あつなりの車窓から

※カナダはトロントで1年間ワーホリで過ごした後、オーストラリアのシドニーにてワーキングホリデー中でございます。ブログを書いている内に「車窓」っていう言葉がぴったりだと思ったので、タイトルにしてみました。この「車窓」は中々に面白い…のかなぁ。

フォー

突然であるが、僕はフォーが結構好きだったりする。というか、ベトナム料理が結構好きなのかも。海南チキンなんかも好きだし、フォーもすごく好き。それ以外にも、春雨とかそういうエキゾチック系の料理が好きなのである。ただし、パクチーはお断りである。ちなみに、中国語では香草(シャンサイ)、英語ではcorianderである。

そして、今日は久しぶりにフォーを食べに行った。最初はラーメンを食いに行くという話になったのだが、僕がしょっちゅうまかないでラーメンを食べているので、だったら、フォーということでフォーを食べに行った。

場所はossington駅から南の方にバスで行ったところ。名前はベトナム語なのでよくわからない。曰くは、トロントで2番目に美味しいフォーの店らしい。ossington phoと検索すれば、ヒットするらしいので、興味のある方はどうぞ。

f:id:A28_K:20180114122941j:plain

僕が食べたフォーである。もちろんパクチー抜きである。フォーって優しい、胃を労わるような味付けが特徴だと個人的に思っているのだが、正にそれを体現しているようなフォーである。とにかく美味しいし、癒される。もう、バスケしている途中にスポドリで飲んでもいいくらいの優しいスープだった。しかも、具も結構充実していて、トロントでは珍しいモツものとかも入っていて、かなり満足のいく内容だった。

他の友達はシェイクを頼んでいたが、シェイクもうまかった。特に、アボガドシェイクという、名前からして、あまり甘さとは無縁のような感じのシェイクが絶妙に美味かった。甘すぎではない感じがすごく良い。

こういう店に行った時、一度は飲んでみたいと思うのが、ドリアンシェイクであるが、友達のカナディアンに猛烈に反対された。臭いは最悪だし、味もそんなに言うほどでもないらしい。何が、果物の王様だよ⁉︎っていう話にもなってしまった。

臭いで言えば、台湾に臭豆腐というものがあるが、あれは臭いとは裏腹に味付けが最高である。特にビールとの相性は抜群である。また、台湾に行くことがあれば、是非とも食べたい。というか、トロントでも探せば、食べれそう。なんせ、移民の街だから。移民の街バンザイ。

こんなトロント生活も残すところ、あと4ヶ月程度となると、少し寂しい気持ちにもなる。でも、その反面、次の国、オーストラリアにも希望を抱いている面もあるっちゃある。オーストラリアもトロント同様移民の国だから、同じように文化が入り混じっていて、面白いことになってるんじゃないかと思ったりする。

個人的には、日本よりもこういう文化が入り混じったカオスな空間で生活する方が性に合っていると思う。