あつなりの車窓から

※カナダはトロントで1年間ワーホリで過ごした後、オーストラリアのシドニーにてワーキングホリデー中でございます。ブログを書いている内に「車窓」っていう言葉がぴったりだと思ったので、タイトルにしてみました。この「車窓」は中々に面白い…のかなぁ。

今後のバイト展望

1ヶ月前に面接を受けたところから最近になって返事がきた。

ちなみに、今働いているところの別店舗である。

だから、チェーン店なのである。

どう考えても、タイミングが悪い。

だって、今、働いているし。

というか、1ヶ月後に連絡するとか時効が切れているとかそんな話になる。

まぁ、しかし、今のバイトも晩だけしか入れてもらっていないので、昼間は空いていると言えば、空いているのである。

だから、昼間だけ入れますよ、と返事はしといた。

すると、さすがは同じチェーン店だからなのか、今働いているところのマネージャーの名前を出して、シフトの調整ができるか確認してくれと言われた。

何とも切羽詰まっているように思える。

僕としても、晩だけ働いて、昼間は暇っていうのもアレなので、昼間も働きたいのが本音のところ。

で、今日、マネージャーに確認をしてみたのである。

今後、昼間にシフトを入れる可能性があるのか、と。

結果、ある、と。

どうやら、昼間にシフトに入るには、電話応対とレジの会計を覚えないといけないらしい。

電話応対と言えば、僕にとっての最大の鬼門である。

シドニーのジャパレスで対応した時には、ボロックソに文句を言われたから。

とは言え、電波が悪い向こうの電話回線も悪かったのではないかと思う。

だって、電話番号を聞く度に声が飛んでいたら、正確に聞き取れる訳がない。

だから、電話番号を聞いた後に、番号の桁数が合わないから聞きなおすこともしばしば。

正直言って、自分で言うのアレだし、このブログでも何度も言ってきたが、英語での電話応対に関しては未知数っていうのが本当のところだと思う。

やってみないとわからないというのが正直なところである。

でも、電話応対を覚えないと、働く時間が増えないので、早く教えて欲しいところである。

(今、教わっている最中で、昨日、今日と忙しかったので教えてもらえなかった。)

あと、12月はスタッフで休暇を取る人が多いらしく、シフトを多く入れたいとのことである。

喜ばしいことである。

今まで、稼げなかった分稼いで、少なくともAir podsApple watchは買いたい。

 

余談ではあるが、誕生日が近いということで、靴を買いました。

これです。

f:id:A28_K:20181110223520j:plain

f:id:A28_K:20181110223528j:plain

f:id:A28_K:20181110223534j:plain

f:id:A28_K:20181110223535j:plain

 Jodan5 satinである。

日本未販売の品である。

半年前から、発売する情報は聞いており、デザインで一目惚れしました。

手持ちのオーストラリアドルがなかったので、日本のクレジットを使って買いました。

あとは、Jordan3さえ買えれば、20年は靴を買う必要はなくなりそうです。

というか、僕の中でのファッションとしての靴のアップデートは完了したということになる。

とにもかくにも、ずっと欲しかったものを買えて、心が満たせました。