あつなりのゆめにっき

※カナダはトロントで1年間ワーホリで過ごした後、オーストラリアのシドニーにてワーキングホリデー中でございます。参考にして頂けると幸いです。 ゆめにっきのラストをリメイクするとかそんな内容ではないのでご安心ください。どちらかというと、ふざけてます。

気がつけば

29歳になっていた。どうも、僕です(?)。元気です。若干疲れています。けど、どうにか生きています。というか、どうにか29年間生きてきた。こんな感じです。なんとも悲壮感の漂っている29歳なのだろうか。この調子で残りの71年間(100歳まで生きると仮定した場合)を生きられるかどうか定かではないし、もちろんだが、保証もない。むしろ、それが人生なのではないかと、妙に達観ぶったりしたりもする。

さて、恒例の質問。誕生日の日に何をしてましたか?という話。周りには、ただただ家で過ごしていた(実際、just stay homeと言っていた)と答えていたが、実際は違う。実は、女の子と二人きりでジャパレスに行っていたのだ。それを聞いただけで、リア充爆発しろとかしないとかの話になるので、あれだが、一言だけ言っておくと、彼女ではない。それだけは断言できる。将来的にどうなるかは定かではないが。

それで、行った場所がkinka居酒屋というShepperd-yongeの近くにある日本居酒屋である。お互いの家から近いということもあり、そこを選んだ。ちなみに、このkinka居酒屋、検索してみればわかるのだが、なんと日本でも経営しているのだ。トロントのジャパレスにしてはかなり珍しい。料理はこんな感じだった。

f:id:A28_K:20171120120716j:plain

f:id:A28_K:20171120120758j:plain

f:id:A28_K:20171120120804j:plain

f:id:A28_K:20171120120814j:plain

f:id:A28_K:20171120120817j:plain

正直、ジャパレスという響きだけで、日本の居酒屋のクオリティとはかけ離れていると思っていたが、実際、食べてみると驚いた。普通に美味い。日本でも、普通に出てきそうなクオリティに仕上がっているのである。その辺の韓国人や中国人が真似たようなバッタもんではないのである。あと、値段も一皿あたり約10ドルくらいと、トロントにしては中々良心的だった。何というか、Japan as NO.1(食に関して)と思わざるを得なかった。

そんなこんなでその女の子とは店で3時間くらいだべった。我ながら、サシで3時間も英語を喋れる僕はすごいなぁと感心してしまった。

 

そして、最近の話。ジムで泳ぎ始めたせいか、妙に疲れている。家に帰ったら、結構ばたんきゅーな状態になっていることが多いように思える。しかし、裏を返せば、いい感じに眠りにつけることを意味している。前向きに捉えよう。

 

あと、最近バスケしていない。シフトの都合もあるが、中々バスケをする時間を設けられていない。水泳のせいで疲れているというのもあるが、根本的な理由として、昼の12時半〜夜の9時というほぼほぼ1日が潰れるような形でシフトを組まれることが多々あるからである。夜だけ空けてくれたら、その間、バスケをしに行けるのだが。とはいえ、トロントも大分と寒くなってきており、Hoop Domeまで足を運ぶのは正直、辛い。そして、何より下手すれば、寒空の中、バスを待つ羽目になってしまう。これが、一番恐ろしい。ということで、最近、Hoop Domeには行っていない。近くのYMCAにも体育館があり、バスケができるのだが、バスケができる時間というのがすごく限られており、朝5時とかの早朝とかになってしまう。昼間の時間も空いてはいるのだが、その時間に見事にシフトが被せられているのである。バスケをしやすい環境だと思い選んだトロントでまさかのバスケをするのに苦労している事態に陥っているのである。もはや、中高生みたく朝練するしかバスケができないというのか…。中々に世知辛い