日報あつなり

※カナダはトロントで1年間ワーホリで過ごした後、オーストラリアのシドニーにてワーキングホリデー中でございます。ブログを書いている内に「車窓」っていう言葉がぴったりだと思ったので、タイトルにしてみました。この「車窓」は中々に面白い…のかなぁ。

タイトル変更と思うこと徒然

普段だったら、寝る前に書くんだけど、今日は昼間に更新したい気分だったので、昼間に更新する。

というか、気付かれました?

タイトル変えたんですよ。

題して、「日報あつなり」である。

何故にこのタイトルに変えたかというと、内容が日報ぽくなりつつあるということと、毎日更新をしているということが理由である。

タイトルが変わったからといって、内容が大幅に変わるということはないので悪しからず。

と言いつつも、当初、このブログを書き始めた頃に比べると、文脈も内容も随分と様変わりしたようにも思う。

今後ともこのブログを宜しくお願い致します。

 

そして、本題に戻す。

バイト行くのが、面倒臭いなぁって。

始めた当初の英語を使える環境、万歳という気持ちはどこに言ったのやら。

今となっては、英語のコミュニケーション面倒臭いになっているのである。

勘違いしないで欲しいのは英語自体が嫌いになったというわけではない。

単に仕事で英語を使うことに辟易としているということである。

相変わらず、たまにお客さんが何言っているのかわからないときがあるし、自分の英語のスピーキング能力が劇的に改善されたわけでもない。

しかも、自分自身の英語のミスで他人に迷惑をかけることにストレスを感じ始めたというか。

そんなヤツが帰国してからも英語環境で働くことを望んでいるから不思議である。

いや、英語環境で働くことはいいんや。

ただ、今のバイト先で働く気が失せつつある。

それだけの話である。

別にバイト先の人が悪い人とかそういうわけではなく、単に自分がその環境に馴染む気がないというのと、忙しさによるストレスからそういう風なやる気喪失に繋がっているように思う。

と言っても、あと、数回の辛抱なのだから、開き直ってバイトをしようかと思う。

カナダのバイト先を辞めるときとは180度違う心境である。

 

 

a28-k.hatenablog.com

 

まぁ、心の底で今のバイト先のことが好きじゃないという気持ちがあるのは否めない。

オーストラリアが根本的に嫌いということと、周りが全員英語ができるということに対する疎外感とかそういうのが拍車をかけている。

ともかく言いたいのは、あと数回なのだから、「頑張れ、自分。」。

ただ、それだけの話である。

f:id:A28_K:20190320131657j:plain

colesで半額の惣菜を買ってきた。

f:id:A28_K:20190320131721j:plain

見た感じ不味そうではないのだが、実際食べてみると、あまり美味しくない。

f:id:A28_K:20190320131736j:plain

ゆで卵をのっけて、たんぱく質を摂りまくるスタイル。

カナダとオーストラリアのスーパーの比較やけど、圧倒的、というかダブルスコア以上の差でカナダの方が惣菜が美味しい。

同じようなものでもここまでの差があるのかと思えるくらいである。

日本人が海外に住んだら、痩せるという話を聞いたことがあるが、カナダにいるときはその感覚がわからなかったが、今となってはわかる。

これでは食が進まないのも納得である。