日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

中指を突き立てる準備はできているか?

よそんちからこんばんは。

突撃隣の晩御飯みたいですね。

ということで、私は今、世界で住みたい街ランキング堂々の10位に見事にランクインしたAdelaideにいます。

文章で書いてしまえば、それだけなのですが、ここまで来るのに色々苦労をしてきたのでそれを語ろうかと思う。

 

まずは、立会いの話。

立会い自体は何ら問題はなかったのだが、ハウスクリーニング代で50ドルを請求されたことが妙に腹が立った。

だったら、清掃しないとボンドを返さないというあの発言は何だったのか⁉︎

結局、業者に頼むんであれば、意味ないやんと思ったのは言うまでもない。

さらに、昨日の晩の話。

夜の9時半くらいにオーナーが怒鳴る怒鳴る。

僕は、レストランを経営している2階に住んでいるのだが、1階からの怒鳴り声が2階まで響き渡るってどうなのよ。

どこにそんなエネルギーがあんだよ。

っていうか、元気有り余っているじゃねーか。

スラダンの桜木じゃあるまいし。

その元気を桜木と違って、プレーではなく怒鳴り声で発散させるとは。

呆れてものも言えない。

元々いう気はないのですが。

とにもかくにも、こんな大声で怒鳴り散らすってよっぽどのことかと思ったりもしたが、よくよく考えれば、この人しょっちゅう怒鳴ってんな。

大して珍しいことでもないか。

どちらにしろ、僕の平穏な時間がぶち壊されたのは言うまでもない。

それで、翌日諸々の鬱憤も含めて、撮らせて頂きました。

正直、この場に写真を載せるかどうか悩んだのですが、載せます。

f:id:A28_K:20180906181508j:plain

名前の部分だけピントをずらしているだけありがたく思ってもらいたい。

シドニーにこれから住もうという方。

このCanterbury駅の近くにあるこのレストランには要注意です。

住むにしても、働くにしてもだ‼︎

すごくスッキリした。

これで文句を言われようが、炎上しようが構わない。

本当に感じたことをそのまま書いた結果なのだから。

 

と、この私のシドニー嫌いの一端を担った忌々しきレストランとおさらばしたわけである。

そして、シドニー空港。

そこで、ちょっとしたアクシデントが。

というか、懸念していたことが現実になったと言うべきか。

荷物の超過料金を取られてしまったのである。

というか、元々荷物の機内預かりをサービスに含んでいなかったので、その分も含めて結構な値段がかかった。

その額210ドルである。

えっ⁉︎と思われるかもしれないが、まぁ、総重量が25キロにもなっていれば納得のいく金額である。

シドニーから日本に送る荷物の郵送料とほぼ同額っていう。

まぁ、引っ越し代として渋々払うことにした。

そして、機内に入り、空に飛び立って、着陸しようとした際にまたアクシデントが。

妙に吐き気をもよおしてしまったのである。

飛行機の着陸って、ジェットコースターみたく上下にグワングワンする時ってあるじゃないですか。

あれで、乗り物酔いしてしまった感じ。

とは言え、今までもこれくらいの揺れは経験してきたので、なぜ今回に限りここまで乗り物酔いがひどかったのか。

もしや、あの憎っくきオーナーの呪いか⁉︎

そんな非科学的なものではなく、恐らく原因は、今朝に飲んだ牛乳である。

あれが、腹の中でグルグル巡って、それが異様な吐き気に繋がったんじゃないかと思う。

乗る前から結構胃の調子がおかしかったですし。

こんな状態のもんだから、とにかく早く着陸してくれよということがずっと頭をよぎっていた。

目線は上方の方にある「EXIT」の案内板を一点に見つめてる状態。

ちょっとでも視線を下に向けようものならば、酸っぱい液体で客席がどえらいことになり、今度からジェットスターには出禁ということになりかねない。

それだけは避けないといけない。

その一心でただただ耐えた。

ガタンという着陸音を聞いた時は、安堵に包まれた。

ここまで辛いフライトが今まであっただろうか。

今度からは、フライトの日は乳製品をなるべく口に運ばないようにしよう。

 

そして、そんな疲労困憊の状態の中、面接をするべくアポを取っていた回転寿司屋へ。

空港から約30分。

近いね。

それで、面接が始まるかと思いきや、まさかのオーナー不在。

それで、いきなりトライアルをさせられてしまうことに。

正直、ここまでやばい状態であまり働きたくないんだよなぁ。

そんな気持ちとは裏腹に働かされる。

とは言え、1時間程度だからそこまでしんどくはなかった。

それで、トライアルが終わった後に給与の話をsupervisorらしき人から聞くことに。

1ヶ月のトレーニング期間の後、正規の給与が貰えるとのこと。

正規の給与がもらえるだけでも、有頂天家族なのだが(?)、トレーニング期間の給与もありがたい金額だった。

何ドルとは言わないが、少なくともシドニーで働いていた回転寿司屋よりは上だとは言っておこう。

何この待遇の違い⁉︎

今までが今までだったので、嬉しさで舞い上がってしまいそうである。

あと、従業員も英語を学びたい僕としては、結構良くて、従業員のほとんどが日本人ではないのである。

だから、必然的に従業員との会話も英語でのコミュニケーションが必須となるのである。

この環境は本当に有難い。

こういう環境を求めて、シドニーでは選びあぐねた挙句、日本人ばっかりのジャパレスで働いた次第だったから。

それで、働くかどうかの確認をした時は、もう即OKである。

働かない理由がない。

 

家と言い、バイト先と言い、トロントで聞いていたオーストラリア生活の理想的な環境を一気に手に入れた感じがする。

ここまでツイてていいのだろうか。

どっかで落とし穴があるのではないか。

疑心暗鬼にもなるわ。

とにかくバイトを軌道に乗せるまでは油断は禁物である。