あつなりのそれでもブログを書いている

※カナダはトロントにてワーキングホリデー中でございます。参考にして頂けると幸いです。

ボディタオル

を買いにはるばるダウンタウンまで。というのは、大袈裟である。なぜなら、片道40分ほどで行ける距離だからである。遠いようで遠くない。それが、ダウンタウンなのである(僕的には)。

そして、買ったのはこれである。

https://www.instagram.com/p/BbdiAEthaxS/

安定の無印良品#canada #toronto #dundas #mujirushi #bodytowel #great #globalbrand #japan

安定の世界が誇る日本ブランド、無印良品である。ちなみに大学時代までは無印良品のことを「むいんりょうひん」と呼んでいたのはここだけの話である。なぜ、わざわざ無印良品まで買いに行ったのかというと、この手のいわゆる一般的なタオル形式のボディソープようのタオルって、あまり売られていないからである。売られているとしたら、あの泡立てに特化された球状のボディタオル(たぶんタオルではない)だけである。それでも構わないか?否!構わないわけないのである。どうしてあの球状の物体で背中が洗えようか。目に見える部分だけは綺麗で、あまり人目にさらされないところは実は汚いとかすごく不潔な話である。あのボディタオルを愛用している人はどうやって背中を洗っているか気になるところである。こういう理由で僕は、ボディタオルは細長いタオル形式のものを愛用している次第である。ちなみに、二つ買ったのは、一つは旅行用として欲しかったからである。こういうケースって収納に便利でしょ?

それ以外にも、写真には納めていないが、ピクルスやらオリーブやらボディソープそのものやらシャンプーやらいろいろ買った。しかも、仕事前の午前中に。今日は、そのことで頭がいっぱいで早起きしたくらいである。人間、何か目的があると早く起きれるものである。

あと、どうでもいい話だが、バイト終わりに同じバイトの同僚の19歳の子と一緒に帰ったのだが、その子は8時間半の労働をしたにも関わらず、帰ったら、唐揚げを手作りして、それをつまみにビールを飲むのだそうだ。若いってすばらしいなぁと思う。どこからあんなエネルギーが溢れてくるのだろうか。何だか刹那的に思えなくはないが、自分にも昔はあんな時期があったんだなと妙に懐古的になってしまった。