日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

しくった

昼間にHoop Domeでバスケをしようと、疲れた体を奮い立たせて、行ったにも関わらず、なんと貸し切りで使えないという始末。なんたることか。昼飯に時間を惜しんで、勢い良くかっこんだTMGは何だったのか。だったら、家で栄養満点の野菜入りの炒め物でのんびり昼食を楽しんでたわ。かなり悔まれる。なんせ片道1時間程かかる道のりである。そうまでして、バスケをしに行くのもどうかと我ながら思ってしまう。

こっちに来て思うこと。想像以上にバスケができる環境でないこと。特に冬場は酷い。まず、外でバスケをするなんて論外である。かと言って、室内となると、やる場所が本当に限られる。

外人とバスケをするのは日本でバスケをするに比べて、かなり楽しいのだが、いかんせんバスケができない。薄々、冬場はあんまりバスケができないんじゃなかろうかと思っていたが、見事に的中した。

気軽に年がら年中、近所の年寄りがゲートボールを楽しむような感覚でバスケができる国というか場所に住みたい。今のところは、香港がいいかなって思ったりもしているが、オーストラリアにも期待を寄せている。果たして、どうなるか。

ちなみに、オーストラリアのワーホリのビザ申請は終わりました。なんとたった1時間である。カナダの時はもっと時間がかかった記憶があっただけに、随分とあっけなく終わってしまった印象である。「果報は寝て待て」というが、一つだけ気がかりなことがある。それは、今現在日本に在住しておらず、日本国外から申請していることである。何が問題なのかというと、申請の内容の中に、ワーホリビザを取るにあたり、宣誓書なるものにチェックをするページがあったのだが、その中に「日本に在住し、かつ日本からログインしているか?」という内容があった。これは、正直に答えていいものかすごく悩んだ。結局は、正直に答えて、カナダに住んでおり、カナダから申請しているという体で提出した。嘘をついたところで、ログイン履歴とか確認されたら、嘘をついたことがすぐにばれてしまうので、そこは正直に答えないといけないところに思う。嘘をつくと、さすがに心象が悪いように思えるので。

なんかしらのツッコミはあるにしろ、多分大丈夫でしょう。別に、保的にやましいこととか一切してないわけだし。