あつなりのゆめにっき

※カナダはトロントで1年間ワーホリで過ごした後、オーストラリアのシドニーにてワーキングホリデー中でございます。参考にして頂けると幸いです。 ゆめにっきのラストをリメイクするとかそんな内容ではないのでご安心ください。どちらかというと、ふざけてます。

陣屋

というラーメン屋に行った。場所はCollege駅から徒歩5分くらいのところ。カナディアンの同僚と韓国人の同僚の3人で行った。

道中、電車の中であまりにも会話に入れなかったので、カナディアンの同僚から「英語を勉強してんのか?」的なことを聞かれた。さーせん。最近まで、全然勉強してなかったっす。だから、カナディアンの彼女が欲しいっす。

そして、店では、カナディアンの同僚が元陣屋の従業員ということもあって、グリーンティーをサービスしてもらった。

f:id:A28_K:20171122135724j:plain

ほのかに甘くて美味しかった。苦いだけが、抹茶(これは、グリーンティーだけど)じゃないんだなと改めて思った。

そして、肝心のラーメンである。どうやらここのラーメン屋はラーメンの種類を豊富に扱っており、その種類は約20種類くらいはあったように思える。うちのラーメン屋の5種類と比べると、その数4倍である。でも、同僚曰くは、ラーメンを作るのはそこまで大変ではないとのことである。よくわからん。ここまでラーメンの種類が多いとなると、トッピングを覚えるのだけで色々大変だと思うのだが。

そして、食べたラーメンがこれである。

f:id:A28_K:20171122140100j:plain

名前を忘れてしまったけど、とにかく同僚にも勧められた豚骨ラーメンらしきものである。どんな味かもわからないまま、替え玉を頼んでいる始末である。そして、ちょっとわかりにくいが、ラーメンの方が太麺で替え玉の方が細麺になっているのである。

味の感想だが、率直に言うと美味しい。が、何か色々なものが混じりすぎているような味がして、個人的にはうちのラーメン屋のラーメンの方が美味いんじゃないかと思った。シンプルイズベストである。でも、ラーメンの下の方にある小さいブロッコリーみたいなトッピングは美味しかった。ラーメンにはやはり、どこかで香ばしさが必要だなと思った。あと、チャーシューもうちのチャーシューよりも厚みがあって、美味しかった。こう書くと、陣屋のラーメンの方が美味いんじゃないの?と思われるかもしれないが、あくまでうちのラーメンの方が好きである。麺が美味いんだよね、うちのラーメンって。

でも、トロントにも色々なラーメン屋が乱立しているが、どの日本人に聞いても評価はバラバラである。断じて、ここのラーメンが絶対的に美味いというのはなさそうに思える。本当に好みの問題に思えてくる。とは言え、日本のラーメンが量、質、コスパというあらゆる面で勝っているのは言うまでもないが。

 

そういえば、今日、職場に新しいキッチンのスタッフが入ってきた。なんと、僕以来の日本人である。僕自身、英語ばっかり喋らざるを得ない現環境がかなり気に入っていたので、少し残念な気持ちになったが、雇ってしまったものは仕方ない。きっちり教育するまでである。

結果、教育係として同じ日本人である僕がつきっきりで教えたのだが、とにかく疲れた。のどが枯れるは、きちんと言われたことができているかどうかチェックしなくてはならないとかで、変に疲れた。ちなみに、明日も新しい日本人のキッチンのスタッフが入ってくるらしい。オーナー曰くは、その人の英語力は皆無に等しいらしい。そうなると、僕がつきっきりで教えざるを得なくなるのは必然と言えそうである。

しばらくは受難の日々が続くかもしれない。