日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

最終勤務前日

シドニーでの勤務も残り二日。

かと言って、名残惜しいとかそんな気持ちは一切なし。

むしろやっと解放されるっていう感じの方が強い。

よくこんな安い賃金で半ばがむしゃらに働いたものだと我ながら感心する。

店に対する忠誠心もほぼほぼ皆無。

あるのはただただ愚痴ばかり。

そんなシドニーでの労働生活もようやく終わりを迎えようとしていた。

ここまで本当に長く感じた。

一時は、週50時間くらい働かされて、発狂しそうにもなったが、それなりの金となって返ってきたのでよしとしたい。

でも、最終勤務前日になってようやく寿司を握っている韓国人の板さんに名前で呼ばれるようになったのはちょっとグッときた。

僕の働きっぷりを認めてくれたかどうかは定かではないが、名前で呼ぶということはそれなりに意味があってのことだと思う。

その人は他のスタッフを名前で呼んでいるところを聞いたことがないので、尚更に思える。

一応、それなりに仕事に対する評価は良かったんじゃないかな…。

よくわからんけど。

あと、同じバイトの子にジュースをおごってもらった。

f:id:A28_K:20180829215155j:plain

正直、職場では空気のように扱ってほしいと思っていただけにこれには驚いた。

ミラーの法則に反するではないか。

そう内心思いつつも有り難く頂戴した。

そういえば、こっちに来てからFANTAのオレンジ味しか見たことがない。

グレープとかその辺の味があるかどうか気になるところである。

されは、さておき。

さっきの話と反芻するかもしれないが、それなりにいい仕事をしてきたんじゃないかと改めて思う。

 

こんな風に書いているが、あと1日勤務は残っているのである。

とは言え、気張らずぼちぼちやっていこうかと思う。

そこまで、思い入れがないので。