あつなりのゆめにっき

※カナダはトロントで1年間ワーホリで過ごした後、オーストラリアのシドニーにてワーキングホリデー中でございます。参考にして頂けると幸いです。 ゆめにっきのラストをリメイクするとかそんな内容ではないのでご安心ください。どちらかというと、ふざけてます。

国際配達便

国際配達便の電話の音で目が覚めた。昨夜、バイト先のお別れパーティーだの何だので飲んで、飲んで、飲んだくれて、回って、回って、回って、円ひ◯しみたくなってしまった結果、泥酔し、熟睡していたのに。昨夜は本当によく飲んだ。トロントに来て、初めて、飲んだものをリバースしてしまった。とは言っても、JINROのストレートとか給食室にあるアルコールそのもののような味のするものがそのまま吐き出されただけなので、何ももったいないとは思わなかった。というか、そんな給食室のアルコールのような味のするものを持ってきたのはどこのどいつかと言ってやりたいくらいだった。

でも、あれですね。今更ながらですけど、こっちのお寿司も中々イケルものですね。

f:id:A28_K:20180405125308j:plain

賛否両論があるかと思いますが、僕は好きです。ただ、握りの方はあまり好きじゃないかな。握っている人間が寿司職人ではないだけに、あまり美味しさを感じない。が、巻き寿司は絶品。アボカドをのせてみたり、炙ったサーモンをのせてみたり色々な創作寿司があって、それがすごく美味しい。もちろん、サーモンとか、そういったベーシックな握り寿司も好きですが、創作寿司っていうヤツも同じくらい好き。だから、こっちの寿司は何回か食べに行ったことがあるが、個人的には大満足である。

 

全然、話が飛んでしまったが、今日、ようやく国際配達便の運ちゃんが集荷に来てくれた。最初、住所を間違えた時は、どつきまわしたろうかと思ったが、その後の優しそうな対応に免じて、勘弁してやった。というか、バリバリの二日酔いで風呂にも入っていなく、アルコール臭い体で出てきてしまって、少し申し訳ない気持ちになった。積んだ荷物はダンボール二つ分にもなった。こっちに来た時は、ダンボール1箱の配送で済んだのに倍の量を配送する羽目になってしまった。原因はもちろん、靴とovoである。これらのせいで、僕の配送料はとんでもない値段になってしまったのである。

f:id:A28_K:20180405125829j:plain

f:id:A28_K:20180405125848j:plain

f:id:A28_K:20180405125839j:plain

事の元凶どもである。その結果、送料が関税を含めて、日本円にして、3万5千円くらい(推測)というバカ高い金額になってしまったのである。こんなに払ったら、また、靴買えるわ。でも、日本で手に入らない事を考えたら、致し方がない出費なのかもしれない。あとは、何事もなく検閲を通ることを祈るばかりである。それ以外にも、土産とかそういう類のものを入れているから、来た時より荷物が多くなるのは当然と言えば、当然である。だから、断じて、ovoとか靴が悪いわけではない。

さて、今回、僕は航空便でこれらを送ることにしたが、どう考えても、船便の方が安いのではと思われる方がいらっしゃるかもしれない。僕の場合、両者を比較して、あまり変わらないという結論に至ったので、航空便にした。その理由は、一つは集荷料である。航空便(ヤマト)であれば、集荷料が無料なのである。一方、船便の場合は集荷料で30ドルくらい別途かかってしまうのである。二つ目は、船便の場合は本人が日本に帰る必要があることである。でないと、保管料として、ひと月あたり8ドルくらいお金が取られてしまうのである。ちなみに、僕が日本に帰るのは、早くとも今年の12月の予定。それまで、預かってもらうとなると、地味に痛い出費になりそうである。どういう荷物があるかとか個人個人によって、違うので、その辺りを吟味して、配送手段は選んだ方が良さげである。

 

f:id:A28_K:20180405130624j:plain

f:id:A28_K:20180405130620j:plain

ovoのウォームアップスーツを買いました。何気にズボンの裾のところにジッパーがあるのは便利。そんなこんなでovoやら靴やらを買ってしまったので、僕の銀行の預金残高は急激な勢いで減ってしまった。

ちなみに、明日は、携帯の契約を解約しに行こうかと思います。なんか、荷物を送り出したら、心身ともにだいぶすっきりした感じがする。