日報あつなり

※カナダはトロントで1年間ワーホリで過ごした後、オーストラリアのシドニーにてワーキングホリデー中でございます。ブログを書いている内に「車窓」っていう言葉がぴったりだと思ったので、タイトルにしてみました。この「車窓」は中々に面白い…のかなぁ。

グルテンフリーとかカゼインとかカフェインとか

どこかのブログで書いたことがあったかと思う。

海外のプロテインを飲み始めてから、下痢気味になってしまったということ。

それは、オーストラリアに行っても関係がなかった。

あいも変わらず下痢気味である。

ずっとお腹ピーピー芸人状態である。

プロテインと言っても、僕が飲んでいるプロテインはゲイナー(体重を増やしたい人向け)向けのものなので、恐らくはタンパク質の中にカゼイン系のものが多く含まれているのではないか。

そのせいで、お腹がピーピーしているのだと思う。

下痢も嫌なんですけど、もっと嫌なのが疲労が溜まること。

ネット記事でカゼインとかグルテン疲労の原因になるというのを書かれているのを見て、電撃が走った。

海外に来てから、僕の腸は悲鳴をあげている一方なのではないか。

なぜなら、プロテインを飲み始めてからほぼほぼずっと下痢気味だからである。

筋肉をつけたいと思って飲んでいるプロテインが、まさか筋肉とは引き換えに疲労を蓄積していたとは思いもよらなんだ。

でも、だからと言って、当分、プロテインを飲むのを止める気はない。

予定では2月の中旬くらいから1ヶ月半程ダイエットをするので、それまではゲイナー向けのプロテインは飲み続けるつもりである。

下痢と闘いながらも。

あと、カフェインとかグルテンとかどうなんですかね。

僕はコーヒーが好きなんで、ほぼ毎朝コーヒーを飲んでいるのだが、あれも良くないらしいですね。

エナジードリンクしかり。

疲れが取れるのは一時だけで、その後の疲労感はドッと来るらしいです。

なるほど、すごく身に覚えがある話である。

確かに、エナジードリンクを飲んだその直後は覚醒したような状態になるが、しばらく経つと疲れがたまったような感じがして、それが翌日まで引きずり、そして次の日もエナジードリンクを飲むという悪循環に陥っているような感じがする。

この悪いカルマから逃れるにはカフェインを断つしかない。

となると、毎朝飲んでいるコーヒーも諦めざるを得なくなる。

ただ、今大量買いしたインスタントコーヒーがあるので、それがなくなるまでは毎朝コーヒーは飲み続けようかと思う。

インスタントがなくなったタイミングがダイエットを始める絶好のタイミングになってくるような気がする。

あと、グルテンに関しては、断つのは難しそう。

かのテニスのジョコビッチ選手はグルテン断ちをしてから体調がすこぶる良くなったそう。

かと言って、グルテンを完璧に断つのは凡人にとってはかなり困難な話である。

揚げ物ダメ。

麺類ダメ。

醤油ダメ。

要は、小麦粉が使われているようなヤツは大概ダメなのである。

主食類が軒並み食べれないとなると、常人がグルテンフリーを貫くとなると、かなりお金がかかってしまいそう。

完璧には難しいかもしれないが、なるべく避けてみることで体調にいい変化が起こるかもしれない。

試してみる価値はありそうである。

いつからか、意味不明な疲れに悩まされていたが、取らなくてもいいものを余分に取っていたりして、疲れが溜まっているような気がした。

サプリメントも含めて、自分の体内のケアに努めるのは元気に生活する上で大切なことに思えた。