あつなりの車窓から

※カナダはトロントで1年間ワーホリで過ごした後、オーストラリアのシドニーにてワーキングホリデー中でございます。ブログを書いている内に「車窓」っていう言葉がぴったりだと思ったので、タイトルにしてみました。この「車窓」は中々に面白い…のかなぁ。

辻利

ふー。何を書こうか。

抹茶ラテの話でもしてみる?

皆さん、甘いものは好きでしょうか。僕は大好きです。スイーツ男子です。もはや、スイーツです。シュークリームに穴があったら、飛び込んでクリーム内で遊覧飛行したいくらいスイーツが好きである。それは、言い過ぎである。ごめんなさい。

そして、皆さん、和菓子は好きでしょうか。僕は大好きです。苺大福の中のイチゴと替わりたいくらい和菓子が好きです。これも、冗談です。さーせん。でも、小さい頃は、和菓子が嫌いでした。何というか、和菓子独特の砂糖の甘さを全面的に押し出したような、あの濃い甘さが嫌いだった。だから、ようかんも食べれなかったし、饅頭も全体的に美味しく食べた記憶がない。おはぎとかにもほとんど興味を示さなかった。そんな男の子でした。

そんなことは、さておき。トロントにも和菓子を食べれる店があることはご存知?存じない?だったら、紹介しよう。辻利って、ご存知でしょうか。ペットボトルのお茶を監修したりしていることもあって、わりかし周知されていると思う。その辻利の店がトロントにあるのである。確か、ダウンタウンとShepperd-Yongeにあるのだが、僕は今日、後者の方に行ってきた。辻利に行くのは、これが3回目である。

f:id:A28_K:20180206111413j:plain

辻利のラテが好きなひとが美味しく飲めるきな粉ラテ」とかそんな名前のラテだった気がする。ふざけているのではなく、本当にこういう名前なのである。信じてほしいところである。ちなみに、わざわざ手を写したのは、世界に誇るビームスブランドを誇張するとかそういう意味合いではなく、インスタ映えを狙ったためである。結局、インスタには載せなかったが。早く、インスタブーム終わらないかな。次のSNSのブームに期待したいというか、思いを馳せている。何なら、デジタルユーチューバーって、いいなって思っちゃってるくらいである。2次元上で美少女になれる、ヤツでしょ?すごく面白そう。声出しのみで実況している人たちにとって、顔の表情とかそういうのを写したいっていうニーズはかなり高いと思うので、いい狙い目に思える。でも、あんまり流行っているように思えない。なぜだ?Xが高過ぎるせいなのか⁉︎

話を戻して、トロントで吹き荒れる「こごえるふぶき」に対して、この甘さと言い、温かさは殺人的である。カイジの地下チンチロ編で、なけなしのペリカで飲むビールくらい美味しく感じた。まさに、ベホイミである。ベホマとまではいかないかな。ベホマとなると、女の子がいて、一緒にまったり過ごすくらいでないと、ベホマ級にはならないな。って、何を言ってるんだ⁉︎卑猥なトークばかりしていると、読者が逃げていく一方でないか。

なんだか、話が色々こじれてしまったが、美味しかったですよ。しかも、値段がLサイズで7ドルくらいでしたし。多分、日本で買うのとあまり変わらない気がする。日本の辻利は行ったことがないから比較のしようがないが。

ラテ以外にも、冒頭で触れた大福とかも売ってあって、メニューとしてはすごく充実している。ソフトクリームとかも美味しかったし。

今度来るときは、抹茶と大福のセットでまったりしようっと。多分、一人で(泣)