あつなりのゆめにっき

※カナダはトロントで1年間ワーホリで過ごした後、オーストラリアのシドニーにてワーキングホリデー中でございます。参考にして頂けると幸いです。 ゆめにっきのラストをリメイクするとかそんな内容ではないのでご安心ください。どちらかというと、ふざけてます。

出国から二日前の話

最終出勤から翌日。

余韻に浸る暇もなく、出国の準備を進める。

と言いつつも、ちゃっかり散髪をしに行った。

今は、髪を伸ばしているところなので、とりあえず、すいてもらうだけにした。

 

そして、昼飯。

f:id:A28_K:20180413130533j:plain

近くのCHINESE DUMPLING HOUSEといういかにも餃子を売りにしているお店の

f:id:A28_K:20180413130705j:plain

餃子を食べた。

これは、焼き餃子だが、水餃子も食べたのだが、フォトショをし忘れました。

餃子の名前が店名にあるだけに、餃子はやはり美味い。

もちろん手作りである。

餃子に関しては、Kensintonマーケットに中にある餃子楼っていうところが有名かもしれないが、味としては、ここの餃子も負けず劣らずの味。

立地の良さからして、餃子を食べたいのであれば、ここをオススメしたい。

f:id:A28_K:20180413130810j:plain

ついでに、チャーハンも食べた。

もちろん、こんなにも食べきれないので、残りはタッパーをもらって、持って帰った。

場所は、Bathrust駅の近くです。

ご興味のある方は是非とも行ってみてください。

 

その後、タックスリターンをしに、近くの事務所に行った。

なぜ、唐突にやろうかと思ったかと言うと、行きつけの美容師さんにどこでもできるよ的な話を聞いたからである。

日本への送金とかも頼めば、できるんじゃない的なことを言われたので、善は急げである。

早速、事務所に行って、タックスリターンの手続きを行った。

と言っても、噂の通り、パソコンの専用ソフトのページに必要事項を記入するだけの簡単なものだった。

しかも、残念なことに日本の口座への直接送金はできないみたいだった。

それで、45ドルも取られたからシャレになるようなならないような…。

ただ、返ってくる額は結構バカにならず、カナダドルにして686ドルだった。

申請してよかったと思う。

 

その後、銀行へ。

目的は、タックスリターンの必要項目を埋めるためと、お金を引き落とすためである。

必要項目については、難なく埋めることができた。

ただ、担当者の英語が妙に鈍っているため、聞き取るのに苦労はしたが。

そして、お金の引き落としである。

なぜに解約をしないかというと、タックスリターンの振り込み先が今の銀行の口座になっているからである。

そうなると、日本に送金できないのではないかという話になる。

が、今のご時世、大きい銀行というものは海外にも支店を持っているものである。

もちろん、僕が利用している銀行も海外に支店があるらしく、その支店経由でお金を引き落とすことは可能らしい。

ちなみに、僕が利用している銀行はscotiabankである。

調べてみたら、確かに東京の銀座に支店があるのである。

だったら、タックスリターンの分を振り込まれた後に、引き落として、解約することも可能なのではないか。

というか、可能みたいなことを担当者も言ってたし。

だから、今回は解約ではなく、全額引き落としということにしたのである。

そして、それも先日の小切手のゴタゴタにも関わらず、預金額全額引き落とせたので、安堵である。

 

その後、オーストラリアドルへの換金へ。

Kensintonマーケットにある換金所が手数料無料で換金してくれるということ、そこに行った。

名前は忘れたが、興味のある方はググったら、すぐに出てくるので、調べてみてはどうか。

どうやら、レートはカナダドルオーストラリアドルはほぼほぼ同額なのである。

実際に、カナダドル702ドルがオーストラリアドル700ドルに換金されたから、ほぼ同じと言えそう。

ただ、向こうの方が物価が高いから、こっちと同じ金銭感覚で生活できるとは到底思えない。

 

そして、買い物へ。

久しぶりにovoのDundas Westの店に行ってみた。

品揃えはYork dale店に比べたら、随分と悪い。

客層もそっちに行ってしまっているからだろうか。

そんな中で、欲しかったアイテムがあったので購入した。

f:id:A28_K:20180413132431j:plain

スウェットの半ズボンである。

夏場とかに便利でしょ、これ。

というか、実はスウェットの半パンはこれ以外にも2着すでに持っているのだが、2着だとバランスが悪く、どうしてももう一着欲しいと思っていたので、買えて本当によかった。

正に、僥倖である。

カイジではないが。

 

その後、ユニオンに行って、ラプラーズのセレクトショップをぶらぶらした。

f:id:A28_K:20180413132646j:plain

f:id:A28_K:20180413132655j:plain

f:id:A28_K:20180413132705j:plain

ラプターズ、無事にイーストの首位でプレーオフに進出できましたね。

トロントに一年間住んで、二回も試合を観に行った身としては、すごく嬉しい。

というか、もはやラプターズのファンである。

日本人って、NBAのチームと郷土とかそういう面で繋がっている人は少ないので、特定のチームがファンという人は少ないのだろうけど、この1年をきっかけに僕はラプラーズファンになってしまいました。

プレーオフの活躍にも大いに期待したい。

というか、初のファイナルも狙える位置にいるのでは⁉︎

と、思っていたのですが、最終戦にヒートに敗れたのは痛すぎる。

レブロンとかのプレーオフになると覚醒してくるプレイヤーにどれだけ対抗できるか。

目が離せないですね。

あと、60勝は到達して欲しかったな。

 

と、こんな感じで1日を過ごした。

なんやかんやでギリギリまで満喫している気がする。

いいことである。

f:id:A28_K:20180413133152j:plain

美味い餃子は冷めても美味い。