日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

初NBA観戦

今日、産まれて初めて、NBAの観戦をしに行った。もちろん、ひとりで。そして、カードはラプターズ対ティンバーウルブズ。その感想を写真と箇条書きで伝えようと思う。

 

・ジャマクロ(ジャマール・クロフォード)のムーブが観れて、幸せだった。やっぱり華がある。

・カール・アンソニー・タウンズのダンクはリングを壊す勢い。

・ヴァナンチュナスのダンクもリングを壊す勢いだった。

ラプターズセカンドユニットは間違いなく優秀。リーグ屈指。

・イバーカは守護神。

ラプターズは泥臭いところで頑張る選手が多い。だから、強い。

・OGのパンツは短すぎる。90年代を彷彿させるような短さである。

・ウルブスのウィギンスに対する期待値の高さ。前半、明らかボールを集めていたので。

・でも、エースはジミー・バトラー。

←カール・アンソニー・タウンズが抑えられていたというのもある。

・身長差が10センチくらいあっても、カール・アンソニー・タウンズを抑えるイバーカは間違いなく守護神。

NBAのコートが僕らがプレーしているコートと同じ広さなのでホッとする。

・3ポイントラインもそこまで広くなかったので、より一層ホッとする。

・バスケに対するモチベーションが高まった。

・セキュリティのオッサン(黒人)が陽気で面白かった。ああいう黒人は大好きである。

・ジャージのパンツのサイズが少し小さかった。後日、サイズを変更するよう交渉してみる。

f:id:A28_K:20180131134236j:plain

f:id:A28_K:20180131134243j:plain

f:id:A28_K:20180131134248j:plain

f:id:A28_K:20180131134253j:plain

f:id:A28_K:20180131134258j:plain

f:id:A28_K:20180131134306j:plain

f:id:A28_K:20180131134309j:plain

f:id:A28_K:20180131134314j:plain

f:id:A28_K:20180131134326j:plain

f:id:A28_K:20180131134328j:plain

発音が通じず、買うのに苦労した。

f:id:A28_K:20180131134334j:plain

f:id:A28_K:20180131134342j:plain

報道席が子供達のゲームを邪魔しているような…。

f:id:A28_K:20180131134350j:plain

f:id:A28_K:20180131134351j:plain

f:id:A28_K:20180131134359j:plain

ウィギンスとカール・アンソニー・タウンズ

f:id:A28_K:20180131134412j:plain

f:id:A28_K:20180131134416j:plain

f:id:A28_K:20180131134433j:plain

ジャマクロ

f:id:A28_K:20180131134427j:plain

f:id:A28_K:20180131134445j:plain

f:id:A28_K:20180131134505j:plain

f:id:A28_K:20180131134509j:plain

f:id:A28_K:20180131134526j:plain

怪獣というかマスコット

f:id:A28_K:20180131134532j:plain

勝った。僕が勝利の女神になったことは言うまでもない。

f:id:A28_K:20180131134537j:plain

陽気なオッサン

f:id:A28_K:20180131134543j:plain

戦利品。オールスター限定モデルとトロントモデル。絶対に日本では非売品。

 

結構、バスケの素人の人でも、NBAを観に行きたいという人が多いと思うが、僕がオススメするカードはこのティンバーウルブズと来月、観に行く予定のミルウォーキー・バックスである。ティンバーウルブズはタレント揃いで、バスケの面白さを堪能できるような選手が多いから。もう一つのバックスは、アンテトクンポというネクスレブロン(僕の中で)みたいな選手がいるので、見る価値があるかと。もちろん、超メジャーなレブロンがいるキャバリアーズやカリーやデュラントがいるウォリアーズを観れたら、それに越したことがないが、いかんせん人気チームのため、チケットがかなり高い。そういうことも踏まえて、ゲームを観るとなると、この2チームかなと個人的に思う。

NBAを観に行く際に参考にしてもらってはいかがでしょうか。