日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

ボクシングデー

カナダではクリスマス明けの26日はボクシングデーと言って、こぞって安売りが行われる日らしい。このブログでも説明したブラックフライデーよりもこっちの方がカナダ人にとっては、熱気があって、熱いイベントらしい。

一応どんなものかと思い、Yorkdaleに言ってみたが、あまりの人の多さに呆然としてしまった。

f:id:A28_K:20171227124811j:plain

いつもはYorkdaleに行く際は、駅との連絡口を通じて行くのだが、あまりの混雑さ故に、係員に誘導された結果、上記のルートで侵入することとなった。ちなみに、この時夕方5時頃である。

おいおい仕事はどうなっとんねん?と思われる方がいるかもしれないが、今はカナダではホリデーシーズンらしく、みんな足並み揃えて、会社を休んでいるのである。しかし、うちのバイト先は飲食店なので、そんなことどこ吹く風かのごとく働いているわけだが。なんか、特別手当とかが欲しい気分になる。

実際に中に入ってみたら、僕の行きつけのOVOのセレクトショップは列が出来ており、順番待ちの状態で入れなかった。中を見たら、特別に新商品を売り出しているワケでもなかった。単に安売りをしているという理由だけで人は並んでいたのだろうか。OVOの服の価値って、値段じゃないと思うんだよな。安売りしているからって、買うもんでもないと思うんだよな。

その後、footlockerという靴屋でも、Instagramを通じて、安売りの広告がしてあったので、実際に行ってみたら、言葉違わず、安売りはされていた。が、店内があまりにも人でごった返していたので、試着等をする余裕もなく、とにかく落ち着きがなかった。僕は、もっと落ち着いた雰囲気で買い物がしたいんです。

そんなわけで、ボクシングデーの熱気はこちらの斜め上を見事に行く凄さがあった。日本でいう、正月の三が日セールと同じような勢いがあった。どこの国でも現金であることには間違いないんだろう。あと、恐らくは、あのブルジョワブランドで知られるカナダグースのジャケットも割引されていたんだろうから、本当に欲しい方はこのタイミングを狙って買うのもいいのかもしれない。

つくづく人混みって苦手だなぁって、改めて思った。もう、東京の満員電車なんて耐えられない。