日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

海外で日本人同士が働くと

あるある的な話。

今日もあったんだけど、とかく自分の英語力過信し過ぎる人が多い。

助け舟を出そうとしても、とにかく自分で解決したがるというか。

最悪だと、お客さんがオーダーと違うと言っているのに、自分は確かに聞いたとか言って、自分が正しいとか言っている痛々しい人までいる。

自分でなんとかしようというのはわかるが、自分が聞いた英語を信じすぎるのは明らかに問題だと思う。

そこまで自分の英語力のなさを露呈させたくないという日本人の無駄に高いプライドのせいだなと思ったりもする。

特に日本人同士だとそれが謙虚に出る。

だから、同じホールスタッフの仕事をしていても喋らない人は必要最低限以上のことは極力喋らない人がいたりする。

でも、喋ろうが喋らなかろうが、英語力の無さって露呈されてしまうものなんですよね。

オーダーミスが多かったりって、なんとなく誰と働いている時が多いとかわかるものである。

だから、英語ができるできないっていうのは自ずとわかってくるものである。

どうせ英語力のなさがバレるのであれば、思い切って積極的にコミュニケーションを取ればいいのにと思ったりもする。

恐らく、それができる人とできない人で英語力の伸びは随分と変わってくるのだと思う。

結局は、プライドが高い人、特に日本人に対して高い人は英語力が伸び悩む傾向にあると思う。

それが嫌だったら、ジャパレスで働かず、僕みたく現地人が多く働くところで一緒に働くしかないと思う。

でも、そんなレストランが英語力がない人を雇ってくれるはずもなく、結局は、ジャパレスで働かざるを得ないように思う。

最終的に、英語力が伸びない悪循環から抜け出せないということになる。

 

そんなあるあるはさておき。

Adelaideでのステイ先が決まりました。

インスペクションもなしに決めて、大丈夫か、って⁉︎

そもそもインスペクションしてよりどりみどり選べるほど物件がないので、良さそうだと思ったら、早い者勝ちで決めるのが吉だと思い、決めた。

オウンルームで月々光熱費諸々込みで約145ドルくらい。

シドニーに比べると随分と割安である。

とにかく、この段階で決まって良かった。

職も選んでられる状況ではないので、雇ってくれるところがあれば、とにかく働いてみるということになりそうである。

シドニーに来た時に、そういうスタンスでいれば、ここまでお金を失うこともなかったのではないかと、今更自分の優柔不断さというか、思慮深さに後悔をしている。

正直、もうお金を失いたくない。

今後のためにも。

なるべく貯金したい。