あつなりの車窓から

※カナダはトロントで1年間ワーホリで過ごした後、オーストラリアのシドニーにてワーキングホリデー中でございます。ブログを書いている内に「車窓」っていう言葉がぴったりだと思ったので、タイトルにしてみました。この「車窓」は中々に面白い…のかなぁ。

ジムとかバスケとかラーメンとか

 

雑多に書いていこうかと思う。

 

まずは、ジムについて。

今日、トライアル中のplus fitnessっていうところで、筋トレをして汗を流したついでに、僕のトライアル期間について確認をしてみた。

すると、なんということでしょう。

なんと、トライアル期間ではなく、メンバー扱いになっていたのでした。

万歳の絵文字があたまに思い浮かぶ。

ただ、最初の2週間と入会金は無料ということだけで、事実上トライアルみたいな状態ではあった。

それで、いくつか気になる質問をぶつけてみる。

まず、他の店舗で利用できるのか。

答えはイエスだった。

これは、すごくありがたい。

今後、職場が移り変わるにつれ、近くのジムで筋トレができるのはトレーニーにとって、すごく大きい話。

やっぱり筋トレって面倒なんですよ。

だから、そういう心理障壁を少しでもやわらげるためにも、ジムは職場か自宅の近く。

これは、僕の中では鉄則である。

ちなみに、トロントにいた時は、自宅から徒歩圏内のジムにしてました。

あと、もう一つ気になる質問。

途中退会したら、別途料金が取られるんとちゃいまんの?

答えはノーだった。

これもすごくありがたい。

なぜなら、ファームステイをするにあたって、強制的にジムの利用ができなくなる恐れがあるからだ。

ファームステイ先の近くにplus fitnessがたまたまある保証なんてどこにもないですしね。

だから、途中退会オーケーはすごくありがたいのである。

ちなみに、契約の中断は可能かという質問もついでにしてみた。

答えはイエスだった。

結局、ファームステイをしている間は契約を中断すれば事が済みそうである。

オーストラリアはご存知の通りファームステイをすれば、2年間滞在できる国。

だったら、ファームステイをする人も案外多いんじゃないか。

他のジムもそういう人向けに諸々のサービスも用意してあげればいいのにと思う。

というわけで、今後オーストラリアにワーホリをする間は、plus fitnessにお世話になることになりました。

あと、今回たまたまplus fitnessがキャンペーン中だからこういうトレーニーにとってありがたいサービスになっているのであって、常にこんなサービスをしているというわけではないところは注意した方がいい。

僕もネットで調べて、キャンペーン目当てでsnap fitnessとかに行ったりしたが、2018年5月現在実施されていなかった。

だから、ジム選びは直接店舗に赴いて、話を聞くのが一番だと思う。

 

続いて、バスケの話。

今日で8日連続バスケをしている。

もはや、部活生である。

でも、トロントの知り合いに約40日くらい連続でバスケをしたみたいな武勇伝を持っている人がいたので、僕の8日連続は大したことがない。

とりあえずは、バイトが本格的に始まる来週までは毎日バスケをしようかと思う。

今日は、筋トレ後にバスケをしたので、どうにも3ポイントの調子がおかしかった。

バスケをした後に腕に筋肉痛が残っていたことから、恐らくは筋トレが原因だったのだろう。

筋トレ後はバスケを控える、もしくは3ポイントシュートの練習は控えるようにしよう。

 

最後にラーメンの話。

今のところ、シドニーで4軒くらいラーメンを食べ歩いたが、個人的に一番うまいと思ったのはここである。

f:id:A28_K:20180528192631j:plain

f:id:A28_K:20180528192708j:plain

 

f:id:A28_K:20180528192650j:plain

チャイナタウンにある「がむしゃら」っていうラーメン屋である。

最初食べた時は、とんこつの臭みというかコクに驚かされたが、これが、後々になってクセになるということに気づいた。

なんだか、ラーメン二郎と似ている感じ。

もちろん、三田本店のである。

それ以外のラーメン二郎ラーメン二郎として僕は認めていない。

話を戻して、麺であるが、この麺がよくスープと絡む絡む。

正直、僕の中では、スープが麺とどれくらい絡むかっていうのが、そのラーメンが美味しいかどうかの大きなポイントに思う。

その点で言えば、ここのラーメンは間違いなく美味い部類に入ると思う。

さっぱり味っていうのもあるらしいが、さっぱり味でも果たして、ここまでスープと麺が絡むかどうか味わってみたいところである。

絡まなかったら、こってりを食べればいいだけの話である。

要は、好みの問題。

トッピングも卵こそないものの、チャーシュー4枚と中々ボリューミーな上、替え玉にもチャーシューの残りカスのようなものが乗っているという配慮。

僕個人としては、何回でもリピートしても良いというラーメン屋である。

そして、トロントで働いていたところラーメンはなぜ独特の臭みがなかったのか疑問に思った。

もしかしたら、チャイニーズ向けにそういう味付けにしているのかもしれない。

でも、トロントの他のラーメン屋でもここまで臭みのあるラーメンを食べたことがなかった。

そう考えてみると、ここのラーメンが美味しいということの裏付けになるのではないだろうか。

いずれにしろ、シドニーでラーメンと言えば?と聞かれたら、ここをオススメしたい。