日報あつなり

2017年3月に5年間、大阪の某製造所で事務系の仕事したのちに、カナダに1年、オーストラリアに1年ワーキング・ホリデーで海外生活してました。2019年8月よりフィリピン生活開始。※基本的には毎日更新します。

お掃除

今日は、初めてのクロージングでした。

要は、後片付け。

結果。

しんどい。

以上。

…。

というか、今まで働いてきた海外のレストランの中で一番しっかりしているということを改めて感じさせられた。

だからこその正規の給料とも言えそうではある。

ただ、言わせてもらうと、とにかくしんどい。

床にこびりついたシミを取るのにここまでの労力がいるなんて思わななんだ。

今までやってきたモップがけはなんだったのだろうか。

ソファーの掃除も濡れタオルでどれだけ強くこすったことか。

ここまで力んで掃除をしてしまうと、ほんのり汗が出てしまう。

というか、出た。

そして、トレーナーの説明があまり耳に入らなかった。

なぜなら、バックミュージックがアニソンに切り替わっていたからだ。

「そうさ100%勇気♪」なんて言われた日には、勇気と引き換えに聞く耳をもっていかれそうになったくらいである。

ただ、中国人とかが聞いても、なんのこっちゃかわからないんだろうな。

かなりディープなアニソンの曲もあったし。

なんというか知っている側の人間からしたら、懐かしめるのだが、知らん人も多かったんだろうな。

スラムダンクのOPの曲なんて知らないでしょ。

「君が好きだ〜と叫びたい〜♪」って聞いても、川原でやってればって思ってしまうでしょ、今時の若人は。

そう考えたら、自分も歳をとったもんだと思ってしまう。

もうすぐ、30の大台に乗ってしまうんだもんなぁ。

悲しいのか嬉しいことなのか。

でも、今まで通り、若いもんには負けないというか、若々しく生きたいなとは思ってしまうね。

バスケのプレースタイルもゴリゴリのオセオセのスピード感溢れると言った。

歳に似合った老獪なプレーはしないというか。

というか、エネルギッシュさプラス老獪さが欲しいですね。

そして、残念なことなのか、30代を日本で迎えないことは確定しそうである。

何をしているんだろう?その日は?

何かをしようという気は今のところあまりない。

まぁ、とりあえず靴は欲しいよね。←結局、それか。