日報あつなり

※カナダはトロントで1年間ワーホリで過ごした後、オーストラリアのシドニーで半年、アデレードで半年ワーホリをした後に日本に帰ってきました。。ブログを書いている内に「車窓」っていう言葉がぴったりだと思ったので、タイトルにしてみました。この「車窓」は中々に面白い…のかなぁ。

繁忙

なんか知らんが、めちゃくちゃ忙しくて、しんどかった。

恐らくやけど、昼間暑いのを避けて、晩に人が押しかけてきたような感じがした。

そのせいで、見事晩から入る僕のシフトがダイレクトに忙しくなってしまったというわけである。

なんたる悪運。

新年始まってばかりだから、そういうのには多感な時期なので尚更そう思ってしまう。

今年も辛酸を舐める一年になるのかなとかそんなことも思ったりした。

こんなに忙しいわけだから、いつもは10時で終わるのが、10時半にまでもつれ込んでしまった。

しかも、閉店間際になるとほとんどのものが売り切れてしまい、お客さんが来ても食べるものがほとんどないみたいな状態になっていた。

そんな時、アプリとか何かで品切れ状況とかをお客さんに知らせるシステムがあったら、便利だと思ったりする。

というか、間違いなく、タッチパネルは導入した方がいいかと思う。

タッチパネルで注文する形式にすれば、オーダーする際に一目で見て、何が売り切れているかとかわかるからだ。

それができなくとも、品切れの状況を大きいスクリーンで表記するようにできないのだろうか。

うちの店にも大きいスクリーンがあるのだが、そこには店の紹介というか宣伝ばかりで、そういう品切れ状況とかをお客さんに知らせるようには使われていない。

まぁ、チェーン店だから親元からこうしろという指示に従って、ああいう自社の広告を流しているんだろうけど、どこかもったいない気がしてならない。

と、本当に忙しくなると色々なアイデアが出てきて、アイデアが頭に浮かぶ度に日本の回転寿司屋は進んでいるなぁ、と感心してしまう。

日本では人手不足で嘆かれているけど、アイデア次第ではいくらでも改善できて、他国よりも圧倒的なホスピタリティーを維持したままで革新的な飲食店経営ができるんじゃないかと期待してしまう。

だって、回転寿司屋であれだけの革新的なシステムを導入できているわけだから。

ということをこのブログで言っても、現状は何も変わらないし、変える気もないので(僕が店に愛着を持っていれば、言っているが、そこまで愛着はないので言わない。)、ただ、いちバイト君として業務をこなすだけである。

それにしても、疲れた。

ビールが飲みたい。

 

あと、箱根駅伝、青学敗れてしまいましたね。

リアルタイムで見たかったのですが、リージョンコードやらなんやらで特設サイトの映像が見れませんでした。

東海大については、村澤選手が活躍していた時代から優勝は手に届くところにあるイメージだったのですが、ようやく悲願が達成できて良かった。

青学については、往路で遅れをとったのが、最後まで響いた感じですかね。

素人だから余計なことは言えませんが。

となると、来年の箱根が今から楽しみである。

青学が巻き返すのか、東海大が連覇を達成するのか、はたまた東洋大が優勝するのか。

もしくは、それ以外のダークホースが現れるのか。

そういうことを考え出すと、自ずと来年も見てしまいますね。

だから、世界に向けてストリーム放送をして欲しいです。