あつなりの車窓から

※カナダはトロントで1年間ワーホリで過ごした後、オーストラリアのシドニーにてワーキングホリデー中でございます。ブログを書いている内に「車窓」っていう言葉がぴったりだと思ったので、タイトルにしてみました。この「車窓」は中々に面白い…のかなぁ。

オーストラリアの小学生事情

オーストラリアの小学生事情がよくわからない。

というのも、今日、YMCAでバスケしようとしたら、9時から11時の間で小学生のスケートでブッキングされていたからだ。

おいおい、人がブッキングを避けようとしてジムに行ったのに、まさかのその裏をかかれるとは。

というか、小学生が朝の9時からスケートのレッスンに参加しているってどういうことだ⁉︎

学校はどうしたんだ⁉︎

行かなくていいのか⁉︎

むしろ、金曜日は毎週小学生は休校とかそんな制度になっているのか⁉︎

だったら、小学生としてはすごくハッピーな話である。

でも、僕だったら、ゲーム三昧でせっかくの3連休も無駄にしていただろう。

小学生の時は特に、ゲームが楽しくて仕方がなかった。

ほっといたら、一日中ゲームばかりやっていた子供だったので、それを心配してか、親が学習塾に通わせたのは正解だったと思う。

その反動か、大学生になってからはゲームから距離を置くようになり、今やスマホの課金ゲームからも卒業してしまった次第である。

ただ、最近になってまたやりたくなってきてしまっている。

原因は、Youtubeである。

他人が楽しそうに懐かしいゲームとかゲーム実況しているのを観ると、無性にやりたくなってしまう。

でも、今はそんな環境を整える金もなければ、そういうことに時間を費やすのがそもそももったいない。

日本に帰ってからの楽しみにしたい。

話が逸れてしまったが、オーストラリアの小学生の学校生活ってどうなっているんですかね?

と、朝の9時から意気揚々とスケートをしている小学生を見つつ、ふと考え込んでしまった29歳であった。