日報あつなり

※カナダはトロントで1年間ワーホリで過ごした後、オーストラリアのシドニーで半年、アデレードで半年ワーホリをした後に日本に帰ってきました。。ブログを書いている内に「車窓」っていう言葉がぴったりだと思ったので、タイトルにしてみました。この「車窓」は中々に面白い…のかなぁ。

時間が過ぎるのが遅く感じる

どうしてだろう。

楽しい時間は早く過ぎて、辛い時間は長く感じてしまうのは。

子供のときを思い返してもそうだが、夏休みを迎えるまではすごく長く感じるのに、夏休みはあっという間に感じていたように思う。

あと、テレビゲームに没頭している時間もあっという間だったな。

小さい頃は筋金入りのゲーマーだったので。

思えば、最初にゲームに手を出したのは4歳ごろだったように思う。

当時は、スーファミが出始めた頃で、かなり高価だったため、一般家庭である僕の家にはまだ、ファミコンしかなかった。

それに正にハマってしまった。

特に、くにおくんシリーズにはすごくお世話になった。

逆に王道であるRPGは全然興味がなかった。

そりゃ、4歳の時からRPGにガチでのめり込んでいたら、将来、相当頭のいい子なんじゃないかと期待してもいいくらいである。

だから、幼稚園に通ってた時は、半ドンで終わった日には帰って速攻、くにおくんのサッカーをやっていた。

そんなギークな幼稚園児でした。

ちなみに、RPGについては、話のコンテクストとかを全く理解できず、キャラをいかに強く成長させて、カスタマイズさせることに躍起になっていた。

だから、小さい頃にやったRPGについては、ゲームシステムや攻略法については、頭に残っているものの、RPGの醍醐味である重厚な小説なみのコンテクストについては頭の片隅にも残っていないのである。

大人になって、こういう話だったんだと関心させられたRPGがどれくらいあるか。

クロノ・トリガーなんか、よくできたRPGだと思う。

いつか時間があったらやりたい懐かしのRPGとしては、サガ・フロンティア2とクロノ・クロス、あとFF8なんかもやってみたい。

FF8はパソコン版で格安でできるみたいですね。

Youtubeで知りました。

 

めっちゃ話がすっ飛んだが、7月もようやく終わりを迎えることになって、「ようやく」という言葉を使っている時点で時間が過ぎるのがものすごく長く感じている。

ワーホリ始まってから、一番時間が長く感じている一ヶ月なのではないのだろうか。

トロントに居た時のブログを思い返しても、こういう内容のブログを書いた記憶がない。

だから、この1ヶ月よっぽど嫌なことばかり経験しているんだろうな、と我ながら思う。

…というのは、半分の理由であり、もう、半分はそれくらい成長しているからでないかと思ったりもする。

子供の時の時間の感覚に関する話に戻すと、子供の時って何かと時間が過ぎるのが遅く感じませんでしたか?

あれは、子供は学ぶことが多すぎるかららしいです。

新しいことを経験すると、人って時間が過ぎるのを遅く感じてしまう生き物らしいです。

って、元芸能人の◯田◯助氏もテレビで言ってましたし。

だから、時間が過ぎるのが遅く感じるということは、それだけ成長している裏返しかもしれない。

そういう風に思うのである。

そして、「嫌なこと」と「成長」っていうのはセットでついてくるものなのじゃないか。

と、思ったりもする。

人って、ストレスを感じている時に「成長」できているんじゃないかと思うのである。

僕の場合は、慣れないウェイトレスの仕事で英語に悪戦苦闘していることが正に真新しい経験であり、「成長」のトリガーであり、「ストレス」の根本原因にあたる。

こういう風に書くと、ブログで散々仕事環境がブラックだ、とか、シドニー氏ねとか、書いてきたが、そういう環境が僕を「成長」させてくれているんじゃないかと思えてくる。

 

ちなみに、最近の仕事についてですが、だいぶ慣れてはきていると思う。

あれだけ、嫌だった電話対応もだいぶとなれてきましたし。

ただ、それでも結構失敗したり、やらかしたりしている。

英語力が拙すぎるせいで、お客様を怒らせたり(特に、ご老人なんかは怒りやすい傾向にあると思う。どこの国でもそうか。)、昨日なんかは精算を間違えて、店側に損害を与えたくらいである。

忙しすぎるということもあるが、そのミスさせなければ、昨日は忙しかったにも関わらず、自分としては頑張ったなと自分で自分を褒めたい気分にもなるのだが、中々事はうまく運ばないものである。

損害の話と言えば、トロントでラーメン屋で働いていた時にも散々やらかしたから、あまり気にしていない。

というか、そんなこと気にしていたら仕事なんてできない。

失敗は店側が尻拭いしてくれるとして、できなかったらクビにしても構いません。

それくらい、斜に構えてというか、そんなスタンスでバイトをしている。

 

7月も終わりを迎えたが、お金は中々思うように貯まらないのが現状。

やはり、交通費が高すぎる。

でも、なんとか目標額まではお金を貯められそうである。

あと、1月ちょっとのシドニー生活であるが、頑張ってみようかと思う。

楽しむのではなく、頑張る。

なんだか、悲しくなってきたりもする。