日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

落ち着かない生活

どうにも落ち着かない。

家でもバイト先でも。

バイトは今日も意気揚々と行ったのだが、「忙しいから、食器の片付けに集中して。」って言われて出鼻をくじかれる。

そもそも人数が多いんですよね。

狭い店内に5人って。

正直、十分過ぎる人員。

そして、明らか僕は新人ゆえの余剰人員。

当然、手持ち無沙汰になる。

となると、何もしていない故の罪悪感を感じる。

周りはfucking busyとか言っているが、今までしてきたバイトの中では一番暇なのは間違いない。

今のところは。

金曜日とかはどうなるか気になるところである。

それでもそこまで忙しくないのであれば、随分とラクなことには違いない。

そんなわけで、大して忙しくない癖に無駄に疲れた。

足手惑いになるって本当に精神的に応える。

最初だけだと信じたい。

でなければ、いずれはクビを切られるんでしょうけど。

ちなみに、バイト先は少数ながら日本人がいるが、どうやらみなさんストイックらしく日本人同士でも英語でコミュニケーションをしているみたい。

僕としては、願ったり叶ったりみたいな状況なので、英語だけで喋っていこうかと思う。

でも、早くも僕の英語力に関して、supervisorと思われている子から信用をなくしていそうで怖い。

客が言っていることはわかるのだが、それを伝えるとなるとどうにもね。

シドニーでは日本人同士だったから、事務連絡も当然日本語だったし。

甘えと言えば、甘えであり、働きやすかったと言えば、働きやすかった。

でも、こういう環境で働けることに感謝して、頑張っていきたいですね。

毎日、同じこと言ってる気がする。

感謝が大事なんですよ、感謝が。

何事も捉えようですよ、捉えよう。

 

あと、ドライヤーを買った。

Kmartっていう、ネーミングがコリアンマーケットを彷彿させるが、実のところ全く関係のないデパートで購入した。

値段は15ドル。

f:id:A28_K:20180911191803j:plain

普通に良さげ。

半年使う分には全く問題ないように思われる。

炊飯器も売っていたので、値段を確認してみたら、14ドルのものがあった。

パンを主食にするか、ご飯を主食にするかっていう話なんですが、ご飯を主食にした方が安上がりだと思う。

恐らく、主食代で炊飯器も含めて、半年で100ドルくらいで生活できるんじゃないか。

大体、ご飯はレストランで働いている特権を活かして、まかないで済ませようと思っているので。

半年しかいないということを考慮すれば、多少の性能は度外視してもなんら問題はない。

先々を考えて、戦略的に生きていかんといかんですね。