日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

察しろ

残りの給料を前の職場に取りに行く。

計400ドル。

デカイ。

この400ドルは間違いなくデカイ。

これがあるのとないのとでは正に雲泥の差である。

というか、なかったら、本当に生活を切り詰めないといけないところだった。

にしても、だ。

何度も辞めた奴を職場に足を運ばせるなよな。

気マズイったらありゃしない。

っていうか、そのあたりもっと察しろという話である。

察して、開店前の従業員が少ない時間に渡すとかそういう配慮できんのかと思ったりもする。

こっちが何度も開店前に足を運んでんだから、それくらいわかれよと思う。

考えただけで、はらわたが煮えくり返りそうになる。

もう、会うこともないんだろうけど。

黒歴史として、僕の脳細胞、ニューロンからとっとと排除したい。

でも、黒歴史って認識してしまったら、記憶に残ってしまうことになる。

クソ。

また一つ敗北を知ってしまった。