日報あつなり

※カナダはトロントで1年間ワーホリで過ごした後、オーストラリアのシドニーにてワーキングホリデー中でございます。ブログを書いている内に「車窓」っていう言葉がぴったりだと思ったので、タイトルにしてみました。この「車窓」は中々に面白い…のかなぁ。

お土産

お土産を買いに行った。

荷物の集荷日が約10日後に控えているので、もうそろそろどれくらいの容量になるか目安を立てるべく、早めに土産を買った。

賞味期限とかの関係上、もっとぎりぎりになってから買ったほうがいいんだけれど、どうせ、そんなにすぐに賞味期限が切れるはずがないと思い、買うに至った。

まず、買ったのはこれ。

f:id:A28_K:20190317215547j:plain

T2というオーストラリア発祥のブランドの紅茶である。

左の大きいのが家族用で右の小さい箱2つがバラマキ用である。

左の大きいのが40ドル、右の小さいのがそれぞれ15ドルでティーパック10袋入りである。

店でも試飲させてもらったのだが、味オンチの僕でもわかるくらいすごく美味しかった。

紅茶ってこんなにバラエティがあって、かつ、砂糖を入れなくてもこんなに風味が出て、味わいが深くなるのかと感心したものである。

茶の味がわかる男になるのもわるくない。

 

そして、あと、買ったのがこれ。

f:id:A28_K:20190317215928j:plain

HAIGH'Sのチョコレートである。

左の包装された箱が家族用、右の袋2つが僕がお世話になっている日本のバスケのサークル用である。

思えば、色々なサークルにお邪魔したけど、結局、通い続けようと思ったサークルがこの2つに絞られて、日本から旅たってしまうとは縁ってあるんだなぁと思う。

やっぱり個々人にとって、合う合わないサークルやコミュニティってあると思うんでよね。

だから、合わないと思ったら辞めて、自分に合うサークルに所属するのが吉に思う。

だって、社会人になって、時間が限られている中で不快な気持ちになりながら、集団生活を送るのって嫌でしょう。

話をもどして、このチョコレートも同じくメイドインオーストラリア。

じゃなかったら買うわけがない。

こちらも帰り際にチョコレートを試食させてもらったけど、これまた上品に仕上がった味だった。

買って、間違いはないかと思う。

でも、このチョコ日本で食べた記憶があるんだよなぁ。

確か、誰かの土産で食べたような。

調べたら、オーストラリアでしか展開していないらしいので、恐らくオーストラリアでしか売られていないのでしょう。

日本の百貨店とか売られていたらショックでござる。

ちなみに、左の包装された箱が約30ドル、右の袋が一袋あたり22ドルである。

 

ということで、合計140ドルくらいをお土産に費やしたことになった。

しかしながら、その割には、あまり荷物を圧迫しないサイズだったので、自分としては大満足である。

何なら、金銭に余裕があれば、紅茶の方は機内持ち込みでもう少し買っていきたいくらいである。

それくらい紅茶が美味かった。

あと、これらの代金はカナダのscotiabankのクレジットカードで払いました。

靴二足と今日のお土産代で、恐らく残金は10ドルくらいしか残っていないでしょう。

それにしても、出て行く間際にタックスリターンをして本当に良かった。

じゃなかったら、靴2足もお土産もこうして買うことができなかったわけですから。

我ながら、あのギリギリのタックスリターンはファインプレーだった。

と、言いながら、オーストラリアではタックスリターンをするつもりはないです。

というのも、一度オーナーにはそういう書類をもらえないか相談したが、「会計事務所に聞いてみて。」という後ろ向きな回答だったので、する気が失せてしまった。

で、今調べてみたら、年度途中のタックスリターンは色々面倒くさそうなので、するのはやっぱり辞めようかと思う。

ちなみに、オーストラリアの年度締めは6月の末なので7月の上旬くらいに申請書類がもらえるみたいですね。

だから、オーストラリアにワーホリに来て、タックスリターンをもらいたいのであれば、8、9月くらいに来て、働き始めるのがベストっぽいですね。

ということで、タックスリターンは諦めます。

どうせ、年度途中で帰国する人は大概やっていないっしょ。