あつなりの車窓から

※カナダはトロントで1年間ワーホリで過ごした後、オーストラリアのシドニーにてワーキングホリデー中でございます。ブログを書いている内に「車窓」っていう言葉がぴったりだと思ったので、タイトルにしてみました。この「車窓」は中々に面白い…のかなぁ。

大人の階段

 

二度寝した後、9時くらいに目が覚める。

何度このパターンを経験してきただろうか。

どうして、6時間程度の睡眠で満足できないのだろうか。

やはり、僕の体内は8時間睡眠を欲しているのだろうか。

よくわからない。

僕の目が黒いうちに解ける謎なのだろうか。

そこまで壮大な問題でもないと思う。

どちらにせよ、睡眠に困っていることには間違いない。

いつでもどこでも寝れるのび太くんが羨ましい。

そういえば、最近、ドラえもんのアニメを見ていないな。

大人の階段を登ったからだろうか。

大人になると、あの青いダルマみたいな物体は目に入らなくなるのだろうか。

そんなピーターパンみたいな話でもあるまいし、単に海外に行ってから、ドラえもんの広告とかそんなものを見ないからである。

むしろ、NARUTOとかワンピースとか人気があるみたい。

僕の中では、NARUTOは真ん中らへんにでっかい風穴を空けながらも(サソリと闘ってから、ナルトとサスケが最後に戦うあたりまで)、一応全部読んだことは読んだ。

サソリとの戦い以降も一応、岩盤浴で汗をじんわり垂れ流しながら、読んだことは読んだが、内容が頭にほとんど定着していない。

結構、重厚なストーリーということは記憶の片隅に残っているが、それ故に、脳みそに定着していないようである。

日本に帰ってから、また、岩盤に体を浸しながら読みたいと思う。

ワンピースに至っては、メリー号が人魚島に到達してから一切読んでいない。

終わりの見えないストーリーに飽きたからなのか。

とにかく、それ以降の内容は一切知らないし、読んだこともない。

今後も読むかどうかは、日本に帰った時の気分次第である。

 

あと、来週から寿司場の仕事をするって言いましたよね?

あれは、本当だ。

今日、終わり際にキッチンのsupervisorにあたる人から直々に来週の火曜日に教えてやる的なことを言われたからだ。

だから、来週からキッチンとホールスタッフという店側からしたらなんとも使い勝手の良い二刀流スタイルで頑張ることになりそうである。

ちなみに、キッチンで人を募集しており、何人かトライアルをさせたらしいが、採用に至っていないらしい。

話を聞くと、作業が遅いとかそういう理由で切り捨てているらしい。

そんなんだから、本当に僕に務まるか少し不安である。

と言っても、一応トライアルみたいな形で今週は何度か寿司場に立ったから、それを見越して、働かせようとしているわけだから、流石に作業が遅いとかそういう理由はないだろう。

実際にやらしてみて、酷かったらクビになるかもしれないが。

クビにならないように頑張りたい。

というか、クビにならないように頑張らないと、金銭的にかなり厳しい。

これも全て僕の両の手にかかっている。

お客さんにピアノでもやっていたの?と聞かれたくらい綺麗な手でどこまでやれるか謎であるが。