日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

iphone修理とバッテリー交換

みなさん、一日外出したら、スマホのバッテリーってどれくらいになってます?

僕は、ここ最近1日外出すると、残量が20%くらいになってしまうんですよね。

iPhoneを買いたての頃って、1日外出しても残量は50%くらいあった気がする。

どう考えても、バッテリーの経年劣化が進んでいる。

無駄に難しい単語を使ってしまった笑

ということで、先日のブログにも書いたが、今度はAdelaideでバッテリー交換をすることにした。

幸いアップルストアがcity内にあるし、暇やし。

それで、行ったのが開店間際の朝の10時。

シドニーと違い、待たされることもなく本題へ。

バッテリー交換は問題なくしてもらえることに。

しかも、所要時間がわずか1時間半。

シドニーの時は、次の日に取りに来てくださいと言われたのに。

シドニーと違い大都会ではないおかげか、修理に来る人も少ないのだろう。

大都市ではない思わぬ利点である。

1時間半後、何の問題もなくバッテリーの交換が完了する。

お値段税込39ドルである。

日本円に換算したら、3200円くらいになるから、オーストラリアだからと言って、安くなるということはないみたい。

でも、バッテリー交換完了である。

これで、あと2年は持つる。

 

その後、時間が思った以上に余ったので、今度は充電プラグの修理に行った。

前の住んでいた家で、散々iPhoneを落としてしまったせいで、プラグの部分がイカれてしまったのだ。

まぁ、あんな環境だし、正常な精神を保つことができなかったと思ってください。

それで、正常な精神状態を保てた頃には時すでに遅し。

ケーブルを繋ごうにもすぐに外れてしまい、繋いだと思ったら接触が悪く上手く充電できない。

俗に言う「イライラタイム」である。

そんな「イライラタイム」が毎晩2ヶ月程続いたのだが、もう限界である。

日本に帰ってから修理とか、そんな悠長なことは言ってられない。

こうしている間にも、僕の精神状態はプラグの歪みのせいで崩壊しつつあるのだ。

それに歯止めをかけるべく、いざ修理へ。

店については、こっちに来る前から事前に調べていたのでその店に行った。

幸いアップルストアから近かったし、こう都合だった。

我ながらこのあたり要領がいいな、と思ってしまう。

もっと褒めてください。

スラダンの福田吉兆ばりに‼︎

店に入って、修理の依頼をすると、プランの説明をされる。

どうやら二つのプランを店側が用意しており、ひとつはプラグの歪みを修理するプラン、もう一つはプラグごと交換するプラン。

前者は65ドルで、後者は220ドルくらいだったと思う。

僕としては、できるだけ安上がりで済ましたいわけだった。

だから、前者のプランでトライしてみて、ダメだったら後者のプランでと言うことで話を進めた。

尚、修理時間は約1時間とここでも大都市ではないメリットが出たかどうかわからないが、とにかく早かった。

それで、1時間後戻ってみると、見事にケーブルを接続でき、電気をスムーズに注入できるようになったiPhoneがあった。

夜な夜なケーブルの接続と格闘せずに済むだけで、すごく嬉しい気分になった。

尚、何かトラブルがあったら、3ヶ月以内は無償で修理してもらえるとのこと。

だから、領収書は無くさないように取っておく必要がある。

そのあたりのサービスも気前がいいですね。

 

それにしても、これらの一連のやり取り。

驚くことなかれ、全て英語なんですよ。

当たり前であるが、よく聞き取れたなって思う。

と言いつつも、きちんと聞き取れたのは6割くらいで、あとは想像で補ったというのはある。

それだけ、ネイティブの自然な会話って難しいんですって。

カナダにいた時の知人の話なのだが、リスニングにおいて最初に理解できてくるのは、学校の先生の会話。

そして、次が英語の歌。

最後にドラマの会話、とのことである。

要は、フルハウスとかアグリーベティとかあの辺の英語のドラマの会話って字幕無しに聞き取るのはすごく難しいということである。

ということは、である。

普段の会話も同様に難しいのでは?

現地の人たちがセンター試験TOEICみたく綺麗で何の訛りもなく、聞き取りやすい優しいヤクルトみたいな英語を喋ってくれると思っていたら、大間違いである。

実際は、色々な野菜を混ぜた野菜100%ジュースみたく混沌としたような感じである。

それは、言い過ぎか。

だから、聞き取れないからって恥じることはないのではないかと思う。

むしろ、聞き取れない前提でガンガンしゃべる方がちょうどいいのかもしれない。

英語を現地で学習する上では。

 

あと、今日はcity内を散歩して思ったのだが、店の立地が便利ですね。

一つのショッピングモールに必要な店がまとめられている感じが。

スーパーありぃの、スポーツ店ありぃの、家電量販店ありぃの。

まぁ、買い物しやすいですね。

シドニーだと、一つの建屋とか場所に店がまとまっていないせいで、買い物するのに歩き回らないといけないので苦労した。

cityの規模が大きくないというおかげもあるが、買い物する側の立場としてはすごく便利に思えた。

ちなみに、街並みなんですが、僕個人の意見としては日本の旭川みたいな感じだなと。

cityにいても、山々を見渡せる感じが。

自然と調和が取れているとも言えそう。

その街並みがこんな感じである。

 

f:id:A28_K:20180907194712j:plain

f:id:A28_K:20180907194827j:plain

f:id:A28_K:20180907194935j:plain

どうだろうか。

とにもかくにもシドニーよりは住みやすいですね。