あつなりの車窓から

※カナダはトロントで1年間ワーホリで過ごした後、オーストラリアのシドニーにてワーキングホリデー中でございます。ブログを書いている内に「車窓」っていう言葉がぴったりだと思ったので、タイトルにしてみました。この「車窓」は中々に面白い…のかなぁ。

バイトとサービス

僕は、バブルティーが好きである。どれくらい好きかというと、一食をそれでしのいでいいくらい好きである。あまり好きさが伝わらない。せめて、一週間はそれで生きていけるくらい言って欲しかったところである。台湾に留学していた時は、毎日飲んでたなぁ。甘さと安さに甘えて。タピオカの食感と味のバリュエーションが堪らなく良い。

そして、今日、カナディアンのサーバーの子に「バブルティーいる?50%オフで。」と聞かれた。いつもだったら、遠慮していたのだが、今日という日はどうにも飲みたい気分であった。ただ、そこでふと疑問が頭によぎる。なぜ故に50%オフなのか。特待券か何かを隠し持っているのだろうか。それとも、ゴールドパス的な何か…。気になったので、聞いてみたところ、どうやら前のバイト先がそこのバブルティー屋だということである。そこのバブルティーは台湾が発症ということだけあって、台湾人ばかり雇っていると思いきや、そうではなかったことを思い知らされる。そんなこと言い出したら、うちのラーメン屋はどないなんねんという話になるが。

陣屋(ラーメン屋)で働いていたキッチンスタッフにしろ、どういう理由で辞めたか定かではないが、以前に勤めていたからといって、50%オフにしてもらえるとか凄く気前の良い話ではないだろうか。現役で働いているならまだしも、辞めてしまった人間に対してそこまでする必要があるのかどうか甚だ疑問である。日本でも中々ない話に思える。いや、もしかしたら、僕が飲食店でバイトをしてこなかったから知らなかっただけあって、実はそういうやり取りが裏で行われていたのかもしれない。なんということか。学生時代、バイトしてれば良かった。社会見学を兼ねて。

そういえば、今日、また靴を買ってしまった。今月に入ってから、早くも3足目である。

f:id:A28_K:20180123121219j:plain

f:id:A28_K:20180123121220j:plain

ジョーダン13のoliveカラーである。ジョーダンシリーズと言えば、8〜14までのデザインがすごく好きで、できればそのあたりの番号の靴は全て持ちたいなと思っているのだが、そのうちの一つである。ちなみに、これはバッシュとして履くのではなく、普段履として履くつもりである。ジョーダンの8〜14までのシリーズをバッシュとして履くのは恐れ多い。プレー云々というよりは、値段と言う面で。やはり、普通のバッシュに比べて、高めなので、なるべく大事に履きたいというのが人情ではないだろうか。でも、8〜14の内、どれか、1足はバッシュ用として買っておきたいという気持ちもある。果たして、それがいつになるかは定かではない。