由として、「あまり忙しいそうではなさそうだから。」と言ったことがある。とんでもないゆとり世代の発言である。仕事を舐め腐ったような発言である。仮に本心だとしても口に出してしまってはお終いである。

バイト先に対して、今の所不満とかはないのだが、ひとつ気になることがある。それは、ワークパーミット(就業ビザ)がおりるかどうかである。一応、面接の時にも確認をしたのだが、その時は、「働きぶり次第」という風に返事をされたが、果たして実際のところどうだろうか。キッチンスタッフとしては自分で言うのもあれだが、確固たる地位を築き上げている僕としては、キッチンに必要な人材であることには間違いないと思っているし、周りからの人望も厚いはずである。だから、おりる公算は十分あるのである。ただ、元々おろす気がなかったらそれまでであるが。

ワークパーミットには申請にお金と時間がかかるはずなので、そろそろ言い出した方が良さそうであるが、今の所タイミングを伺っているところである。正直、彼女がカナダにいるとか適当な説得材料があれば、案外、心が動くんじゃないかと思ったりもする。

いずれにしろ、ワークパーミットがおりなかったら、おりなかったらで別の滞在手段を考えないといけないので、早めに答えを頂いた方が良さそうである。